スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲しかったのは、あなたの商品ではないかも

モノ」を売るな!
体験」を売れ!


という言葉、ご存知ですか?

お客様に、購入後の「ライフスタイル」を気づかせてあげる。
お客様に、買った後に手に入る価値に気づかせてあげる。
マーケテイングには、「体験を売る」という発想が大事。

と、エクスペリエンス・マーケテイングを提唱している
藤村先生が書いた本のタイトルです。

※ 以降、エクスペリエンス・マーケティングは、「エクスマ」と書きます。


私は最近、自分の行動が「体験が欲しかった」と気づくことがありました。


「あっ、私はジャケットが欲しかったわけではなくて、

 自信をつけたかったんだ。」


そう思ったのです。

それは、

先日書いた北海道中小企業家同友会の新年交礼会の司会に決まったときのこと。

司会を担当された方々は、どうやらみなさん服装を工夫しているということを知りました。

すごくあせったんです。

「何を着たらいいの?」


それで、服を探しに行くことにしました。

この時点は、服を買うというところまでは決めていましたが、

どこで何を買うまでは決めていません。


結局、11月に受けたファッションのコーチングのときに買った
スカートのブランドのお店に行くことにしました。

そこなら、私のイメージに合う洋服があるはず。

そう思いました。


お店では、新年会をキーワードに、
店員さんのアドバイスを受けながら、
洋服を探しましたよ。


洋服を探す


場にふさわしいものであれば、
ワンピースでもよいし、ジャケットでもいい。

とにかく、
マイクを持っても何かを気にしなくてもよくて、
場にふさわしい洋服はないかな。

そう思っていました。

結局、ジャケットとブラウスを組み合わせるという
無難な選択に落ち着きました。

これなら、あとでの着回しもきく!

新年交礼会が終わったあとに、気が付きました。

私は司会を自信を持ってできるようになるため、
いろいろな気持ちの支えが欲しかったんだと。

・練習もした。
・洋服も考えた。
・髪の毛にも気を配った。

とにかく、考えられることは全部準備した。

だから、きっとできるよ。

そう自分に言いたかったんですね。

実際に買ったのはジャケットでした。

ジャケットが欲しかったというよりも、

私は自分に自信をつけたいと思ったんだな。

そう思いました。


モノじゃなくて、購入後に手に入れられる気持ちが大事だったんです。


自分の行動に気づいて、エクスマを
より深めようと思ったのでした。



やっぱり! 「モノ」を売るな! 「体験」を売れ!やっぱり! 「モノ」を売るな! 「体験」を売れ!
(2012/09/27)
藤村 正宏

商品詳細を見る


スポンサーサイト

小さなことから、行動を起こそう ~ 同友会新年交礼会

1月7日(火)は、北海道中小企業家同友会の新年交礼会でした。

場所は昨年と同じロイトン札幌。
15時から21時まで、懇親会、その後の地区会の懇親会と続きました。

ロイトン

「2014年の展望を語る」というテーマの講演会では、
サンマルコ食品 藤井社長と、十勝バスの野村社長のお話しを伺いました。

サンマルコ食品さんは、コロッケを主力とする冷凍食品メーカーさんです。
食品の原材料が高騰するなか、どのような「生き残り」をしていくか、
会社でお使いになる生々しい資料をもとに、お話しくださいました。

十勝バスさんは、路線バスを運行する会社さん。
バス乗車率が下がり、経営が苦しくなった状況から、どのようにバスに乗る人を
増やしていったのか、そしてどうしてマスコミに取り上げてもらえるようになったのか
お話しいただきました。

