スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想いを共有できる喜び

会社が倒産しそう \(゜ロ\)(/ロ゜)/

2003年~2004年は、緊張連続。
どうしたらいいのか...
青い顔して、必死に考えていたと思います。

そんな中で、
ホームページとブログで営業できる

この考え方を聞いて、本当に忠実に続けてきた日々。

ふと、気づいたら、
そうやってじたばじたばたしているうちに、
運は開けてきたのかもと、感じることもあります。

2006年の秋のころ、
とある講習会用のテキストを作っていて、
印刷会社を探していた私。

「こういう仕様で印刷したいのですが、
お願いできますか?」

このメールを書いたこと。
それが次のステップにつながったのです。

それから、印刷の工程でメールのやりとりが始り、
無事入稿できたなと思っていた頃、

一緒にWebビジネスをしないかという提案を受けました。
それは先に書いたとおり。

いくらホームページ & ブログという
営業ツールを持っているとはいえ、
営業力が弱いことは事実。

どんなカタチになるのか、全然予想できなかったけれど、
面白そうだからやっちゃえ~~と進んできました。

こういう提案がなければ、
きっと、MovableTypeを使ったビジネスも、
展開不可能だったかもしれません。

こうして、Webビジネスの事業化計画が
2社で始まり、
WEBサクセスが立ち上がりました。

2007年は、WEBサクセスを軌道を乗せること。
これが私の最大のミッションになりました。

創業70年を超える印刷会社と
創業15年程度のITベンチャー企業では、
商習慣も違えば、生活のリズムも違う。

考えを共有するには、なかなか難しいこともありました。

WEBサクセスがなくなってもいい。
そんな覚悟のもとに、抗議をして
専務とけんかになったこともあり (^^ゞ

それでも、WEBサクセスが続いているのは、
続けたいという思いのほうがお互いに強かったから
そう思います。

それ以来、この人はどう表現したらわかるかな。
こういう視点ももてるようになりました。

ぶっちゃけモードで、ありのまま話して、
協力をお願いするほうがわかってくれる人、

理論的に、結果を出しながら丁寧に話したらいい人、

人には、理解しやすいパターンがあること学びました。

そうこうしているうちに、
一緒に同じレベルで真剣に方向性を考えられる
仲間ができたんだ。 

これは、本当に心強いことです。

ひとりであせり、右往左往していた過去の私。

いまは、その頃の私に言いたいです。

「大丈夫。
 あなたは、想いを共有できる仲間をみつけるからね。」





関連記事

コメント

リンクありがとうございます。

2008/02/11 (Mon) 09:40 | 栃木 #MMIYU.WA | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。