スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が一番、得しているかも

私には、複数の顔があります。

 ・ Web & 紙メディア プロデューサー

 ・ ライター

 ・ 経営陣(平ですが取締役です)

プロデューサーという方々は、

お客様との折衝、お客様のお仕事の分析、Webや紙メディアの提案、
プロジェクト管理などをされており、

執筆はほかの方がされていると思います。

私の場合、
執筆も依頼を受けた場合は、ほとんど自分で文章を書いてきました。

組織としては、人を育てていかなければならないので、
最近は、スタッフに書いてもらって、
校正のみ担当することも多くなっていますが、、、
ちょっと、つまらなかったりするのも事実だったのです。

さてさて、

2月半ばの執筆の仕事は、
企業の変革の様子を記事にまとめること。

ライター陣を見回すと、みんなそれぞれスケジュールが詰まっている。

私に執筆のチャンスが、回ってきたのでした。

文章を書くのは、最大の喜び。

諸般の都合で、直接社長さんをインタビューすることができないので、
インタビューシートを作り、そこに取材対象の社長さんに書き込んでいただいています。
そのシートと、ホームページなどを参考にして、リライトしていくのが今回の仕事です。

仕事はまだまだ続くのですが、
業界の会合の資料として、何社様かの原稿を冊子にまとめるそうです。
今後の勉強のために、私も関係ある時間帯だけ会合に参加させていただきました。

そして、、、

テーブルの上に、自分の書いた記事が載っている小冊子を発見!

感激です

例の小冊子

↑ 自宅に持ち帰った小冊子。 少しぼかさないとと思って携帯で撮影したら、
  思いっきりぼけていたので、このまま掲載します。 (^^ゞ

企画の段階から関わり、
いろいろな会社の変革の経緯をまとめるこのお仕事では、
私が一番得をしているのではないかと思います。

なぜなら、

予算が限られた中で、
直接取材をしないで、どうしたら記事が書けるのか、
頭を使って考える機会がある。

どうしたら読んでいただける文章になるのか、
新聞などで人を紹介する記事を読みつつ考えをまとめ、
大量の文章を書くことで、学んだことを実践する機会があります。

さらに、社長さん自ら書いた変革の経緯を読ませていただき、
記事にするために、さらにその会社さんを調べます。

企業がどうあるべきか、経営者に必要なものは何か、
たくさんの事例に触れることになり、
「経営」の面でも、勉強になります。

さらに、社長さんたちの生の声を聞く機会もあります。

で、報酬をいただけるのですから、
やっぱり得していると思うのです。




先日書いたエゴグラムの続き。

FCが高い人は、天真爛漫で「ただのばか」だそうです。。。

そして、いつもHappy。

どうやら、あたっています。

単純で、すぐに幸せになれますから (^^ゞ

CPとAも高いので、

几帳面で、信念があり、冷静・現実的な、ただのばか? になります。

複雑だ、、、

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。