スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売れる文章 ビフォー・アフター

WEBサクセスのスタッフが、集まって勉強中です。

売れる文章考え中

何をしているかといいますと、

売れる文章の研究をしているのです。

昨年、8月末に開催した女性限定の「ブログセミナー」の集客のため、
蝦名が2回、案内文を書きました。

1回目の案内文では、反応0 

ブログセミナーなのに、ブログで人を集められないなんて、、、と

猛反省して書き直したら、

今回は、その日だけで5名様から申し込みがあり、

その後、定員にすぐ達しました。

では、1回目と2回目の文章では何が違ったのでしょう。

1回目の文章を読んで、何が足りないかを考察。

 ・なぜブログセミナーなのか、ブログのよさが伝わってこない
 ・「しゃいます」「ですよー♪♪」などという軽いノリが売れいれられなかった
 ・講師のプロフィールがない
 ・参加する人のメリットが書かれていないから、行動を起こせない

みんなの意見を集めると、こんな感じです。

次は、自分ならばどう書くのか、文章を作ってみたのです。

売れる文章に直してます

その後、蝦名が何を考えて2回目の文章を書いたのかを説明しました。

ポイント1 文章量を増やす

文章で読み手を説得するには、説明量が必要。
お客様は受講料を払うのですから、
どのようなセミナーなのか、ある程度わかるように書きます。

そして、ストーリーが大事 !

ブログセミナーならば、セミナーをする講師が成功までの
ストーリーを持っている必要があります。


ポイント2 読み手の声を聞く

お客様は受講料を支払うのですから、

お金を出す価値があるのか、心配になります。

ですから、

 ・ブログセミナーを受けたら、何が変わるのか

ブログって本当にいいの? という声に、丁寧に答えるという切り口で書きます。


ポイント3 売れている文章を研究する

売れているには理由があります。
ですから、集客に成功しているセミナーの案内文には、
売れる要素が含まれているのです。

じっくり読んで、自分の文章と何が違うのか考えます。


ポイント4 SWOT分析・差別化分析をする

マーケティングのフレームワークの1つ、SWOT分析をして
自分の強み・弱みを把握します。

そして、どこで差別化できるのか熟考します。

============

私の書いたものは、

女性企業家の武器、それはブログ。

女性は仲間を作りやすい。だから、ブログは営業ツール・人脈開拓ツールとして
使いこなせば武器になる。

というような冒頭の文に続けて、

成功体験を入れたいなと思いました。

======================

さまざまな理由で、男性の経営者よりは、
夜の会合などに参加しづらいのが女性。

けれども、経営者の間では、本当の仕事は夜の会合にあると言われています。

こんな不利な状況を覆し、十分に補えるのがブログ。

自宅で家事をしながらも、営業できるのがブログ。

経費0。労力の投資だけで、仕事を獲得できるのがブログ。

======================

ちょっと怪しいですかね。

制作部門のスタッフは、今年から2週間に1回、
テーマを決めてこのような勉強会をしています。

再来週は、決算書の読み方にしました。

数字を読めることも、仕事には重要な要素ですから




関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。