スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり、インターネットは中小企業の味方だよね!

こう考えると、インターネットって中小企業の味方だよね

今日は私が所属している、北海道中小企業家同友会の経営指針委員会でした。
委員会の前にも、現在開催している研究会の運営会議がありまして、
その会議の中で、ある経営者さんがつぶやいた言葉です。

会議中

私は思わず、にこっとしてうなづきました。

そうです。インターネットって中小企業の味方だと思うのです。


■ 会社経営には、外部環境が欠かせない

どうして、そのような話になったかと紹介しますね。

経営指針研究会では、自社を取り巻く外部の環境を分析します。

たとえば、外部環境として「少子高齢化」があるとしたら、
そのことがどのように自社に影響しているのか、きちんと把握する必要がある。
外部環境の分析こそ、自社をしる第一歩。
このような議論をしていました。

その例として、大手居酒屋チェーン店の社長の話を紹介していただきました。
その社長はインターネットの普及が、
大手居酒屋チェーンの売り上げを落とす要因になっていると話していたそうです。

昔は宴会を開くときには、
宣伝などもされ各地にある居酒屋チェーン店が選ばれていました。

いまは、インターネットでお店をいくらでも検索できるから
小さなお店でも気に入ったら、そのお店を利用します。

つまり、インターネットの普及で、利用者の選択範囲が広がったことが、
大手居酒屋チェーン店の売り上げに影響するようになったという話でした。

そんなときに、冒頭の発言があったのです。


■ 情報入手方法が広がった

昔はみんなにお店を知ってもらうために、
店舗の数を増やすとか、サービスも全国どこでも同じとか、
そういうことが重要視されていました。

でも、いまは個性を出して小さく店舗経営できる環境が整ったのです。

小さな会社も、個性を出して情報発信を続ければ、
存在が認められ選ばれるようになるのです。

自社のおかれている環境をしっかり把握し、
自分たちの得意分野と弱みを理解して、経営計画を立て実行することが
よい会社になる一歩です。

この経営計画の中に、インターネットの活用を組み込んでみましょう。
そのときには、どのようにお客様に覚えられたいのか考えてみてくださいね。

どのように覚えられたいか。
ここに気づいたときに、
どのようなキーワード、どのようなテーマで情報発信するとよいのかわかってきます。


=========
約一か月、経営の現場から離れていたので、今日の会議は新鮮でした。
本格的に仕事に戻る前に、経営について再度じっくり勉強しようと思いました。

スポンサーサイト

なぜ、それを買いましたか? ~ ソーシャルメディアが購入の動機になる

毎日、暑いですね~
といっても、今日の札幌の最高気温は25度です。
本州の人に暑いと言ったら、怒られそうですね。

さて、みなさんは買い物をしたときに、
なぜそれを買ったのか」意識したことはありますか?

自分なりに掘り下げてみると、自社の商品やサービスの販売計画に役立つと思います。
会社のチームで掘り下げてみるのもおもしろいかもしれません。

私は小さなときから「本さえあれば満足」という人だったので、
私がどのような動機で本を買うのか考えてみました。

・ とくに必要なかったけれど、本屋さんで気に入った 2割
・ 必要になったから検索して比較して買った 3割
・ ブログやfacebook、メルマガなどで推薦されていた 5割

※ あくまでも、私の感覚です。

こんな感じです。

とくに自分の専門性を深めたい、プロとしての技術を磨きたいと考えている分野に関しては、
尊敬する方々がどんな本を読んでいるのか知りたくなります。
いまは、ブログやfacebookなどでその様子が比較的カンタンにわかりますので、
自分も購入して研究してみます。

最近、「シャネルの真実」と「武器として書く技術」、この2冊を紹介しました。

実はこの2冊とも、私の大好きな先生が紹介されていた本です!!

