スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AISASの法則って聞いたことがありますか?

マーケティングの世界で言われていることです。

消費者がものを買うときの過程は、
AIDMAの法則と言われていました。

Attention(注意)→ Interest(興味)→ Desire(欲求)→ Memory(記憶)→ Action(行動)

これは、アメリカのローランド・ホールが提唱したことです。

インターネットの時代の消費行動が変わってきて、
AISASの法則と言われています。

Attention(注意)→ Interest(興味)→ Search(検索)→ Action(行動)→ Share(分かち合い)

という過程になると言われています。
このモデルは電通さんが提唱しているそうです。

AISASの時代になると、
何かものを買おうと思ったり、
企業のことを調べようと思ったら、

検索エンジンでまずは調べる。
次に、その結果を比較する。

ふたつの過程が入るのです。

つまり、企業にとっては検索エンジンで検索されること、
検索された結果のページが充実して、
他社と比較されても勝てること。

このふたつが重要になるのです。

それには、まず情報発信。

WEBサクセスのホームページも進化させなきゃ!
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。