スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEO対策で大事なことは

SEO対策

と聞くと、

特殊な施策を施すというイメージがあるかもしれませんね。

ですが、SEO対策の基本は、

1. ホームページの内容をしっかりつめて、人間にとって魅力があるものを作ること

2. HTMLソースを書くとき、構造化して検索エンジンにも読みやすいページを作ること

だと私は思うのです。

このふたつをなくして、特別な施策なし と私は思います。


このうち、ご自分でもチェックしやすい、ホームページのないようについて
書いてみますね。

まず、ホームページは何のために作るのか、
目的をはっきりさせることが大事。

情報の分類です。

企業紹介サイトを作るならば、

 その会社の強み・魅力がわかり、

 製品情報、問い合わせ方法など、
 その会社にコンタクトしやすく することを考えましょう。

強みを絞り込んだときは、必ず第三者がわかる表現になっているかチェックしましょう。

「うちの会社は、お客様の目線に立って、提案することが強みです。」

社内の意思統一ならば、これで十分かもしれません。

なぜなら、社員は自分の会社がどのような業務をしていて、

扱っている製品は何かわかりますね。

ですが、第三者には、どのような事業領域の会社なのかは、
わかりません。

「うちの会社は、専門用語を極力使わないで、ホームページの作り方を説明できます。
お客様の目線に立って、効果のあるホームページを提案することが強みです。」

このようにすると、少なくとも何を業務としている会社で、
どんなことをしてくれるのか、なんとなくわかりますね。

検索エンジンも、

「お客様の目線に立って、提案することが強みです。」

と書かれており、何度かくり返し出現すると
このホームページは お客様の目線 とか、提案が重要キーワードだと解釈するでしょう。

これでは、ホームページを訪問してほしいお客様が
検索して見つけるのが難しくなりますね。

自分の会社を探すとき、お客様の目線とか、提案をキーワードに
することはないでしょう。

ですので、検索してほしいキーワードを、いかに文章に盛り込むかが大切なのです。

ホームページでの勝ちパターンは、

検索されて、比較の競争に勝って選ばれ、
お問い合わせをいただくこと


SEO対策で、外部リンクを増やすとか、キーワードをちりばめるとか、
細々とした施策があります。

このひとつひとつは、検索される部分にのみ有効。

検索エンジンの上位に表示されたとしても、

次の比較されることを忘れては片手落ち。

検索エンジン上では、3位だったとしても、
この会社は信頼できそうだ、よさそうだと思っていただければ
選んでいただける確率は高くなります。

同じ社名がたくさんあり、お客様が会社を探せない
どこでも売っている商品なので、検索エンジンの一位に表示される必要がある

など、内容の充実だけでは、集客できないこともあります。

競合他社との関係、商品の競争力など、
冷静に分析して、施策を選んでいきましょう。

そうそう、

SEO対策の細かい技術は、栄養ドリンク
構造とか内容を見直していくのは、体質改善

と言われています。



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。