スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀行とのおつきあい ~ 事業計画・資金繰り計画作りが鍵

経営基礎講座の第4講は、

「銀行取引のイロハ・金融機関は企業のどこをみているか」

でした。

講師は、株式会社さっしん地域経済金融センター 調査役の古川 陽一様。

古川先生がものすごく強調されていたのは、

事業計画と資金繰り計画を作り、
銀行から求められなくても、
銀行に出向き提出すること。


「5年後のことなんてわからない」という方々も多いのですが、

作り続けることで精度があがり、ぶれない経営もできるようになってくるとのことです。

事業計画表は、建物で言えば設計図。
設計図なしに、建物を建てれば問題が続出するように、

事業計画なしで経営を進めても、問題が続出するそうです。

事業計画作り、資金繰り計画表作りは、
経営基礎講座のほかの先生もおっしゃっていました。

重要ポイントです

経営者のはしくれの私、この計画表作りというものの重要性を
今年は痛感しました。

今期は毎月、部署単位の売り上げを出してもらい、
計画通りに進んでいるのかどうか、
確認しています。

部署のメンバーも、この部署がいくら売り上げて、
自分たちが立てた計画で、
あとどのくらい売り上げをあげれば目標達成なのか
把握しています。
## 少なくとも一回は目を通しています。

そうすると、売り上げ目標とその差がどのくらいあるのかインプットされ、
あぁ、どう行動しなければならないのか、頭のほか身体もわかってくる
そんな感じがするのです。

売り上げと利益だけ把握しても、
このくらい意識がかわるのですから、
事業計画として練り上げていけば、自ずと行動は変わってくると思います。

経営基礎講座の資料も、毎回、社内回覧しています。

全員が経営者のマインドをもつ必要はないのですが、

少なくとも、うちの上司は何を考えているのかな?

とか

何をしているのかな?

とか

興味をもってもらいたくて、まわしています。

何を考えているのか分からない人が、
上にたって組織をひっぱっていると思うと、ちょっと怖いですから。



関連記事
Category: 会社経営

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。