スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行動力 ~ 為末大さんから学んだこと

パネルディスカッションで、刺激を受けろ

プリントネクスト2014のオープニングムービーで流れていたとおり、

刺激的で考えることがたくさんありました。

脳がぐるぐる動いた感じです


「創造的破壊:イノベーションと当事者意識」というテーマで一橋大学の米倉教授が講演し、

そのあと米倉教授がコーディネーターとなって

印刷会社4社の方とIT・Web会社1社、そして為末さんがパネリストでした。


パネルディスカッションで思ったことは、

「本当に困らないと人は行動を起こせない」

「行動した人のみ、新しい道は拓ける」

このふたつです。

米倉教授ははっきりと、

「印刷の需要はもっと落ちる」

「印刷はなくならないけど、市場は縮小する」

「銀塩フィルムの市場が縮小したとき、
 倒産したコダックは銀塩フィルムはなくならないと言っていた」

このように何度も言っていました。


明日になくなるものではないにしても、

市場は縮小する、新しい価値を見つけなければという話は、

2013年や2014年に議論が始まったわけではありません。

自分たちの仕事がなくなる当事者だったら、

では何をして食べていこう」という部分を

直視せずにはいられないと思うのです。

具体的なビジョンを自信をもって話されていたのは一社さんだったと思います。


対照的だったのは為末さんで、

自分と向き合って現実を直視して、実際に行動することで進むべき方向性を

見つけてきたのだなと思いました。

話すことが具体的で、行動してきた過程がわかり、

今の結果になっていることもわかります。


問題があって本当に困っている人が当事者。

本当に困っているから行動するし、

行動するから道は拓けます。

為末さんのお話で、そのことを確信しました。


パネルディスカッションを聞きながらもうひとつ思ったことは、

先は見えなくても、培ってきたものを捨てて次の道に進むのは難しいということ。

でも、難しいと言えるということは、まだ本当には困っていないのだと思います。


「印刷市場はまだある」「印刷はなくならない」、私も思います。

印刷も好きだから、こうして関わっています。


私個人の経験から考えて、

この思いに執着していたら、会社がなくなると思います。


なぜ、私がそう思うかといいますと、

私はもともとは、ハードウェアやソフトウェアのマニュアルを書いていました。

90年代までは、マニュアル業界はどんどん伸びていました。

でも、2000年以降マニュアル制作会社は苦しくなりました。

製品価格が下がり、製品資材に入るマニュアルにコストをかけられなくなったこと、

メーカーが内製するようになったこと、

マニュアルを作らない製品が多くなったこと

多言語展開しているところは、制作拠点をアジアに移したこと
(世界でみると日本語の需要は少ないので、英語版を作って日本語翻訳にしている)

