スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちの会社は特別って思っているうちはダメ

会社の業績が落ちてから、
私は仕事を得るためにはどうしたらよいか、
じたばたする日が続いていました。

成功事例をみても、業界的にあわないかも。 とか
うちの会社は違うからな とか
そんな風に思って、いろいろと迷っていたのも確かです。

うちの会社は特別。業界が特殊だから。


この狭い考え方がある限り、売り上げは上がらない。

本当に目が覚めた出来事がありました。

メルマガで有名な社長さんが札幌にセミナーにいらっしゃったときに、
「私の仕事は狭い業界相手なので、このような集客論は当てはまらない
かもしれない」
という発言をした私。

その社長さんは、
「特殊な仕事だったら、売れないとおかしいのではありませんか?
 あなたしかできない仕事なら、それだけで価値がある。
 特殊だから通用しないというのはおかしい。
 私の仕事も一般的なものではありません。
 ですが、このようなことをひとつひとつやって、
 収益を上げています。」

と答えてくださったのです。

これで、本気になりました。

特殊だから通用しないと言っているうちは、
行動していないのです。

それから、意識が変わりました。
集客に効果があると言われているもののうち、
「これだ!」と自分がしっくりくるものに、
かけてみようと思ったのです。

それが、私にとっては
ブログの記事を書くことであり、はがきを書くことだったのです。

今、ブログ営業のお話をすると、
やはり、「業界的にあわない」と言われることもあります。

業界的にあわないのではなくて、
個人的にあわないのが正解なのかなとも思います。

ようは、本気になって行動すれば、
何かが変わってきます。

その行動をめんどうだと思ってやらないと、
何も変わらない。
それだけのシンプルなことだったのですね。

言い訳しているうちは、まだまだひよっこだったのです。
私の一生は、学びの一生なのかもしれません。



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。