スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検索エンジンには、titleタグが効く... と思う

夏休みがあけたと思ったら、

今週はいろいろなところに訪問予定。

ほとんど会社にいない白藤です。


さてさて、本日は検索エンジンのお話を少し。

このキーワードで、

トップページを検索エンジンの1位に表示させてほしい


こういうリクエストをいただいておりました。


絶対に一位になりますという保証はできないものの、

できる限りがんばりますっっ と引き受けたお仕事。


不幸なことに、トップページにはそのキーワードが何も含まれていなかった...

上位に表示させたいキーワードが、

肝心のトップページに含まれていないのですから、

検索されないのは当然なのです。


今回は、他のツールと連動させるので、

どうしてもトップページを検索エンジンの1位にさせたいとのこと。

「詳しくはWEBで」 というものですね。


さて、、、

どこにキーワードを埋めようかと考え、

titleタグ、metaタグのキーワードとディスクリプション、h1タグに

そのキーワードを入れました。

※ SEO対策の王道です。


そして、肝心の本文にもそのキーワードがなくは、

お客様が直帰してしまう。

※ 情報を探して、キーワードを入力するのですから、

  そのキーワードが本文ですぐに見つけなれなければ、

  探していた時間が無駄というものです。

ということで、

自然な日本語になるように、

1箇所にだけキーワードを入れて文章を修正してみました。


施策後、検索してみたのですが、

なかなか順位が上がらない、、、

これは、別の対策も必要かなと、対策を考えていましたら、、、




本日、Yahooでトップページが1位にきました

Googleも2位です。


これで、まずはひと安心。

お客様にも、まずは満足していただけました。 ほっ。


あとは、1位をキープできるように、

外部リンクも工夫することをお話しさせていただきました。


あまりにも競争が激しいキーワードの場合、

上記の施策だけでは1位の確保は難しいかもしれませんが、、、

ニッチなキーワードであれば、よい順位を確保できると思います。


私の思うところ、titleタグにキーワードを入れるのが、

優先して重み付けしてくれるような気がします。

ページごとに、テーマに沿ってtitleタグの中身を作る必要があります。


みなさま、ご自分のホームページを再度ご確認くださいね。






関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。