スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語ワークブック

広島国際大学の森口先生から、

日本語ワークブック(問題編、解説編)を送っていただきました。

日本語ワークブック

この日本語ワークブックは、
広島国際大学の初年次教育の授業で使う教科書だそうです。

対象は、日本人向けです。

原稿執筆でお金をいただいている以上、
日本語は自由に使いこなせなければならない。

ライター陣の執筆力アップのために、
何かよいテキストはないかな~と探していたところ、
ミクシィで森口先生がこのテキストについて日記を書かれていたのです。

これは、、、よいタイミング!

正式に出版されたら、購入するというお約束で、
送っていただくことにしました。

===== はじめにから引用 =====

このワークブックは、日本語という言葉を意識し、
適切な表記や表現を覚え、論理的な文章で自分の考えを
伝えられるようになることを目的としています。

=========================

本の内容は、このようなもの。

第1章 日本語をもっと知ろう
第2章 日本語を使いこなそう
第3章 考える練習をしよう
第4章 わかりやすい文書を作ろう
第5章 自分の考えを伝えよう

ライター陣にとっては、必須の力です。

ぱらぱらとめくって、ここがいいなと思ったのは
第4章です。

第4章 わかりやすい文書を作ろう

==== 引用 ====

単語や文法の知識があり、論理的に考える頭脳を持った人たちでも、
時として、わかりにくい文章を書いてしまうことがあります。
この章では、見た目の形式も含めて、わかりやすい文書を作っていく
練習をします。

=============

ほかの人の文章を校正することが多くなりましたが、
まさに、上のようなこと感じることがあります。

語彙も豊富で、1文の表現は上手なのに、
論理がわかりづらい。

そのような場合は、どのように校正を入れればよいのか
ときとして悩むのですね。

校正側は、もっと論理的にならないと、
赤を入れる(文章を修正する)ことはできないですから。

さっそく、使わせていただきます。

森口先生、ありがとうございました。

====
それにしても、

私の携帯電話で撮影した写真は、
いつもぼけてますねぇ

修行しよう、、、



関連記事
Category: 営業日誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。