などが理由としてあります。

私たちもその波の中にいたので、

マニュアル執筆では食べていけず、

この経験を活かして何かできないかと探して、

試行錯誤の上見つけたのが、ホームページ制作です。


だからといって、マニュアル自体がなくなったかというとそうではなく、

操作説明は今の時代でも必要なものです。

でも、大量に作らずホームページで対応するなどしただけです。


私たちもホームページ制作に大幅にシフトしましたが、

今でもマニュアルを発注してくださるお客様がいます。

マニュアルはなくならい。仕事もある。

でも、それだけでは社員を雇用できないのです。


印刷業界の場合は、

大きなイベントで学者さんが市場が小さくなりますよと証明してくれて、

どうしたらよいかも一緒に考えてくれています。


自社を振り返ってみると、

印刷部門ではなく、Web部門の私がプリントネクストにいることに、

今後の進むべき方向が決まったのかなと思います。


印刷市場はまだあると考えるならば、

どうやって、その中で売り上げを伸ばしていくか知恵をださなければならない。

印刷はなくならないというならば、どのくらいの市場で残るのか現実を見なければならない。

そういうことを自社に持ち帰ろうと思います。

たとえ、嫌われ者になったとしても。

コンテンツブック
スポンサーサイト
Theme: 企業経営 | Genre: ビジネス

プリントネクスト2014 レポート

印刷業界のイベント、PrintNext2014に参加するために名古屋にいます。

PrintNext2014
http://www.printnext.jp/


斜陽産業」と言われる「印刷産業」が、
今から次の時代をどう生きていくのか。

これが私が解釈した最大のテーマだったと思います。

本日、学んだことをまとめます。


● 自分を知らなければ何も始まらない

基調講演で、男子400mハードルの日本記録保持者 為末大さんが話されていたことです。

為末さんは、今年記録が出なかったから来年がんばろうと思っても、
今年何が起こったのかわからないと、がんばれないと言っています。

原因がわからないと、修正ができないのですね。

また、世界陸上で銅メダルをとったあと、
「欲」がだんだん出てきて、散漫になったそうです。

試合で一生懸命走っても、あまりお金にならない。
でも、テレビでコメンテーターをするとお金になる。

自分を見失っていったと言います。

そんなときに、お父様が亡くなって、「人生は有限」と悟ったそうです。

競技はゴールがわかっているからペース配分ができるけれど、
人生はゴールがわからない。
だから、散漫していた欲をどれかに集中しなければなりません。

自分は何がしたかったのか内省して、
やっばり、自分は走りたいんだ。だからひとつに決めよう。
そのために、どんなしくみがいいか考えて、
日本人初のプロ選手になることを決意したそうです。

そうして、27才のとき、世界陸上で銅メダルを再びとることができました。


● 自分の職業を見直す

これはパネルディスカッションで為末さんが話されていたことと、
分科会1の九州ブロックで出ていた話です。

為末さんがプロ選手になったあとも、自分の立ち位置を探していたそうです。
プロ選手といっても、陸上競技にあまり興味を持つ人はいない。
でも、「いつ寝ていますか? 何を食べすか?」そういう質問をよくされると
言っていました。

同じ事務所にはサッカーの中田英寿選手がいたので、
アスリートの分野では彼に敵わないとけれど、
料理や健康の分野では、アスリートはいないのでここに居場所があったそうです。

仮想ライバルをずらしてみると、自分の職業が再構築できると話されていました。


また、九州ブロックでは、
「印刷業」と自分たちが名乗っているのが、自分たちの事業を狭めたのではないかと
いう問題提起がありました。

情報を持っている企業が、情報を必要としている人に届ける仕事をしているのが、
印刷会社です。
情報を届けると考えたら、印刷はひとつの工程。
それを業界としたのがそもそもの間違いではなかったのかというお話でした。

もし、印刷業が「印刷」にこだわっていなかったら、
インターネットやWebの仕事は印刷会社のものになっていたのではないか。
それをIT業に取られてしまったというのです。

この話は本来のテーマではなかったので、ほんの数分の話題でした。

でも、為末さんのお話と重なって、
自分たちは何をしたいのか、きちんとわかっていないと、
いつまでも、「覚悟のスイッチを入れよう」と言いながら、
実際は覚悟のスイッチは入らないまま崩壊するのではないかと
思いました。

私は自分のことを、
企業の経営目標を達成を、Webや印刷でお手伝いするサービス業と考えました。
Webや印刷でどうやってお手伝いするか、
さらに掘り下げます。


● 成長産業と斜陽産業の違い

成長している産業は、

1. 誰に
2. 何を
3. どうやって売るのか?

