スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロとアマの違い?

ホームページ制作費用、みなさまはどのくらいだと思いますか?

もちろん、作る内容・作るページ数、掲載する写真など
さまざまな要素があり、一口にこのくらいの値段とは
いえませんが...

でも、ホームページを作るという工程には、
 1. 仕事の種をまき、お客様との接点を作る営業
 2. お客様の状況をヒアリングして、提案する企画屋
 3. お客様と共同で文章を組み立てるライター
 4. ホームページをデザインするデザイナー
 5. HTMLを使って、ホームページを組み立てるコーダー

と、いろいろな立場の人間が関わるわけです。

必ず5人必要というわけではなく、
営業と企画屋が一緒だったり、デザイナーがコーダーをかねる場合も
あります。

私の場合は、そのときのプロジェクトにもよりますが、
営業・企画・ライターの職種を兼ねています。

これだけの人間が関わっているのですから、
やはり、それ相応の対価は必要なわけです。

ですが、、、

プロとアマチュアの垣根があまりない分野ですから、
絵心があったり、ソフトウェアが使えたりすると、
1人でもホームページは作れます。
無料の素材もたくさん手に入りますから、
イラストを起こせなくても、きれいなホームページになりますね。

では、制作会社の存在意義はないか???

私は、経営戦略・マーケティングを理解し、
ホームページの特長を最大限に生かした
集客ツールをご提供できることだと思います。

ホームページの利点も、ホームページの欠点も
知り尽くしているのがプロ。
だから、お客様の手足ではなく、パートナーとして
提案をし続けたい。
そのように私は思います。

魂こめて、ホームページを作れなきゃプロじゃない。

魂こめているし、それでご飯を食べるから、
「えっ、5万でできないの?」
と言われると困るのですね。

そして、ここでは5万円でできるよ。
そのようなお話がある場合、
ちゃんと、利益があがる仕組みがあるのです。

よい・悪いという問題ではなく、
それは、既製品かオーダーメイドの違いと思っていただいてよく、
どちらを選ぶかは何に価値をおくかという、
会社さんなら会社さんのお考え次第。

そんな風に思います。

そして、私はオーダーメイドで作る職人さんであり続けたいのです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。