FC2ブログ

印刷業界の次はWeb業界 ~消滅するメカニズム~

印刷通販サイト 「プリントビズ」を運営していらっしゃる、
北東工業株式会社 東條秀樹 社長さんのセミナーに参加してきました。

プリントビズ http://printbiz.jp/

北東工業株式会社 http://www.hokuto-k.co.jp/

「創り手の移動」 ~どのようなメカニズムで印刷業界は消滅するのか

というちょっと過激なテーマ。


印刷業界の仕事が、最近15年でどう変化してきたのか、

そして、今後印刷会社の生き残る 業態はどういうものか、

大変興味深いお話でした。

印刷業界で起こっている変化は...

「創り手」、つまり企画・コピー・デザインを担当する側。

この創り手が、パソコンなどの普及により、印刷会社ではなく、
企業・個人のいわゆる発注者に移動している。
また、家庭用のプリンタ、オフィス用のプリンタの普及で、
わざわざ印刷屋さんに仕事を発注しなくても、
印刷物が作れるようになってきたこと。

このような流れが進む中で、
生き残るための業態は5つだと、
東條社長さんはおっしゃっていました。

1. 上場大企業
  1件あたり数千万規模の案件を扱っている、上場している印刷会社

2. クリエイティブ系スタッフ、営業スタッフを含め数百人以上の従業員が
  いる中堅総合印刷会社のうち、危機感を感じて新しいことにチャレンジ
  している会社


3. 量販店型で経営している中小印刷会社
  北東工業様は、この量販店型で生き残りをかけているそうです。

4. スペシャルショップ。特殊な印刷ができる会社
  どこでもできるのではなく、ここでしかできないもの。
  お客さまは探してでも、きてくれる会社。

5. 企画提案ができる会社
  発注者にデータを作らせない。
  マーケティング会議に呼ばれ、その場でプレゼンができる会社。

需要と共有のバランスがとれていなかったのが、今までの印刷業界。
しかし、現在の危機的な状況を乗り切れば、印刷会社が減り、
需要と供給のバランスがとれ、チャンスがやってくる。

それまで、ご自分たちの強みを守りつつ、
耐えていく。

量販店型で、印刷会社、デザイナーなど印刷のプロがメインのお客さまで
経営してきた北東工業様。

印刷会社がなくなっていく、つまりお客さまがいなくなっていく状況があり、
プリントビズを立ち上げる決断をしたそうです。

現在は、背水の陣でプリントビズを運営しているそうです。




印刷業界のお話は、Web業界にもあてはまると、私は考えています。

プロとアマチュアの区切りがあいまいで、
勉強すれば、誰でもできてしまうホームページ。
さらに、、、
必要なハードといえば、性能のよいパソコンとWeb製作用のソフトウェア。
参入障壁は印刷業界よりも低い。

北海道に限ってでさえ、毎月1件は新しいホームページ会社ができていると
言われています。

幸い、現在は印刷物の経費節減のため、
ホームページが採用されたり、
実店舗は出せないけど、Webショップなら出せそうだという需要も多いから、
まだまだ伸びる業界と、思われているかもしれません。

ですが、一部では成長のスピードは鈍ってきており、
淘汰されていく時代がくると言われています。

私は常々、掃いて捨てるほどいるホームページ制作会社の中で、
どうやって生き残っていくか、考えています。

WEBサクセスの選択肢は、
東條社長さんが話してくださった5番。
企画・提案ができること。
それにプラスして、付加価値の高いデザインをする会社。

私自身はデザイナーではないので、
企画・提案力を磨いていくことに、今は極力時間を使っています。
そして、経営の話がわかり、
ホームページを使った問題の解決方法を
提案できるようになりたいのです。

欲張れば、ホームページだけではなく、
印刷物などほかのメディアも含め、
ベストな集客の提案ができるようになること。

そうしなければ、
付加価値の高いホームページ制作会社になれないし、
生き残れないと思っています。

お客さまの要望を的確にとらえ、

ホームページという形にしていく力は、

代替がきなかい。


## WEBサクセスの体力上、安く大量にホームページを販売する方向には動けません。

東條社長さんは、もし自分の会社が企画・提案型になるならば
どのようなことを考えるかという質問に、

自分がコンサルティングできるようになることと、

なにか、値段だけの勝負ではない世界に持ち込むことを考える
とおっしゃっていました。

## 社員さんを変えていくのは、難しいのでどうするかと言ってました。

元気でいる。
お宅にやらしたるわ!

そう言われるのも大事かもという言葉に、

少しほっとしたのでした。

なぜなら、「元気でいる」ということは、自分の努力だけで始められることだから。

増えている印刷通販サイトの中で、プリントビズはどう他社と
差別化するのかという質問を私はさせていただいたのですが、

そのお話は、また別の記事にしますね。

とても、エキサイティングで、私の仕事のヒントになること
満載のセミナーでした。


関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/10/17 (Fri) 14:12 | # | | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/07/09 (Thu) 00:32 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する