FC2ブログ

頭の中で電気がつながる瞬間

今年のWEBサクセスの大きなテーマは、

クロスメディア戦略

とくに、新しい考え方ではありませんが、
これを実際に手がけて、結果を出している会社も少ない。

ならば、WEBサクセスで結果をだす

これが、方針です。



今日は、このクロスメディア戦略を、WEBサクセスらしさを出しつつ、
そして、強みをいかしつつ、どう展開するか。

その第1回目のブレーンストーミングでした。

参加メンバーは、次の4人。

WEBサクセスの最高責任者 岸
Webプロデューサー 蝦名
紙メディア & マーケティング担当 成田
制作統括マネージャー 白藤

全員、制作現場にいるか、もしくはいたことのある人物で、
かつ、何かしらにこだわりのある人物なので、
当然、「濃い」時間を過ごしてました。

WEBサクセスには何が足りなくて、
今後どうなりたいかまで突き詰め、
課題レポートを週末までに提出することになりました。

私のこだわりは、

どうしたらお客様のパートナーとして、長くお付き合いができるか。

作って終わりではなく、効果があったと思っていただけるように
提案・施策ができること。

生意気ですが、

電通さんがクロスイッチで売り出している
クロスメディアをまねしても、
むちゃくちゃしょぼい電通さんになるだけ。

それでは、オリジナリティも何もない。

WEBサクセスだからいいよね。

心から思っていただけるようになりたいのです。

ただ、磨かなければならない販促的センス、
身につけなければならない知識・考え方は、
どんよくに学び、成果が出ていることは研究することは
必要ですが。

さて、そういう話し合いをしている最中、

私の頭の中でつながっていなかった回路がひとつ、
つながりました。

それは、、、

なぜ、
ロジカルシンキングとラテラルシンキングを
学ばないといけないかということ。


とくに、ラテラルシンキングの本は、
クイズのようなものが続き、
どうしてこれが、仕事とつながるのだろうと、
今ひとつわかっていなかったのですね。

それが、、、

岸がほかの3人に、

「このボールペンをヒット商品にするにはどうしたらいいですか?
 そのように相談されたら、それが可能かどうか、可能にするにはどうしたらいいか
 0から考えられる会社になる」

という話をしているときに、

ぴぴぴぴぴっ

回路がつながったのです。

========================

そうか! 問題を解決するためには、ふたつの方向から考えるんだ。

そして、頭を柔軟にするために、問題集は存在するんだ。

学校の問題集のように、答えあわせをして終わりってものではなく、

自分の頭の中で、柔軟に物事を考えるために必要なんだ。 訓練だ。

そうして、この柔軟さはクロスメディアを進める上で、
絶対に必要なことなんだ。

========================

私はこういう瞬間が好きです。

何かあいまいで、でも気になる。

それが、自分の中でクリアになり、だったらやってみよう

自然にそう思える瞬間が好きです。

ロジカルシンキングとラジカルシンキングを、
しばらく勉強のテーマにします。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する