その方は、エクスペリエンスマーケティングの藤村正宏先生。
「マーケティングのことは一度も勉強したことがない」と話す先生は、
ご自分の体験に基づいて勉強を続け、コンサルタントとして活躍されています。

シャネル

「シャネルの真実」生きられない別の人生を、生きることでもある
http://ameblo.jp/ex-ma11091520sukotto/entry-10842468403.html


武器としての書く技術

イケダハヤトさんの本とアミエルの言葉
http://ameblo.jp/ex-ma11091520sukotto/entry-11575229369.html

テクニカルライターから、販促物のプロデューサーに転身した私は、
「販売促進」に関してもっと理解を深めたいと考えていました。

そのときに出会ったのがエクスマです。

そのとき、藤村先生に少しでも近づきたいと思い、
先生が推薦する方法を実践してみようと思ったのです。

その中で、自分が読んでみたいと思った本を購入しました。
今でも、藤村先生のブログをはじめ、エクスマで出会った方々のブログなどをチェックして、
おもしろそうなもの、自分ができそうなものは買ってみたり、真似してみたりしています。

その中から、私にしかできないことが出来あがってくると信じているのです。

今回は、「学び」をテーマに私が本を買うときの指標を書いてみました。

「誰かが推薦している」
「この人が言っているからこの商品は信頼できる」

いまは何かを買うときには、上記のような動機が増えてきています。

とくに、ソーシャルメディアの時代になって、
自分の個性を出して情報交換をすることが広がってきました。

広告やCMに加え誰かがその商品・サービスがいいよと紹介することで、
より物が売れる時代になったとも言えます。

企業としてはこの心理は、次の2つの理由で見逃せません。

ひとつは、情報発信をして商品やサービスの価値を知ってもらい、
誰かに取り上げてもらうことを期待する

もうひとつは、自分自身を磨いて高め、自社の商品やサービスを利用してもらう

この2つです。

私の理想は、僭越ながら価格で選ばれるのではなく、会社や私だから選ばれること。

自分の信じていることを愚直に続ける
という藤村先生の言葉を励みに、また情報発信を続けていきます。

=====
【私信】
体調を崩してしばらくお休みをいただいており、現在静養中です。
※ 結局、3週間入院しておりました。
完全復帰にむけて、少しずつリハビリしていきます。

お待ちいただいているみなさま、ありがとうございます。
今まで以上、お役に立てますよう体調を整えてまいります。
もう少しお時間をください。

ブログを戦略的に使いたいと思ったら読む本

インターネットを使って、本気でビジネスしたい。
インターネットでの販売を事業のもうひとつの柱にしたい。

本気でそう思うならば、情報発信力を磨きましょう

業者にホームページを作ってもらって終わりというよき時代は、
過ぎ去りまりした。

■発信力を磨くにはブログが一番

インターネットの世界は、基本的に文章で情報を伝達します。
ですから、理解しやすく、人の心を動かすような文章を書くことが必要です。

そんなこと言われても、難しい。。。

そう感じる方はたくさんいらっしゃると思います。

でも、ここで躊躇していては、インターネットで売り上げを伸ばすことはできません。

とにかく、書いてみましよう。

何事も練習が大切です


■ブログを書くと決めたら読む本

そうは言っても、ブログを書くには、考えをまとめることを必要ですし、
文章を書く時間も必要で、そうカンタンではないですよね。

さらに、ブログを書くという行動は、基本的に自分一人の行動。
強い意志がないとくじけそうになります。

そんなあなたにおススメの本があります。

プロのブロガー、つまりブログを書いて生計を立てている、
イケダハヤトさんの「武器としての書く技術」です。

武器としての書く技術

"ウェブ時代を生き抜くための「新時代の書く技術」教えます"

と書かれているだけあって、効果のでるブログを書き続けるためのヒントが満載です。


■「備忘録」から始めるブログ

ブログには、読者の役立つ情報、自社や自分が持つ専門知識・ノウハウを書くのがよいと言われています。

ですが、取り組み始めたばかりの頃は、結構ハードルが高いことです。

イケダハヤトさんは、「まずは『備忘録』でもいいから書いてみよう」と提案されています。
p.242

=====

本の中で気になったセンテンス、受講したセミナー、刺激を受けた話などを、
ブログという空間の中に蓄積し、いつでも引き出しを出せるようにしておくのです。

====

これなら、できそうな感じがしませんか?

私もブログを書く頻度を増やせそうな気持になってきました。

備忘録を書くときには「自分の意見」も同時に記録するのも大切。
そうこの本は教えてくます。

ブログを書くといいと言っても、ただ工夫もなく書いているとやっぱり効果はありません。
どのように書くといいのか。
イケダハヤトさんのノウハウが満載のこの本、今度の連休に読んで研究してみませんか?


武器としての書く技術 (中経出版)武器としての書く技術 (中経出版)
(2013/06/27)
イケダ ハヤト

商品詳細を見る

Category: 読書日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。