スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログブランディング

私がブログを始めたのは、2004年の2月頃。

ITバブルがはじけ、
所属しているメディアリュウムもその影響をもろに受けた直後です。

専任の営業担当がいないこの環境で、
今後どうやって私たちは自分たちの仕事を営業していこう、、、

営業とは何ぞや~から始って、
いろいろ模索しているときに知った営業方法は、

それは、ホームページとブログを営業マンにすること。

自分たちがどういうことを考え、
何を大事にしているのか。それを文章にしてみよう。

そうして、共感していただいた方と仕事をしてみたい。


文章を書くのが仕事の私たちだから、これならできるかも。

ブログで結果がでるのか、最初はほとんど自信がなかったけれど、
とくかく始めてみることにしました。

このとき解説したブログが、主に取扱説明書とライティングのことを
メインに書いていると、テクニカルライターの部屋です。

■テクニカルライターの部屋
http://plaza.rakuten.co.jp/technicalwriter

せっせと書き始めたブログがきっかけで、
たくさんの方々と知り合いになったり、

また、既存のお客様が読んでくださっていて、
お客様のフォローになっていました。

ブログは営業ツールとして効果がある。

私達の営業には、ブログが欠かせない。

確信しました。

ですが、、、

テクニカルライター全員を見せようと、
当番制にしたことのマイナス面が出てしまいました。

更新できていない。

誰かが書いているから、自分は1回パスでもいいだろう。

そんな甘えもあったかも。

Web活用塾でブログの効果を伝え、
ブログセミナーを企画する会社が、
こんなことでは説得力がない。

天然半歩土足ちゃん
の私は、先日の会議で突っ込みました

ベテランと呼ばれるライターほど、記事を更新していないのはなぜか。
一生懸命仕事をしていることはわかる。

でも、決めたことができないならば、
できるように、ルールを変えよう。

書いていないという罪悪感を持って入ること自体、ムダだから。

もう一度、初心に戻って、PRする大切さを思い出そう。

言っていることと、やっていることが一致しないことほど、
私は嫌いなことはありません。


そうみんなに、問いかけました。

その話し合いの結果、、、

やはりブログを続けていくということ。
負担に感じている人は、回数を変えたり、
どうしたら記事を書けるのか考えたりしました。

そして、新たな気持ちでブログをスタート。

その気持ちの表れが、この写真です。

テクニカルライターズ

担当の顔を見せることは、責任を持つことでもある。

このメンバーは、
WEBサクセスのプロデューサーでもあり、
ライターでもあります。

私達が、

集客できるホームページの法則

I&Dの法則


を提案し、実践しているライターです 

集客できるホームページを作ります

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。