スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のステップに進むために

「自分では、精一杯やった。」

終った直後はそのように思っていたセミナーですが、

「人前で話す」ということは、自分でも課題があると思います。

言いたいことを、理路整然と言葉で表現するって、
とくに、準備している内容ではなく、質疑応答のときが難しいと感じてます。

思うように表現できない自分がもどかしい (>_<)

人の評価はいろいろで、100%受け入れられることはないし、
人前で何かをするということは、必ず何らかのマイナス点が明らかになる。

ちょっと苦しい

アンケートを読んだ直後は、ちょっとへこんだりするけれど、

そもそも、何人がセミナーの内容を組み立てられるか、
やろうと思って、実行に移せるか、
結果の出たものに評価をするのは簡単だけれど、
その評価どおりに自分ができることと違う

など、

自分でプラスの言葉を考え、自分を励ましてみる。

アンケートは、その方が感じたことだから、
それはそれで正しい。

冷静に考えれば、そうだよね。と納得することもある。

札幌のWeb活用塾のお客様と、
東京のセミナーのお客様との違いもわかってきたし、

運営面で、何が必要かも見えてきた。

そういえば、私が取材させていただいた会社の職人さんが、

失敗は、うまくいくための足ががり。
失敗して、何が悪かったかを考え、違う条件を考えて
また挑戦する。
うまくいくまで、どうしてだろうと考え、あきらめない

ということを話してくださいました。

企業なので、予算面であわないときは、あきらめることもあるが、
技術ではあきらめないと。

しゃべる方法は、練習すれば克服できる。

がんばれ社長の武沢先生も、人前で話ができるようになるため、
かなり練習したとメルマガに書かれていました。

それも思い出しました。


普段から、プラスの言葉をたくさん集めておくこと。

これが、いろんなことにもめげず、
前に進んでいくコツだなと思いました。



昨日は、仕事をはやめに切り上げて、友だちと会いました。
彼女もたくさんの人前で話をしている。

お互いに時間がなくてあまり会えないけれど、
同じ方向をみて、想いを共有している同志。

彼女とご飯を食べながら、いろいろ話をしているとが暖かくなった。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。