スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショップセミナー用小冊子 裏事情

5連休前に、9月26日のショップセミナーで配布する

「オンラインショップ成功の10の鉄則」を書き上げる予定だったのですが、、、


本日、最終原稿を正文舎印刷に送りました。 


一定のリズムで淡々と書いていくマニュアルとは違い、

小冊子はお客様を目の前にして、話すように書いていく執筆スタイルです。

私の場合、こういう原稿は

テンションをあげて、元気でいるときでないと、書けないのです。

小冊子の神様は、朝か昼間に降りてくるそんな感じです。

が、、、

ありがたいことに、先週は外出がたくさん。

緊張の打ち合わせや、プレゼンのあとでは、気力が足りず、
お客様の原稿が優先で、
小冊子の神様はなかなか降りてこず、、、

夜に数ページ書いては、疲れ果てて寝てしまう状態が続いていました。

その上、先週は緊急事態もあって、
仕事の再分担。
久々にマニュアル関連の仕事も入っていたのでした。

それなのに、「WEBサクセス通信」というメルマガ執筆もしていて、
さらに自らの首を絞めたりなんかしている、、、

果たして、小冊子は書き終わるのか、、、

そんな不安も頭によぎりつつ、
日々の仕事を精一杯しているそんな感じでした。

案の定、

まだ書き終わっていないタイトルが2つほど
というところで、17日の夜を迎えてしまいました。

orz

「あわてて入稿するよりも、落ち着いていいものを書くように。

締め切りは23日の夜にするから。」

18日の朝に、岸からそう言われて少々落ち込んた私

自分たちの仕事で、なりゆきで進めている原稿であっても、
やっぱりくやしいっっ

しかし、

その日はある意味綱渡りの日。

・ HTMLヘルプの再校提出日(スタッフのお休みのため代行)
・ メルマガ発行日
・ 夕方には比較的大勢の前でプレゼン

とスケジュールが押していたので、

どうあがいても、小冊子の完成まで行き着かないのでした。

人から

「できないものはしょうがない。」と言われると、
何だか落ち込む私も、

「できなかったものは仕方がない」と自分で割り切ると、
感情は頭の隅に追いやることができます。

そうして、何とか無事にプレゼンが終わり、
会社に戻ってみたら、、、

テスト入稿したデータで、小冊子の見本がPDFファイルで
届いていました。

こんなのです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ショップセミナー 小冊子

A5縦書きで、地味路線の小冊子を考えていた私は、
いい意味で驚きました。

微妙なかわいさのイラストと、明るい配色のレイアウトで、
小冊子を作る気力が戻ってきた感じでした。

そうして、原稿が遅れたことよりも、出来上がりが楽しみになり、
残りの原稿を書いたのでした。

この原稿は、24日にレイアウト作業が行われ、
25日に印刷されます。

こういうとき、自社に印刷機も製本機もあるって
強いなーと思うのです。

ぎりぎりに作業をするみなさま、ごめんなさい

そういうわけで、26日のショップセミナーでは、
印刷したて、出来立てほやほやの小冊子が配布されます。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。