スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何かを変えたいとき

自分が問題だと思っていて、
それを上司に話してみたけれど、取り上げてくれない。

何度かそういうことがあって、
すっかりやる気をなくしてしまった。

そういうケースをよく聞きます。

私は、部下の話に耳を傾けない上司に問題があると思います。

組織の中で、本質が見えているのは、
若い人だったり、組織の中で下にいる人だったりします。
上司はわかっているようで、見えていないことも多いのです。

だから、真摯に意見を聞き、
取り入れられるべきことは取り入れ、
できないことはできないと、
その理由も含めて伝えてあげることが必要です。

「わかった」などと、返事だけいいのでは、
組織はどんどん死んでいきます。

けれども

上司の素質のない上司の下にいたとして... (^_^;)

それで自分のやる気がなくなるのも、勿体ない話だと思いませんか?

自分はこう思うのに、取り上げてくれないからと
どんどん小さくなっていくのは、ちょっと違うかな。

どうせ、わかってくれないのなら、
好きなことをやっちゃえ~~ !!!!

ブログを始めたとき、
また、はがきを書き始めたときは、そんな感じでした。

誰かが賛成してくれたわけでもないのです。

経費がかかるわけでなく、
自分の自分の時間を使って、ブログを更新して、
それが結果として仕事につながるのだったら、
会社に何も迷惑をかけることにはなりません。

むしろ、いい風が吹くかも。

会社のシステム上、許可が必要な場合は無理かもしれませんが、
できることがあるなら、たとえ誰が賛成してくれなくても、
自分を信じて進んでみるのがいいと思います。

根気よく続けていれば、そして結果が出れば
必ず協力してくれる人が現れます。

そして何よりも、
自分で積み上げてきたことは、着実に自分のためになります。

その結果、もっとよい仕事につけるかもしれないし。

何かができなくて、それを誰かのせいばかりにしていては、
何も変わらない。

変えたければ、自分の何かをまず変える。
自分が変われば、相手は同じ行動をいつまでも続けているわけには
いきませんから。

誰も乗る気ではなかったブログも、
3年たったら、社内で営業ツールとして認知されました。

それは、続けていて、結果が誰の目にも見えるようになったから
だと思います。

まず、動かすのは自分の手足。
人はそれからついてくる。
そう思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。