この順番で考えます。

必ず最初に、お客様のことを考えています。

斜陽産業は、

1. 何を
2. 誰に
3. どう売るか

と考え、道を誤ってしまうとのことです。

いま勉強している経営計画でも、
お客さんを知らないと、ニーズもわからないし、
何をしていいのかわからないと習いました。

すべての人に買ってほしいでは、
誰にも響かない商品やサービスになると改めて学びました。


● ゲーミフィケーション ARG

遊び心、ストーリー性が、
お客さんが能動的に関わって記憶に残る集客ができると聞き、

何か私もできないかなと思いながら
参加してました。


● 違和感がふたつ


学びが多かったプリントネクストですが、
何か私にしっくりこないことがあるなと思っていました。

終わった後に気づいたことがふたつあります。

ひとつめは、写真撮影や録音を止められていたことです。

なぜなら、Web業界や販促業界のセミナーでは、
あまりそのようなことを聞かないからです。

写真撮影も、ソーシャルメディアへ発信も自由、
録音しないでと言われた記憶もありません。

フリーの考え方がなじんでいる私は、
やはりWeb系の人間なのだなぁと思いました。


もうひとつは、女性が圧倒的に少ないこと。

分科会はふたつありましたが、
私の参加した分科会では、スピーカーに女性は一人もいませんでした。

日本人の男性が圧倒的という、
文化・思考に異質なものが少ないから、
成長度合いが遅くなってきているのでは? と思ったりします。

Theme: 企業経営 | Genre: ビジネス

安心して暮らせる住まいづくりのために

2月1日に「有限責任事業組合 家ねっと」のホームページを公開しました。

有限責任事業組合 家(うち)ねっと

家ねっとhp


「家」は人生のうちで大きな買い物であるのに、

一生のうちで1~2回の買い物であるがため、

あまりよくわからないまま買ってしまい、

あとで不満が出てくることもあります。


女性は平均すると家にいる時間が長いのに、

自分が住み心地のよい空間にならないこともあるようです。


それは、明確に自分の意志を伝えることに慣れていなかったり、

家族間で十分に話し合いをしなかったり、

建築会社の方が無意識でも丁寧な説明を怠ったりした結果だと思います。

ひとつひとつは小さなことでも、積み重なると大きなことになる典型ですね。


家ねっとは、「エスコートランナー」という制度を作って、

お客様に徹底的に寄り添うというスタンスで、

建築会社とお客様の橋渡しをすることにしました。

エスコートランナーは、建築には関係ない業種のメンバーがなります。


家ねっとのメンバーは、「家づくり」「住まい」をテーマにして集まった

10名で構成されています。


建築3社、不動産仲介、インテリアコーディネート、建物検査など

「家」に関わる企業から、行政書士、広報など家とあまり関係ない企業が参加しています。


いろいろな業種が集まることで、

自分の業界では当然のことが、他業界で通用しないということも

発見できます。

価値観がさまざま違うのだとはっきり意識する訓練の場でもあります。


家ねっとの構想は、2年前からあったものであり、

女性に人気の商品から学ぶことなども全員でしてきています。

↓ その時の様子はこちらから

ローレルの商品は、匂いがいいので好きです
http://websuccess.blog98.fc2.com/blog-entry-731.html


勉強と準備をしながら、実際にお客様の家を建てて、

今回ホームページを公開することになりました。


本日、家ねっとの会議があり、

公開したホームページの活用方法、今後の営業活動について確認しました。

立ち上げから2年と時間がかかりましたが、

今度は本格的に商売する第二フェーズにいよいよ入ったなという感じがしています。


今回のホームページでは、

私は新築の家を建てたお客様を取材させていただき、

お客様の声の原稿を書きました。

年末の2時間という時間をいただいて、

そもそも家を建てたいと思ったきっかけから、

家を建てる過程で何を思っていたかなど、

いろいろな話を聞かせていただきました。


原稿を書いたあと、家ねっとのメンバーに校正してもらったところ、

「言葉」を巡る感覚の違いがあることがわかりました。

建築会社からの校正では、

訂正された文章は専門用語が使われていました。

お客様の声の原稿でしたので、

私にはとても違和感がありました。

この専門用語は、

お客様は使っていないし、私も知らない言葉だったからです。

建築の専門用語で話すお客様はめったにいないと思うので、

どのように修正しようか迷いました。


お客様がとらえた感覚では、正しく情報が伝わらないけれど、

建築会社が伝えようとしていることを正しく表すと、

お客様の言葉ではなくなるからです。


結局、別の会社メンバーが

お客様と建築会社両方の意図を汲み取った文章を作ってくれました。

この感覚の違いを知る機会は、案外少ないと思います。


これは貴重な体験です。

家ねっとのメンバーは、この感覚の違いを大切にして、

お客様の家づくりをしていきます。

Theme: 企業経営 | Genre: ビジネス

人生の時計

次の予定まで時間があって、

カフェでお仕事していました。


カフェ


偶然入ったお店で、電源を使えるテーブルに座れてラッキーでした。


少し前の話になりますが、

北海道中小企業家同友会 女性経営者部会の1月例会で、
株式会社どうきゅうの中西社長のお話を聞きました。

強く印象に残ったのは、人生の時計のワークです。

だいたい、80年生きられると考えて、その年月を時計と考えたとき、
今の自分は何時ころにいるか考えました。

自分は何時頃にいるとはっきり目で確認してみると、
残りの人生の時間を意識します。

中西社長は、
どんな人生の終わりを迎えるかシナリオを作って、
そのためには何をするのか考えて、
いまこの時間を生きているそうです。

中西社長がすごいと思ったのは、
ビジョンが明確にあって、それに向かって行動しているところです。

言動一致とはこのことかと思いました。

社員が大切という言葉どおり、人材教育には時間もお金もかけていて、
一回やってみたというのではなく、ずっと続けていらっしゃいます。

大切だと言っていて、本当に大切にしている。
行動で表している。

私もそうなりたいと思いました。

もうひとつ考えているのは、
私はどんな終わりを迎えたいかということです。

「あぁ、おもしろかったなぁ。
 もう少しいたいけれど、もう終わりなんだな」と、
穏やかに思っていたいです。

「昔ね、白藤さんと出会って、生きるのがおもしろいって思ったよ」

「白藤さんと仕事して、会社がよくなったよ」

「さおりん、一緒に夢をたくさん叶えたね。
 いなくなって、ちょっと寂しいよ」

そんな、お別れの言葉をいただきながら、
去っていくのが理想です。

理想に少しでも近づけるように、
0ベースで仕事を見直し、全力を尽くします。

想いはホームページに反映する

反応のあるホームページにしたい。


ホームページを作ろうと思ったら、みなさまそう期待されると思います。

では、みなさまにとって「反応のある」とは、具体的にどんなことでしょうか?


