スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印刷業は権威、Web業は自由がキーワードと思う

北海道中小企業家同友会で、「経営指針セミナー」を開催しました。

講師は月刊誌「スロウ」や、
フリーマガジン「月刊しゅん」を
発行している、ソーゴー印刷会社の高原社長にお願いしました。

セミナーでは、「人類が経験した4回の情報革命」という話を聞きました。

それは、下記の4つです。

1. 言葉の発明

2. 文字の発明

3. 活版印刷の発明

4. インターネットの発明

活版印刷の発明は1445年頃、

その結果、新しい印刷業と出版業が生まれ、
写本という既存のビジネスが衰退しました。

現在は、インターネットという情報革命が起こっている真っ最中にいるので、
私たちは気づいていないと高原社長は熱く放話されていました。

情報革命の渦の中で、
ソーゴー印刷様ではどのような取り組みをされてきたのか
そのお話もすごく興味深かったです。
これからの会社づくりのヒント満載でした。

さて、私の職業人生はIT業の中で始まりました。

インターネットの歴史を調べてみると、
インターネットの前身のARPAnetが運用されたのが1969年。
World Wide Web (ホームページの形式)が開発されたのが1989年です。
日本で商用インターネットが郵政省から許可されたのが1993年で、
Webブラウザが同じ年に開発されてから、一般に広まってきました。

インターネットがインフラになってから、
情報伝達の手段も変わっています。

2000年代になってからは、電子メール、ホームページ、ソーシャルメディアといった
電子媒体を情報伝達に使うことがごくごく一般的になっています。

いまは、インターネットを使うのはパソコンではなく
スマホという方も多いと思います。

社会は急速に変わっています。
私は自分の仕事の技術が変わるので、それをひしひし感じるのです。

ですから夢中になって覚えようとしてきましたし、
Web業にシフトしてからは、ほかの企業様にもインターネットの威力をお話してきました。

でも、ほかの業界は、変化はもっとゆっくりと起きているのかな。
本日、ふとそう思いました

なぜ、思ったかというと、、、

親会社の正文舎の建物に引っ越してから、
印刷のスタッフと同じフロアで仕事をしています。

印刷のスタッフと、Webのスタッフの様子を見ると、
時の流れや考え方が違うことが見えてきたのです。

たとえば、新しいソフトウェアを導入するとして、
印刷の場合は、大手開発メーカーさんが講習するために来るというのです。
そして、みんなも与えれたものを習いましようという感じです。

Webの場合も開発メーカーさんがありますが、
いち企業のために社員を派遣するってあまり考えられないのです。

それより、何人も集まったから講師を呼んで勉強しようとか
自分でGoogleを使って調べるなどして、
使いながら覚えてしまうという感じです。

どうお互いに刺激を与え合って、
情報革命の中生きていくかということかこれからのテーマだと
思いました。

====================
大学を卒業してすぐにソフトウェア開発の会社に就職した私は、
20代の前半からIT業界で生きてきました。

いま振り返ると、
インターネットの成長度合いと、私の成長度合いはリンクしています。
すごいなぁ。

スポンサーサイト

ブログを有効に使う4つの提案

ブログはお客様の信頼を得るために、欠かせないツール

と私は思っています。

でも、「ブログを書く」ということをちょっと誤解されている方も
多いのではと思うこともあります。

「ブログさえ書いていれば、アクセス数が増える、
ホームページで営業できる」という考え方は危険です。

確かに何もしないよりも、ブログを書けば情報が更新されていき、
アクセス数が伸びる可能性はあります。

ですが、
世の中、ブログさえ書いていれば営業して売上が伸びるほど甘くありません。

本気でブログを営業ツールにしようと考えているならば、
ただ、日記のように毎日の出来事を書いたり、するだけでは足りないのです。

私はこんな風に考えてみるとよいとお客様に提案しています。

1. 目的を明確する(設計)