心の中にぐっと入ってきた野村社長の言葉は、
小さなことから始めて、成功したら次に取り組む」ということ。

十勝バスさんがバス利用者を取り戻していった過程では、
「1つのバス停留所」周辺から始めたそうです。

1つのバス停留所から始めるという提案は、社員さんからあったことで、
社長は最初そんな小さな地域からと思ったそうです。
でも、それが結果的によかったとのことです。


懇親会では、
守代表理事が「企業の存続」と何度もお話しされていました。

企業の存続、雇用を守るということは、
ちょっと聞くだけだと、自分の会社だけしか考えていないのかとも
しれるかもしれません。

でも、私は違うと思っています。

資本主義経済の中で生きる以上、
企業は利益を上げて経済活動を続ける必要があります。

これでよいか悪いかの議論はあると思いますが、
いまの現実では、この仕組みを守らなければ、社会全体が動かない。

経済活動の基礎となる企業は、利益を上げて働きがいのある場所を作ることが
ミッションなのだと思います。

利益を上げるということは、
なりふりかまわず、自分がよければよいというひとりよがりの考え方ではなく、
社会を良くするためのひとつの手段と思っています。

そのようなことを考えていました。

さてさて、今年の新年交礼会は、
もうひとつ、私にとって大きな役目がありました。


僭越ながら 司会 を担当させていただきました。

司会をしました
※ こんな感じです。この写真は女性経営者部会でご一緒の先輩が撮影してくれました m(_ _)m

私で大丈夫? とも思ったのですが、
同時に、「やる」と決めて準備することも大事と思い直しました。

年末に進行のシナリオを同友会の事務局の方からいただいて、
それから、大騒ぎ。。。

休み中に、自宅でシナリオを何度も声に出して読んでいたら、

日本文学を学んでいる娘が、
日本語チェックをしてくれました。

当日、お声をかけていただいたみなさま、ありがとうございました。


2014年もよい年になるように、
そして、結果を出してお客様のお役立ちができるように、
精進してまいります。

よろしくお願いいたします。

心が温まる年賀状

本日から、2014年の営業を開始いたしました。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

浦臼の朝焼け
※北海道浦臼町の朝。母のブログから拝借しました。


新年のスタートは、定番の朝礼から。

スタッフが全員に揃い、新年の目標を話しました。

この目標は、紙に書いて壁に飾っておく予定です。

何度も、何度も目で見て確かめて、進む方向をみんなで確認し、

今期も元気に、ゴールまで進んでいきたいですね。


さて、会社に届いた年賀状に、

読んで幸せになる言葉を書いていただきました。

F.Bの文章にはいつもうっとりしています。

自然体で味がある、是非まとめてエッセイにして!



ありがとうございます。

とても、とてもうれしいです。

子ども頃から文章を書くのが好きで、

日記を書いたり、友達と交換日記や文通をしたりしていました。

Facebookはその延長線上にあって、

日常の起こったことや、面白かったことを書いています。

文字でほめていただいて、心が温まりました。

写真にとって、ずっと保存しておきます。

原稿書きに専念

大雪の札幌でした。 

年末年始のお休みは、何をしなければならないこともなく、
のんびりと過ごしています。

食生活を充実させようと決めていたので、料理に時間をかけています。

新しいレシピが増えました!!

