スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印刷工場へ行こう !

印刷会社の現場を見学したことがありますか?

WEBサクセスが掲げるクロスメディア戦略のうち、
印刷部門を支えるのが「正文舎印刷」。

本日、社長の岸と一緒に、お客様を印刷工場にご案内しました。

みなさまにも、一部をご紹介しますね。
※ 私は印刷工程に関しては、素人同然です。
  印刷会社の関係者のみなさま、つたない説明に突っ込みをいれないでくださいませ m(_ _)m

制作現場

制作部門です。
ここで印刷用のデータを編集しています。

パソコンの普及で、データの作り手は印刷会社だけではなくなりました。
そして、プリンタの普及により、印刷物を作れるのは印刷会社だけではなくなりました。

これが、印刷の市場が縮小した大きな原因のひとつです。

ですが、
私は「印刷」は人間の生活にとって欠かせない技術だと思っています。
究極の情報伝達手段ですよね。

CTP01

CTP(Computer To Plate)から、アルミの印刷版を取り出しているところです。

印刷の工程の用語もわかりにくいですよね。

制作部門で作成した組版用のデータから、
直接印刷版を出力する工程のことをCTPといいます。

CTP02

CTP03

楽しそうに、印刷のことを語る社長。
なんだかんだ言って、印刷大好き人間です。

印刷機

出力された印刷版は、印刷機のある現場に送られます。
版をセットして、印刷開始。

印刷機

3月は印刷会社は書き入れ時です。
印刷機はフル回転しています。

製本の説明

最後の工程、製本です。
どのようにしたら、中綴じの冊子ができるのか説明中です。

正文舎印刷では、小中学校・高校生のみなさまの見学も受け入れています。
ご興味がある方は、ぜひ工場見学に来てくださいね



私は岸に、
「会社に来てみませんか?」と誘われて、正文舎印刷を訪問し、
「工場を見てみませんか?」と言われて、正文舎印刷社内を見学し、
そうこうしているうちに、WEBサクセスを一緒に作ったのでした。

現場に来ると、原点を思い出すのです。

関連記事
Category: 営業日誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。