「何のためにブログを書きますか?」
「ブログを書いて、どんなことを実現したいのですか?」

ここを明確にする必要があります。

新規のお客様と契約したいのか、
既存のお客様のフォローをしたいのか、

はたまた両方なのか。

いろいろ目的はあると思います。

明確にしましょう。
明確にすることで、おのずとブログに書くことが決まってきます。

自分のビジネスの契約のためにブログを書くならば、
自分のビジネスに関係したことを書く必要があります。

テーマを決めます。

2. お客様目線で情報を発信する

私はブログを書くときに、テーマとキーワードを決めましょうとお話しします。

もちろん、すべての記事がテーマとキーワードに沿っていなくてもいいのです。
ブログの8割くらいは、自分のテーマに沿った内容で記事を書いておく方が、
読む人がこれはどんなブログなのか、
あなたは何屋さんなのか認識しやすいからです。

お客様が必要としている情報は何かを考えて、ブログを書きましょう。
ブログはあなたの代わりに、営業してくれるツールなのですから、
お客様が必要としていること、役に立つことを提供する必要があるのです。

そんなお話をすると、こんな不満を言われることがあります。

自由に書きたい

難しい

「自由に書きたい」というのは、文章を書くのがお得意な方に多いです。
お客様の前で自由に話したいと思いますか?
目の前の方を考えて、話題は選ぶのではないでしょうか?
ブログも同じです。

一方的に自分の話したいことを話す営業マンが信頼されないように、
書きたいことだけ書いているブログよりも、
何か役に立つことはないか、そんなマインドがあるブログの方が
喜ばれると私は思います。

「難しい」というのは、慣れていないから難しいのかもしれません。

でも、商談とイメージしていただければ、よいのではないかと思います。

商談でも雑談はしますが、信頼を得るためにはサービスや商品のプロだということを
示すように話をしているのではないでしょうか?
それを文章にも反映させるのです。

もうひとつ。

「難しい」からこそ、ほかの人がやらないのでチャンスだと思いませんか?


3. 顧客のタイプを意識する

発信する内容にも意識する必要があります。

● お客様の信頼を得るには

とくに検索エンジンから訪問する人は、何かご自分なりのテーマがあって検索しています。
知りたいことは、自分の困りごとを解決する情報、アドバイスが得られる情報です。

ですから、そのサービスや商品のプロとして、解決できる情報を書きます。
売り込み色が強いものよりも、役に立つということを重点的に考えることがコツです。

● お客様との関係性を築くには

人は「秘密」が好きです。
また、人はその人の人間的なことが見えたときに、少し近づけたと感じます。

ときには書き手の人間性が見えるような記事を書きましょう。
覚えてもらいやすくなります。

4. 振り返りをする

ブログを書いてアクセス数が上がっているかどうか、
それはアクセス解析をするとわかります。

アクセス数を上げると言っても、どのくらい上げると成約に結び付くのか知りたいですね。

また、どんなキーワードで検索されているのかも把握しておきます。

最初に決めたテーマとキーワードで、読者が集まっているかどうか検証しておきましょう。

そうなっていれば、方向性を変更する必要はなく、そのまま続けます。

そうでなければ、改善が必要です。
そもそもの設定が間違っているのか、書く記事がテーマに沿っていないのか検証しておきましょう。

====

私のブログでは、パソコンをWindows7へ変更したときの記事が
いまだに人気があります。

きっと、知りたい人がいるだろうなと、
自分が体験したことを時系列に書きました。

自分が狙って書いた記事が読まれていると思うとうれしいです。

大人の責任

今日は職場体験で、高校生が4名来てくださいました!
昨年までWEBサクセスの事務所は別の場所にあったので、
私も初めて「職場体験」を経験しましたよ。

職場訪問

学生のみなさんには、おもに印刷の体験をしてもらいました。
名刺を作ったようですよ。

CTP
※ オンデマンド印刷機の前で、説明を受けているみなさま。

今日はWeb制作についても質問があったので、
短い時間でしたが、Webの制作工程や心がけていることをお話しました。

Webの質問に答えています
※ Webについて話しているところです。それにしても、机の上が乱雑だ。。。

職場体験に来てくださる学生さんたちをはじめ、
若い人たちには、大人になるのが楽しみな、そして働くことに憧れを
持てるようになってほしいなと思っています。

そのためには、
働いている社員が楽しく、そして誇りをもっていることが大事です。

どんな理由であれ、今の仕事を選んでいるのですから、
まずは目の前の仕事を一生懸命すること、
仕事の中に小さな楽しみを見つけること、
これが若い人たちに対する大人の責任ですね。