ホームページでどのようなことが起こったら、反応があると思えますか?

どのような状態になったら、御社の成功ですか?


この質問の答えを深めていくことが大事だと、私は思います。


  • 資料請求のメールが月に○○○通届くようにしたい

  • ホームページ経由の売上を、月商○○○万円にしたい

  • ホームページを見て、お店に来る人を今の○倍にしたい

  • ページビューを、月間○○○○○ビューにしたい

  • お問い合わせ数を、月に○○件にしたい

  • とにかく、検索順位を1位にしたい



  • いろいろな成功があります。

    どこを目指すのか、まずはそれが見えていないと、
    反応がほしいと思っても、なかなかそのようになりません。

    目指す方向によって、ホームページを見てくれた人にしてほしいことも違いますから。

    また、ホームページができたあとのみなさんの行動も違ってくると思います。


    「費用をかけないで、会社案内程度でいい」と思ったら、
    公開後は、ホームページに気をかけないかもしれません。

    そうなると、おのずとホームページは会社案内程度のものになっていきます。


    「月商○○○万円にしたいんです」と思ったら、
    ホームページからお問い合わせが何件あって、受注に何件結び付いたか確認する必要があり、
    達成していなければどうするか対策を考える必要があります。

    そうなると、月商○○○万円になるまで行動し続けます。


    まずは、具体的にどうなったら自社のホームページは成功なのか、
    考えてみませんか?

    私の役割は、お客様が決めた目標にどうしたら到達できるか、
    一緒に考えてアイディアを出し、施策をすること。


    Web業界のこと、
    お客様の業界のこと、
    販売促進のこと、
    お客様の潜在的な要望を形にすること、
    段取りのこと

    私が学ぶべきものはたくさんあります。

    また、一社では難しいことは、専門家の方々との連携も必要です。

    一日、一日大切にして、全力を尽くします。

    エイエイo(・c_,・`o(-c_,-`o(・c_,・`o(-c_,-` )ノ"オー!!!

    検索する人をイメージしてますか?

