スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営基礎講座で意識改革

9月から、北海道中小企業家同友会札幌支部の

経営基礎講座に通っています。

どちらかと言うと、感覚で生きている私は、
数字の理詰めというものが大の苦手・才能がない、苦痛 、、、
できれば避けたい (ーー;)

そうは言っても、自分の会社の状況を数字で説明できないのも情けない話。

部署の売り上げ目標到達までに、あと○○○円、
粗利目標達成まで、あと○○○円。

こういう資料はいくらでも作るけれど、

決算書から会社の経済的な状況を把握し、
分析して将来に役立てるというところまでいかないんです。

財務について、全部を把握必要はないけれど、
基礎はわかっておきたい。
※ かといって、独学で勉強しても寝ている 、、、

数字がわかりませんという取締役は情けないし、

いざとなったら、私が銀行と渡り合うわよ !
という度胸と覚悟をつけるにはどうしたらいいのか、、、

などと思っていたら、同友会から1枚のFAXが届いたのです。

 ・社長の心得
 ・決算書の読み方・作り方の基礎
 ・経営計画書の作り方
 ・資金繰
 ・労務管理 etc

経営者にとっての基礎を学べる講座の案内でした。
こうも苦手で興味のないことばかりずらーっと並んだ項目を見て、
受講を決めたのでした。

さてさて、

昨日は、基礎講座の第二回目で、決算書について勉強しました。

税理士の先生から、
損益計算書と貸借対応表の読み方と、
そこから見える会社の経営状況についてお話を聞きました。

先生は、
粉飾決算は自分の首を絞めることと
月次決算書の重要性を強調されてました。

単なる試算表よりも、年次決算書に近い月次決算書を作ることで、
当月の自社り状況が正確にわかり、
そこから、どう対処していくのか話し合いができるとのことでした。

もうひとつ強調されていたのは、

指標だけだしても、それは意味がない。
必ず、その指標から対策を考え、行動しないと意味がない。

ということ。

これは、よくわかります。

予測はこうです。
というのは、あくまでも今からみた想像にすぎない。
現在の時間でどう動くかで、未来の現実は変わっていくから。

考え込むより、動くほうが大事


===== こぼれ話1 =====

昨日は、問題も出たのですよ (ーー;)

貸借対応表から、会社の安定性を予測するというもの。
流動比率(%)などを計算して、分析していくのです。

久しぶりに、数学的な頭の使い方をして疲れました。

でも、一生懸命考えて計算したのに、間違っていた

「なんで計算できないの。」と怒られた子どもの頃を思い出す、、、

あっそうそう、大人になってからも怒られました (^_^;)


===== こぼれ話2 =====

「経営基礎講座の資料は私にも見せてください」という
社員から申し出があったので、
昨日の資料は社内回覧しています。

参考資料が手元にない状態で
このブログ記事を書いてみたら、
いろいろ覚えていないことが発覚 (^_^;)

インターネットで検索しつつ、この記事を書きました。

インプットだけでは身につかない、
アウトプットも大事ということを、
思い知ったのでした。

昨日の講義は録音されているので、
同友会の事務局の方に、録音ファイルを送ってもらおうと決めました。


===== こぼれ話3 =====

そう言えば、WEBサクセスの監査役の丹羽は、

「1円がとっても気になるんです。
経理マンはそういう性なんです。」

と言ってました。

私にはそういう感覚は、あまりないです。

やっぱり、不得意なことは任せちゃおう~♪

「余白がないのが気になるんです。」

とか

「スケジュールの遅れがいやなんです。」

とか

私の気にすべきところはたくさんあるから。
関連記事
Theme: 企業経営 | Genre: ビジネス
Category: 会社経営

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。