大人になることが希望でないと、
若い人たちは夢も持てないと思います。

このような想いを社員のみんながもてるように、環境を作るのが経営者の責任。
経営者がまず自分の仕事に誇りを持ち続けることが最初の一歩ですね。

ホームページ運営に役立つ小冊子とは

ホームページのコンサルタントの仕事は、
ひと言でいうと、お客様のホームページを売れるホームページにすること。

そのために、毎月、アクセス解析をして施策を考えます。
お客様と打ち合わせをして、前月の状況を確認し、
施策を実行するかどうかを決めます。

Web集客は派手に見えますが、
実際の施策は
できるだけブログを書き続けるとか、
ソーシャルメディアに情報発信するなど、
コツコツ地道な行動を積み重ねるものが多いです。

モチベーションがないと続かない。
そんな地味な活動なので、毎月やろうと思っていた、忙しかったということで
計画が実行されないことも多いのです。

また、運用しているうちに顧客像までブレてしまい、
誰にでも好かれるようなことを考え始めるという問題も発生します。

毎日が忙しいので、行動できないこともわりかます。
私も同じです。

嫌われることも怖いです。
でも、誰に売ればよいのかも見えなくなるのは問題です。

いつまでも理想とするお客様に出会えません。

コンサルタントとして、どのようにすれば成果があげられるだろうか。
お客様を励まし続けられるだろうか。

突き詰めて考えてわかったことは。。。

経営計画を立てること。
その計画に基づいて、実行計画を立てて実践すること。

当たり前のことでした。

そうして、ホームページの運営に効果がある本を見つけました。

それは、、、

経営指針作成の手引き」です


北海道中小企業家同友会の経営指針研究会で使っていた手引書で、

ホームページの運用における理念、
ホームページ運用の方針、
ホームページ運用の計画

を作って実践していけば、ブレが少なくなると思ったのです。

もちろん、作るだけではだめで、それを習慣にする必要があります。

経営計画

私のおススメは、「3か年 経営計画」で3年後の到達目標を決めること。

ホームページの売り上げ目標、利益目標を決めて、
それにむけて何をするか方針を決めます。

そうすると、これから何をしなければならないか見えてきます。

可視化すると、
たとえば、面倒でブログを書かない日があったとしても、
思い出したときからまたブログを書くことができるます。
これが大事だと思うのです。

言葉が未来を作る


9月になりましたね。

習慣化したいことは、

・プラスの言葉を使うこと
・にこにこ笑顔で過ごすこと

このふたつです。

昨日、有限会社シンプルタスクの吉井先生(ナニメンさん)の、
喜働力塾がありました。

・シンプルタスク
http://www.simpletask.co.jp/

過去につみあがったものは過去のこと。
それは変えられない。
どんな思いをするかで今日からの一歩が変わる

どんな状況でも、未来は自分の思いで変わっていきます。

この言葉がとても気に入りました。

例としてあげられたのは、

100mの短距離を同じ記録で走るA君とB君がいる。
A君は北海道で一番の選手を目指し、
B君は日本で一番の選手を目指していたとするなら、
一年後、A君とB君のタイムは明らかに差がつく

