FC2ブログ

メルマガをなめていたら、、、

メルマガをなめてはいけない

メルマガは一日に何種類発行されているかというくらい、
数多くありますし、

メールというと、いわゆる迷惑メールも多いので、

なんとなく敬遠されている方もいらっしゃると思います。

ですが、、、

楽天市場様のデータによると、

店舗から届いたメールから買うお客様の割合は、

36.9%

数字は忘れましたが、検索エンジンで検索して商品を買うお客様より、
割合は高いそうです。

~~~~~~~~~

さて、メルマガは効果があるとはりきって書いていても、

読者からの解除通知がくると悲しいですね。

最後の最後で、解除の操作を思いとどまっていただく施策。
考えたことはありますか?

自分で好きで読んでいるメルマガ、
集客の研究のためにショップから購読しているメルマガ。
ショップの研究のために購読しているメルマガなどなど

職業柄、結構な数を購読している私。

ぜんぜん読めていないので、

お正月に好きなメルマガを残して、解除することにしました。

そのとき、気がついたことは、、、

解除画面はわかりやすく、

でも、自分たちの紹介も忘れてはいけない


ということ。

楽天市場では、メルマガ発行システムが用意されているようで、
どのお店も、解除画面は同じようなものでした。

でも、お店を確認して解除ボタンをクリックしてください。

という初期の画面をそのまま使っているお店と、
その画面を工夫しているお店がありました。

初期画面のままの場合、解除するのにあまり気がひけなかったのですが、、、

解除画面に、どのようなお店なのかということと、
推薦の商品が掲載されているお店がありました。

その画面のデザインも素敵だったので、
解除を思いとどまりました。

このお店からのメルマガなら、今度から読んでみようかなと思ったのです。

ただ、解除ボタンがわかりにくい位置にあるとだめですね。

もともとは、解除することが目的だったので、
お店の紹介とか、商品に埋もれて解除ボタンが見つからない
お店の場合は、かえってイライラしました。

最後の最後まで、お客様を説得。

でも、変な細工はしない。

あとは追わない。


こういう画面の工夫は必要かなと思いました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メルマガを大量に購読して、大量に解除作業をする方は

少ないかと思いますが、

大量のものを比較するという作業には、

いろいろと気づきがあるのでよいですよ。

とくにショップの方は、売れているお店は何が違うか、

ランキング1位のお店ばかり比較してみるなどしてみると、

面白いですよ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

うちは、ショップでないから関係ないと思う方も

たとえば、

自分の専門知識のTipsとあわせて実績をお知らせするメールを発行すると、

こんなこともできたのですね。というお問い合わせをいただくこともありますよ。

ブログでもできるのですが、
ブログは待ちのツール。

お客様からの行動が必要。

ですが、メールは攻めのツール。

お客様のパソコンに直接、情報をお届けできます。

あまり、迷惑にならないように回数を工夫したり、
お役立ち情報を書いていけば、
楽しみにしてくださる方も増えていくと思います。

情報発信をいかにするか。

企業の生き残り戦略のひとつだと思います。

~~~~~~~~~~~~

WEBサクセスでも、メルマガは発行しておりますが、、、

回数が少なすぎ。いきあたりばったりになりすぎ

今期からは、システム的に配信できるように、がんばります。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する