FC2ブログ

2Way(ツーウェイ)営業

ブログとホームページを中心に、
潜在顧客開拓を進めてきた私ですが...

とくに、BtoBで取り引きをする企業には、

リアル営業とネット営業、

この二つを絡み合わせることが重要だと思います。

いくら、インターネットが発達してきて、
ホームページやメールが当たり前になってきたとはいえ、
人間はやはり、人間との係わり合いがどこかで必要なのですね。

私個人の場合は、

ブログで地道に情報発信をしていきつつ、
札幌を中心に、異業種交流会に参加しようと思っています。

制作現場にいるので、
どうしても現場優先で外に出られないこともあり、
質の高い情報をブログに書いていくというのが命題です。

そして、会社組織としては、

リアル営業部隊と
ネット営業部隊の二本立てがいいと思います。

営業が自分の仕事と思い、
文章を書くより話すのが得意な人が
ブログ営業をしても苦痛ですし、

逆に、文章を書くのが好きでも、
話をするのは苦手だと思っている人もいる。

ネットで情報発信しつつ、
リアル営業をかける。
そんなイメージです。

そう思っていたら、
週刊ダイアモンドの4/26日号に

検索エンジンでヒットした企業にアクセスし、
行動を起こす層はまだ五割ほど。

という記事が載っていました。
(39ページ。)

ということは、
いまは、リアル営業もネット営業も大切な時代といえます。

あなたの会社でも、
2way営業を取り入れてみませんか??

============================
私は、ものを考えるときは、
書き言葉で考えます。

新しいことを企画しているときは、
思い浮かんだことをA5サイズのメモ用紙に、
テーマごとに書いていきます。

ひととおり終わったら、
メモを並べなおすと、
だいたい企画の原案ができています。

そのあと、PowerPointとかWordで
文章をまとめて、何度か見直すと、
企画ができあがる。そんな感じです。

専務は反対に話し言葉中心。
話していくうちに、考えがまとまっていくようです。

私がちょっと困るのは、
制作物の原案などを、取材直後に聞かれること。

頭にもやもやが浮かんでいて、
「これ!」という形ができて、ペンを持たないと
形になりません。

ですので、もやもやのうちに、どのように作っていく?と
聞かれると、言葉になりにくいのです。

ですので、
どんどん話して形にしていく専務と仕事をするときは、

ときどき、
「ちょっとまって!」
と話を止めて、自分の考えをまとめている私です。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する