ということです。

つまり、目指すものが違ったら、毎日の過ごし方も変わります。
意識が違うから、自分を節制する厳しさも違うというのです。

だから、まずは自分がどうなりたいか意識することが大切。
自分の思いで人生は作られるということです。

これはWeb集客にもあてはめられる考え方です。

1年後にホームページがどうなっていたら成功なのか、
初めに具体的にイメージすることが大切。

売上を伸ばしたいなら、どのくらい伸びたらよいのか
きちんと決めていくと、限りなく理想近づきます。

Web集客のコンサルをするときは、
毎回、お客様に決めていただいた数値目標を確認します。

確認し続けることで、行動する習慣ができてきます。

成功のコツは、どの分野でもひとつしかないと思いました。

それは、実践することです。

実践するときは、プラスの言葉を使います。

成功するぞー。目標にどんどん近づいていくと思って行動したら、
その方向に進んでいきます。

失敗するかもと思ったら、
自然と失敗する方向に進んでいきます。

私はこのように確信したので、
良い言葉をどんどん使えるように、習慣になるまで意識して使おうと思います。
Category: 未分類

自分の人生のプロデュース

■ 思い通りに人生は作られる

私の人生は私の思いのまま

8月の後半は、この言葉は本当なんだと実感できる日が続きました。

7月の手術から退院以降、私は今後自分がどうしていきたいのか、迷う日が続いていました。

今後、私はどのように生きるのか、
私の選択次第で大きく変わってしまうようなテーマがあって、
すごく迷っていました。

決断をしなければならないのに、迷いに迷って決められないのです。

そういうときは決めないでおいて、

「あなたはよりよく生きるために、何を選択しますか?」

と問いかけ続けようと思いました。問題を保留にしたのです。

関係者には、

「私は8月いっぱい、うだうだ迷い続けて決めない。
 9月にはすっぱり決めて行動します。」

と宣言しました。

そうしてきっちり8月31日の今日、
私は自分の選択を信じて生きる。そのために、自分の決めたことを淡々とする。
そう思えました。

宣言通りになりました。

その間に、いろいろな情報を集めたり、本を読んだりしていました。
人に会ったり、スカイプで話したりしました。

それで、心が決まっていったのです。

自分がこうしたいんだと心が動いたとき、
必要な情報が得られたし、応援者も現れました。

また、決められないときは、あきらめるということも覚えました。
ひとつをあきらめることで、もうひとつに専念することができるからです。

今回のこの感覚を忘れないで、これからの人生を生きていきたいと思います。


■ 自分の選択を確信できたセミナーふたつ

決断したもののどこかで躊躇があったのですが、
この週末のふたつのセミナーで、背中をぽんと押してくれたような感じになりました。

ひとつは、イー・ウーマンの佐々木かをりさんの「時間管理」のセミナーです。

佐々木かをりさんは、私が勝手に決めているメンターのおひとりです。
女性で仕事を続ける、子どもを育てながら働く、女性の声を社会に届けるという姿勢は
子どもが小さな頃から励みになっていました。

「時間管理」の目的は、自分を思い通りに動かすこと。

遊びたいときに遊び、
仕事をしたいときに仕事をし、
眠りたいときに眠ることができるようにすること。

とてもシンプルでいいなと思います。

自分の人生の中では、自分が主人公。
その主人公を動かす脚本を書くのも自分。

あなたはどんな脚本を書きますか?

そんな問いかけで、こうなりたいという自分のイメージが描けました。

佐々木かをりさん

※ セミナーのあと、一緒にお食事をする機会がありまた!


もうひとつは、8月から10月まである喜働力塾での学びです。

こちらも大きなくくりでは、
「自分の人生をどのように生きるか」がテーマの勉強会です。

会社を経営するのも、自分の人生も、
まずは自分がどうなりたいか意識することが大切。
自分の思いで人生は作られるということです。

だから、本気で意識してやってみると、そこから人生が変わっていくそうです。

そのためには、人に期待せずに淡々と自分の決めたことをしていくことがポイントとなります。

大きなことをする前に、
目の前のことを心をこめてやる、
できることを一生懸命することが大切。

このような話を効いていて、

私は自分の決めたことを達成するために、
自分で決めたことをやり続けることに専念しようと思えました。

喜働力塾
※ 本日のテキストです。

大きなことを決めるとき、すぱっと決められればよいのですが、
ムリに決めなくても、問い続ければ答えはでます。

悩むならば、いつまで悩むのか決めて、
その間に自分の望むことを探し続ければよい結果になると思います。

明日から9月ですね。

決断ができたので、9月は行動の月です。

動くことで何が生まれてくるのか楽しみです。
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。