スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロスメディア戦略 ~ 初プレゼン!

とある団体様のプロモーションチームに選んでいただき、
先週からその戦略を練っておりました。

社内会議では、

「お客様のお客様は、誰なんだ

「そもそも、この商品に興味を持つ人って、いったい年収はどのくらいなんだ。
どんな職業についているのか。


頭の中が沸騰するほど、議論は白熱。

そして、プロモーションチーム内打ち合わせでは、

他社様のプレゼン資料と、人を惹きつける話し方に感動。

長い間、

テクニカルライターとして取扱説明書を書いていた私は、

プレゼン資料も、どちらかと言うと文章で説明しがちです。

資料をもっとビジュアル化すること

これは、昨年販促番長の社長から出された課題。

こんな本を買ってみて、効果的な資料とは何かも勉強しています。

マッキンゼー流図解の技術マッキンゼー流図解の技術
(2004/08/20)
ジーン ゼラズニー数江 良一

商品詳細を見る


私の場合、ビジュアル化するには、
自分の頭の中にあることを、1度文章に落とし込む必要があります。

そうして、自分の文章を読んでいるうちに、ぱっとイメージが湧いてきます。
イメージが湧くまでは、うなっている感じ。
この間、非常に体力を消耗いたします (^^ゞ

さてさて、本日は持ち時間が5分とはいえ、
企業の経営者クラスが集まる会合でのプレゼンです。

昨晩、プレゼン資料の夢をみたので、
午前中は、資料の最終チェックをしていました。

私がみなさまの前で話すときに心がけていることは、

聞いていただいてる方のことを、常に考えるということ。

ですので、資料ばかりみないで、聞いていただいている方を見て
話をするようにしています。

気合としては、

「私が話すことを、聞くのよっっ!」

こんなかんじです。

さてさて、会合では、
WEBサクセスの2009年からのテーマ

「クロスメディア戦略」を絡めた

プロモーション戦略についてお話させていただきました。

緊張していて、弾丸トークになってしまったこと、お許しください。
ゆっくり話すことが、次の課題です。




ところで、プレゼンの資料作りに四苦八苦しているとき、

WEBサクセスのメーリングリストに、

「プレゼンテーションのときの話し方とは?その極意を伝授!」 という情報が

蝦名から送られてきました。

mixiのWeb活用塾のコミュニティに、メンバーの方から書き込みをいただき、
自分で見たそうです。

そして、とても役に立つから、全員必読としてメールがきたのです。

子供たちに「自らの考えを伝わるように伝える力」を育むため」に作られた番組ですが、

大人も勉強する価値がありますよ。


■NHK「伝える極意」

http://www.nhk.or.jp/gokui/ja/frame.html

次のステップに向けて、番組をゆっくり見ようと思います。

関連記事
Theme: ビジネス | Genre: ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。