FC2ブログ

文章を書く怖さ

今週は、原稿書き三昧。

今回の仕事は、精神的につらいなぁと感じ、
文章として仕上げるのが怖くなるときもありました。

難しいのは、自分がプロジェクトに関わっているのではなく、
担当者から原稿執筆部分だけ請け負っているから。

取材の方法とか、取材項目などは、
私が原案を作ったのですが、
実際の進行には関わっていないことも、ひとつの怖さの原因でしょう。

取材シートが戻ってきて、その内容をもとに原稿を書いたのです。
でも、何度か苦しくなりました。

私はこのシートを書いた方の意図を汲み取っているだろうか、、、

自分が取材して、直接その方のお話を聞いているときは、
感覚的に補えることがあるのですが、

一枚のシートに書かれている文字から、
どう読み取るか、しばし悩みました。

文章を書いていて怖いのは、
自分は理解して、文章を書いたつもりでも、
自分の想い、執筆計画が、
実際の文章に反映しきれていないことがあること。

また、読んでいるときにも、
自分の感覚が邪魔をして、思わぬ解釈をしてしまうことがあります。

・事実を伝えることとは何か、

・読み手に興味を持ってもらえる表現は何か、

・読んで面白くても事実と違っては困る、

・ただおもしろく書けばいいというのではない。


しばし取材シートを見て固まることもあり、、、
ですが、文字数と締め切りという現実もある。

文章量としては、
それほど大きな仕事ではなかったのですが、
入稿するには、最後は迷いを断ち切る
思い切りが必要な仕事でした。

幸い、今回はトライアル。
今回でわかった問題点をまとめて、
本番では、もう少しラクに進めたいと思います。

関連記事
Category: 営業日誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する