スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5年後を考えてみた

じつは私、

素直だけが取り柄でして、


セミナーなどで「こうするといいですよ」といただいたアドバスは、

すぐにやってみたくなるほうです。


とくに、自分がこれだ と思ったことは、

すぐに試したくなるのです。


経営基礎講座で、5年間の経営計画を立てるとよいと聞いた私、

来年度の計画を立てる時期にもなったので、

部署全員に5年後の自分まで考えてもらいました。


ひとり・ひとりの想いと、

会社全体としての想いがどこかで重なっていないと、

働く場所としては、つらいものになりますよね。


ですので、全員の話を聞くことが大事と思っています。


専任スタッフ3名、兼任1名と私が部署のメンバーなので、

全員の話を聞く時間もあるのですが、、、


そうして、5年後までにいたるまでの道筋もひとりひとり考えてもらい、

すりあわせをしていきます。


みんなの想いが一致している部分は、どんどん伸ばしていくべきだし、


手が回っていない部分は、どうしたらよいか考えることもできますから。

思い切って止めるという手段もあります。


ちなみに、突拍子がないことを言うのが私

いろいろやってみたいなということがあり、


5年後は、「世界が市場」と打ち出してみました。


それを聞いていたライターの滝田は、

「私は弱気すぎるでしょうか?

 5年後は、札幌で3本の指に入るクリエーター集団と考えました。」

と言っていました。


メンバーの想いにはそれほど差はなく、

短期・中期目標もブレはありませんでした。


ちょっと安心です。


現段階では、条件をつけずに大きく考えていくことが大事。


そして、来週あたりから到達には何が必要か考えていき、

最終的には、来年度の売り上げと粗利目標、およびそのための行動計画を

作ってみます。


それともうひとつ。


短期で3ヶ月間の目標を立てます。


2008年の年末に立てた売り上げ目標は、90%まで達成中。


私は内心、90%達成でもよくやったと思っていたのですが  


最後の追い込みと来年の種まきを始めることが、目標達成につながると

滝田が発言してくれました。


あぁ、20代って素晴らしい。
弱気になってごめんなさい。


それで、滝田が発表してくれた


ひとり 5つの種まき計画

がいいなと思いまして、みんなで実行することに決めました。


ひとり5つで、部署で25の種まきをするのです。

つまり、

来年度の売り上げに結びつくような行動を、ひとり5つするということです。


ひとりがばらばらにすることを考えるより、

部署として25の行動を計画的に行うほうがよいと思い、

プロジェクトにしました。


滝田が、メンバー5人の方向性を考えて発表してくれます。

楽しみだなー


個々で競い合うよりも、

協力しあって行動するほうが、ひとりひとりの成長もはやい。



障がいを持っているイギリス人のお友達が、

私に教えてくれたことです。

カナダの教育プログラムで実験されたことなのだそうです。


ビジネスは戦いだとも言われますが、

戦うのにも仲間が必要です。


2010年は、徹底して協力しあう、仲間を思いあう体制作りを

していきたいと思います。


これは、べたべたと仲良くしているわけではなく、

相手を尊重しつつも、自分の考えを言え、

チームで違う考えがあったら、どのように折り合うか話し合いをするという

体制作りをしたいのです。


必要以上に厳しくなる必要もないのですが、

責任を負いたくなくて、問題をスルーするという環境では、

健康な職場は作れないなと思うのです。



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。