スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、東京でセミナーができるのですか?

昨年の11月に、
東京都中小企業振興公社様のセミナー中にいただいた質問です。

「なぜ、北海道のホームページ制作会社が
東京でセミナーをしているのですか?」


当然の質問です。

WEBサクセスは、
東京の弘和印刷株式会社の制作パートナーとして、

お客様のホームページ・カタログ・アプローチブックなど、
販促支援ツールの制作のお手伝いをさせていただいております。

●弘和印刷株式会社販促番長事業部
http://www.bancho.biz/index.html

では、なぜWEBサクセスが、制作パートナーとなれたのか。

もちろん、岸が定期的に体調を壊しながらも 、 (^_^;)
全国を飛び回り、地道に人脈を開拓して販路を広げていったからです。

もうひとつは、
私の考え方に、同意していただけたからだと思います。

それは、とある秋の日。

販促番長の打ち合わせのために、
岸と一緒に、弘和印刷 千代田営業所を訪ねたのでした。

そこで販促番長の社長からひとつの質問を受けました。

「白藤さんは、何をしたいのか。
 ホームページを作るのが好きなのか?」

正確には忘れましたが、そのようなことだったと思います。

そのとき、私が頭に浮かんだのは、、、

私はホームページを作りたいのではなくて、
ホームページ作りを通して、お客様のお役に立ちたい。

もし、ホームページというツールがなくなったとしても、
違う形で販促支援のシゴトは残るから、そこに携わっていたい。

ということ。

つまり、ホームページに関わる技術を追及することがしたいのでは
ないのだなと思いました。

それで、そのように伝えたところ、
「僕もそう思う。」
というお返事をいただきました。

そうして、集客のために東京でセミナーをしましょう。

というオファーもいただきました。

北海道の田舎生まれの私、

 東京というところはすごいところで、
 優秀な人がたくさんいて、
 最先端のものがたくさんある。

こういう刷り込みがどこかにあります。

ですので、プレシャーも相当なものです。

ですが、
不安を乗り越えて勇気を持って一歩を踏み出さないと、
ことは動きません。

チャンスをつかんで自分のものにしていくには、

自分が何がしたいか、きちんと理解していること。
そして、言語化できること。

新しいことをするのだから、プレッシャーはつきもの。
それでも、前に進むことが大事。

ということを学びました。

こうした一連のことがありまして、
東京でセミナーができるようになったのでした。

=================
自分のしたいことを明確にしておき、
言語化できること。

人間が生きていくにも大切だと思っています。

ですので、我が家でも必然的に
子どもにもそのように接しているらしい、、、

最近、彼女は自転車通学がしたく、
古い自転車を新しくしたいと思っており、

自転車をもう一台増やすためのプレゼンを
私にしております。

・自転車通学をするため、バスの定期代が夏の期間節約できる。

・ゆえに、我が家では交通費がうき、
 自転車をもう一台購入する費用ができる。

・自転車が二台あると、お母さんも自転車通勤ができ、
 便利。
 ※ 一台だと、お母さんが平日に自転車に乗れなくなる。

どこまで粘って交渉してくるのか、楽しみにしています。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。