FC2ブログ

研究事例 - お客様との接点作り

最近、気になって気になって仕方がない、バナー広告・ブログ記事がありました。

それは、、、

山田養蜂様のハニーラボという基礎化粧品のものです。

■ハニーラボ
http://www.3838.com/cosme/camp/hlsp/cp/

記憶があいまいなのですが、

 ・FC2ブログの記事を書き込んだあとの画面広告
 ・mixiの広告
 ・Yahooの広告

このあたりで、女優の国仲涼子さんのバナー広告を見かけることが多くなったのです。

さらに、女性が書かれているブログで、

ハニーラボのパックがよかったと取り上げられています。

最初は、新発売かな、、、

という程度にしか思っていなかったのです。

ですが、頻繁に見るようになると、どんな商品なのか気になります。

さらに、「山田養蜂」という検索キーワードでGoogleで検索したら、

「ハニーラボ」というリスティング広告が表示されました。

これは、力をいれて開発した商品に違いないっっ

どのような商品で、通販のお客様にリピーターになってもらう施策は何だろうか。

何でも実験したくなる私は、トライアルキットを購入してみました。

塗って眠るだけ肌がよろこぶ朝が来る

女心をくすぐるキャッチコピーに負けたと言ってもいいかもしれません。

心待ちにしていたキットが届きました。

500円クーポンが目立ちます

パッケージには、500円引きのクーポン券が入っていることを示す、大きなシールが貼られています。
これは、目立ちます。

トライアルキット

トライアルキットです。

make04.jpg

入っていた資材は次のとおり。

 ・挨拶状
 ・商品の使い方説明書
 ・500円クーポン
 ・申し込みはがき  ← うまいっ。
                商品が気に入ったら、すぐに発注できますね。

私が感動したのは、何よりも説明書がわかりやすいこと。

すばらしい説明書

私が常々疑問に思っていたことを、わかりやすく説明してありました。

それは、、、

使用量の目安。

100円玉くらいとか、10円玉くらいとかそのような表記がよくあります。
私は、大きなさくらんぼくらいという説明も読んだことがあります。

化粧品の使い方の説明は、わかりやすいようでわかりにくいと思うのです。

私など、本当にこのくらいでいいのだろうか迷ってしまうのです。

化粧水をつけているシーンで、
お財布から100円玉を取り出すことは考えられるか?

何をもって大きなさくらんぼって言うのだろう、、、

私がソフトウェアのマニュアルを書くライターだから気になるのでしょうか??

ハニーラボの場合は、説明書に写真が載っている!!
初めての化粧品の場合は、
化粧品を手に取りながら説明書も読んでみるとので、
よいアイディアだと思うのです。比較できますから。

ついでに、
現在読んでいる説明はどの商品なのか、
トライアルキットのどの部分に入っているものか、
図で示してくれているのもいいですね!

パッケージから取り出して、化粧水と乳液を間違ったなどと
いうことはないですか?

ないか、、、

資材コストもそれなりにかかっているので、
予算がない場合は、ここまで資材を作ることはできないかもしれません。

ですが、商品をお届けする心配り、
お客様をつなぎとめる工夫は、学ぶべきところがあると思います。




「マカロンって、パリのお菓子でさ、女性に人気があるらしいよ。」

と、専務がホワイトデーにマカロンを持ってきてくれました。

「うっっ、わたし、マカロンを知らない、、、」

女性じゃない? 

が、、、

マカロン

パッケージを開けてみてにっこり (*^_^*)

「あぁ、あなたがマカロンなのね。」

お菓子は食べたことがありましたが、名前を知らなかったのでした。

私も女性でよかった、、、

マカロンは、お家でありがたく、娘と一緒に食べました m(_ _)m



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する