FC2ブログ

WEBデザイナーが生き残る道

本日、日本WEBデザイナーズ協会、札幌支部の会議でした。

支部長さんが考える、WEBデザイナーが生き残る道は3つ。

(1) お客様のビジネスを理解し、
  それをホームページに落とし込む、コンサルティングができる

(2) ものすごくデザイン能力が高く、腕で仕事ができる

(3) HTMLコーダーとして生き残る

ただし、HTMLコーダーさえ必要なくなる時代もくる。
なぜなら、ツールが発達してくるから。

ということでした。

私は支部長さんのお考えに、おおむね共感しております。

WEBサクセスは、(1)の方向で仕事をしています。

私自身はライターでありディレクションを担当しているので、
(1)ができなゃ、Web屋の商売はできません。

ですから、せっせと経営者の中に入り、
経営のポイントとは何か、
業界が違うと必要とされるこは違うのか

など、肌で覚えることを大切にしています。

・ デザインテクニック
・ HTML関連の技術
・ Web標準
・ カラーユニバーサルデザイン
・ メディアユニバーサルデザイン

などなど、Webに関わる考え方はたくさんあります。

ですが、私はホームページ作りで何よりも大切なのは、
その会社の方々が一緒に仕事をしてよかったと思っていただき、
ホームページを活用していただけることだと思うのです。

なぜなら、知識があることと、
知識を使うということは別なことだから。

勉強すべきことは勉強する、
ですが、それだけでは何かが欠ける。
だから、人に会うし、交流する。

そのような気持ちでいます。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する