スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えて、失敗して、また考えて、前に進む

「またお会いできると、思っていましたよ。」

2008年の7月。

ちょっと緊張気味の私を、
さわやかな笑顔で迎えてくださったのは、電化皮膜工業の廣門様です。

その1ヶ月半くらい前、
東京で行ったWeb戦略セミナーにご参加いただいたことが、
初めての出会いでした。

その後の懇親会で、私は金型にめっきをつける仕事があることを、
初めて知りました(無知 (^^ゞ)

「たい焼きを焼くとき、タネがたい焼きの型からはがれにくいと、
 きれいなたい焼きは焼けない。

半導体も金型からはがれづらいと、製品にならない。
金型からきれいにはがれるように、化工するのが仕事。」

というようなお話を聞き、日本の精密機械工業は、
その下請けの立場にある、さまざまな中小企業に支えられているんだなぁと
実感したのです。

そのときのお話は、深く印象に残っていて、
感動のあまり、朝礼で発表したように思います。

そうして、電化皮膜工業様のリニューアルを担当させていただけると聞いて、
うれしくもあり、またちょっぴりプレッシャーを感じながら、
東京へとむかったのでした。

第1回目のヒアリングのとき、会社の強み・従業員への想いなどを伺った帰りの飛行機で、

」と「技術」と「チームワーク」が
三角形で結ばれているようなビジュアルが頭の中に浮かんできました。

そうして、出来上がったホームページは、こちらです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■電化皮膜工業株式会社様
denkahimakukougyou

http://www.dhk.co.jp/

ホームページを担当させていただいて、とても感動したことは、
社長さんの「人を育てる」という方針です。

「会社の最も重要な資源は、従業員。」
というお考えのもと、会社が費用を負担して、資格をとることを推奨されています。

従業員の方々に期待をかけて、資格をとって技術を磨いていくことを
励まされているとのことでした。

印象に残ったのは、職人さんたちにインタビューさせていただいたときのこと。
みなさま、個性があって素敵でしたが、

共通しておっしゃっていたのは、

「自分で考える。」

「失敗しても、あきらめない。」

「挑戦する。」


この3つです。

失敗ができ、その失敗から学び取れる環境があることは、すばらしいと思うのです。

だからこそ、技術は磨かれますし、人は成長していきますよね。

会社を訪問したときに、一番先に目に飛び込んできたのは、

「チームdhk」の文字。

技術面では競争があるかもしれないけれど、
ひとつの会社の仲間として、大切にし合っている暖かさが伝わってきました。

何度か書いているのですが、
ホームページ作りを通して、知らない世界を知ることができ、
さまざまな分野のプロにお会いして、学ぶことができる。

私は、幸せだなぁとつくづく思います。




関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。