    暖かい札幌でした。会社を出たら、雪が解け始めていてびっくり
    「春かな?」と思ったほどでした。


    今日は珍しく、一日中会社で仕事をしていました。

    Googleアナリティクスで、ウェブ解析をしてレポートを作ること2本。

    タイプが異なるホームページで、集客の経路もキーワードの種類も違っていました。


    ホームページでは

    発信した情報によって、検索に使われたキーワードにも

    特徴が出てきます。


    たとえば、サービスと地域名を組み合わせて発信したら、

    サービスと地域名の組み合わせでだんだん検索されるようになります。


    どのようなことを探している人に、自分のホームページを見つけてもらいたいか。

    そんなことをイメージしながら、キーワードを意識して記事を書いていると、

    だんだん、そのキーワードで検索されるようになるんです。


    おもしろいです。

    WEBサクセスでは、セミナー講師をご依頼いただいてます。

    セミナーのほとんどは、ホームページからのお問い合わせです。

    今回伺った泊村でのセミナーも、商工会の職員の方が

    インターネットで検索してくださいました。


    やっぱり、ホームページって便利だなぁと思います。


    私は何もしていないのに、

    お仕事の問合せをいただけるんです。


    何もしていないは、言いすぎでした。

    私はホームページに、セミナー情報を掲載していました


    「経営者がホームページのことを知らないなんてもったいないよ」

    そんな想いからはじめたWeb活用塾や、

    たまたまいただいた講師の実績をせっせとホームページに掲載していたら、

    だんだん、WEBサクセスのホームページはWebセミナーを重要視していると

    Googleに判断されたようです。

    当初は狙っていたわけではないのですが、

    結果的にセミナー系の検索に強いホームページになりました。


    北海道内で、Webセミナーを自主運営している制作会社は少ないので、

    差別化できてきたかなと思っています。

    ますますセミナーのことを載せたくなり、

    そうすると、セミナー関連の記事が圧倒的に多くなり、

    より、WEBサクセス = Webセミナーという印象を、

    お客様にも、Googleにも強く与えるようになるのです。


    発信する内容がとても大事で、


    どんな人があなたの情報を必要としているか、

    日ごろからイメージしていて、記事を書いてみましょう。

    1月のよかったこと、2月に達成したいこと

    あっという間に2月ですね。

    1月は盛りだくさんの行事があり、あっという間に過ぎました。

    もったいない冊子

    エクスマ塾で作成した会社案内は、
    「もったいないホームページ」と呼んでくださいます。

    藤村先生が、

    もったいない」と

    大胆に書いた方がよいとアドバイスしてくださった結果です。

    手にとったときに、記憶に残ることがいかに大事が学びました。


    さて、今月も振り返ります。


    ■1月のよかったこと

    1. ハッピートーク(R)トレーナーの養成講座が始まりました。

    「ハッピートークがもっとできるようになるにはどうしたらよいだろう」

    「会社で実践していくには何ができるだろう」

    いろいろ考えて、ちょつと行き詰ったのが昨年の秋のこと。

    そんなときに、ハッピートークの生みの親、池崎晴美さんの講演を聞く機会がありました。

    その時点では、トレーナー養成講座を受けると決めた方に、

    「がんばってね~」と言っている立場だったのですが、、、

    その後、いろいろなことがあって、

    トレーナー養成講座を受けてみたいと思いました。

    人数が集まれば札幌開催も可能と聞いて、

    ひとり誘い、池崎さんにお願いメールを書き、

    札幌で開催できるかもしれないから興味のありそうな人に声をかけてみてと

    自分ができることをしてみました。

    そうしたら、叶ったんです。札幌で受講できる想いが!

    そうして、池崎さんからプレゼン千本ノックを受け、

    全力の発声練習をしたのでした。


    発声練習中

    厳しくも、楽しい2日間でした。


    2. 北海道中小企業家同友会新年交礼会の司会が無事できたこと

    参加者が約600人の会場で、司会を担当させていただきました。

    ものすごく緊張しましたが、

    「間の取り方が上手ね」

    「声がよかったよ」

    と、声をかけていただき、とてもうれしかったのです。

    もう一回、写真を載せちゃいます。


    司会をしました



    3. 泊村でセミナーを担当しました

    昨年の夏、泊村商工会の職員の方にインターネットで見つけていただき、
    「泊村フォトコンテスト」の開催前に、ホームページ委員会のメンバーの方に
    Web集客セミナーをさせていただきました。

    このご縁で、今度は泊村でフェイスブックセミナーを担当しました。

    facebookセミナー

    泊村フォトコンテストは、フェイスブックで実施していました。

    今年も開催する予定なので、フェイスブックを村民の方に覚えていただき、
    写真をどんどん投稿してほしいという願いもこもって、
    職員の方が企画されました。

    https://www.facebook.com/tomari.photocon

    海がある街で、波の音を聞きながら2泊過ごしました。

    泊村


    ==============

    2月に達成したいこと

    1. ハッピートーク(R)トレーナーになる

    2月23日が最終で、卒業プレゼンがあります。
    その前に課題もあり、しっかり準備します。

    真のハッピートーカー」になる。

    そう決めて、がんばります。


    2. マンダラ手帳の使い方研究

    1月に読むと決めて、最後まで読み切れなかった本を読みます。

    マンダラ手帳とマンダラ思考
    マンダラ手帳とマンダラ思考マンダラ手帳とマンダラ思考
    (2012/09/06)
    不明

    商品詳細を見る
    マンダラ手帳とマンダラ思考
    (2012/09/06)



    3. 引き続き、Web解析強化月間

    「販売の科学」は読めば読むほど面白いです。

    調べるための計測と、売るための計測の違いがわかります。


    販売の科学―売りながら調べ調べながら売る (PHP文庫)販売の科学―売りながら調べ調べながら売る (PHP文庫)
    (1993/07)
    唐津 一

    商品詳細を見る




    4. 経営計画の勉強

    北海道中小企業家同友会 札幌支部の
    経営指針委員会でお世話になっている、
    シンクシステムズの小椋会長から、経営計画の立て方を6回シリーズで学んでいます。

    貸借対照表、損益計算書の読み方から、
    経営安全率の出し方まで、正文舎の社長、取締役を含め6人で
    みっちりと勉強しています。

    事実を数値で把握して、次の行動のための仮設を作るという仮定は
    Web解析に似ています。

    両方、もっともっとスキルアップしたいと考えている分野です。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。