FC2ブログ

言葉を選択する作業が楽しい

変な話なのですが、、、

私の日本語力・文章執筆力は、
英語を勉強することで伸びたような気がします。

とくに、文章読解で英語を日本語にする作業をしているうちに、
日本語をよく調べるようになったからだと思うのです。

今でも、英語翻訳の仕事は好きです。

と言っても、
私の場合は翻訳のプロとして仕事を請けているわけではありません。

下訳された原稿を、リライトして日本語として読みやすくするとか、
マニュアルとして使えるかどうかを校正するのが仕事です。

英語というより、日本語の仕事といったほうが正解かもしれません、、、

日本語に翻訳する場合、
英語の単語に、どの日本語をあてはめるのか、
その選択に個性がでます。

たとえば、

produce という単語で考えてみましょう。

生み出す、生産する、作る など、辞書ではいろいろな日本語が掲載されています。

それを、前後の文脈で、ひとつの言葉を選びだすのです。

生み出すとするか、生産するとするか、意味がずれていなければ
何が正解なのか明確な解がないので、
個性が発揮できるのですね。

ときには、辞書どおりの言葉をあてはめてもぴんとこず、
英語から離れてどういう情景なのか考えてみると、
ぴったりの言葉が見つかるときがあります。

英語では理解できるのに、
自分が日本語で書いてみると、陳腐な内容になってしまうと
非常にがっかりします。

英語を理解することと、理解した英語を忠実に日本語に直すことは
別の能力が必要だと思います。
そして、英語から離れることなく、日本語としても自然で美しい文章を書けるというのは
さらに難しい技術。

でも、言葉を探しながら、英語を日本語にしていく作業は
とても楽しいです。

日本語の執筆者が変わると、
文章から受ける雰囲気ががらっと変わることもあります。

私が書く文章は、構造も語彙もシンプルです。
逆に、難しい言葉を使ってと文章を書く方もいらっしゃいます。
そういう差を知ることも勉強になります。








関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する