そうしながらも、お休みはもうすぐ終わり。

今日はお休みに入る直前に取材させていただいた、
「お客様事例」の原稿をずっと書いていました。

音声データ

私が取材するときは、許可をいただいて録音しています。

取材メモを見直して、ざっと原稿の案を考えたあとに、
音声を聞いて、再度取材のシーンを思い浮かべながら、
大切なだと思った部分は、文字に書き起こします。

そのデータをもとに実際の原稿を書くというのが、
私の方法です。

音源を聞きながら書き起こしをすると、
取材した時間以上の時間が必要になるので、
効率が悪いのかなと思うときもあります。

取材を中心に活動されている方は、録音しないで原稿を書いているのかなと。

でも、比較しても仕方がないですね。

取材から短時間で仕上げる必要がある原稿を書いていないので、
一件、一件のお客様の声を聞きながら、じっくりと原稿を書こうと
思っています。

========
パソコンの横にいる「いか?」は、
私の後輩が「白藤さんに似ている」と渡してくれたものです。

私が写っているある写真をみたら、
本当に、こんな顔をしていました。

素直に実行する心

2014年の1月1日はやぎ座の新月だったそうです。

購読しているメルマガに、今日の20時頃までに完了形でお願い事をするとかなうと書いてありました。

本日、午後から2014年の目標を改めて確認し、
2014年はどんな年だったのかを完了形で書いてみました。

2014年は、新しいことに挑戦の連続になると、
私は予想しています。

迷ったら今までしなかった選択をしてみようというのが、
私の今年の行動指針です。

元旦の昨日は、天気が荒れる前に札幌に戻ってきました。
よほどのことがない限り、3日までは実家にいるのか普通なので、

自宅にいる時間が長い分、家のことができるのがよいですね。
今日は大掃除のやり残し? いえ、新年の大掃除でガスレンジのフードをせっせと掃除しましたよ。

学園都市線の駅
※ 札幌に戻る途中のJRの駅。ゆったりした風景が好きです。


私は何かを成し遂げたいと思ったときは、
本気でアドバイスしてくださる人の言葉を素直に聞いて
まずは実践するのがよいと思っています。

うまくいくかどうか、それはわからない。

でも、まずはひたすら真似をしてみて、
そこから自分なりのやり方を見つける。

守・破・離の考え方と言ってもよいでしょうか。

私はこの考え方を大事にしています。

なぜ、そのように思うかというと、

私はこの方法で、ひとつの難しい問題を克服したからです。

もう20年近く前の話になりますが、
私は精神的に辛くなって、向精神薬を服用していたことがあります。

でも、体にかかる負担は大きく、
だるさのために自分の行動が制限されてしまうのがいやでした。

どうしたら、薬を服用しなくてもよくなるのか。

いろいろな方法を探して、聞きあうというカウンセリングに出会いました。

クラスを教えてくれた先生からは、
地道でも自分と向き合う時間をたくさんとること、
たくさんのクラスに出て、カウンセリングの方法をマスターしたり、
仲間を作るのがいいよと言われたのです。

崖っぷちの私は「やってよう」と決断でき、
薬と縁を切ることを目標に、カウンセリングに何年か取り組みました。

素直にひたすら実行したのです。

取り組んでいるうちに、仲間もたくさんできました。
縁があって、
ロンドンで行われたメンタルヘルスの国際会議にも参加でき、
日本人以外の人たちと出会いました。

「薬で辛い」と思い悩む私は、孤独で変な人という思い込みがありましたが、
ロンドンでは集まった人がみんな同じように悩んでいるとわかりました。

なんだ、世界中の人が悩んでいたんだと思ったら、
心が急に軽くなったことを覚えています。

この会議の直後に、私は薬を必要としなくなり、
「元気だね」と言われるようになりました。

最初のきっかけは、
自分のために薦めてくれたことを
素直に実行したことです。

そこから、少しずつですが世界が広がり
問題を解決できました。

ですから、
私は自分が何かに挑戦しようと思ったときは、
師となる人をみつけ、その人の考えを聞いて
まずは素直にひたすら実行することを心がけています。

エクスマの藤村先生の書籍には、

ひとつでも参考になることがあったら、すぐにやってみてください。
やってみてダメだったら変えればいいんですから。

とあります。

頭の中だけで理解したと思っても、身についていない。
忙しいからそのうちというのも、まだ本気ではない。

少しでいいから行動してみる。
行動してみてよさそうだったら、続ける。
そして、ひたすら結果が出るまでやってみる。

この繰り返しで、自分のしたいことができるようになると思います。

=========
※向精神薬を服用することが悪いことではなく、それが生きる助けになっている人もいます。私の場合は、個人的にこれ以上薬を飲みたくないという気持ちが強かったとご理解ください。
また、向精神薬の問題に真剣に取り組んでいる人のアドバイスを聞きながら、カウンセリングも根気よく続けていたので手放せました。処方されたことには理由があるので、慎重に行動する必要があります。

12月のよかったこと、1月に達成したいこと

新年おめでとうございます。


新しい年の始まりですね。

みなさま、いかがお過ごしですか?

今年の北海道は、新年早々風が強く荒れ模様。

つかの間の晴れ間をぬって、実家のベランダにはヒヨドリが遊びに来ていました。

野鳥を見ながら、のんびり時間を過ごすのが好きです。

ヒヨドリ

さて、今月も振り返ります。


■12月のよかったこと

1. 大きな決断ができたこと

12月はいろいろな経験をしました。

大きな課題が見つかったことは、
よかったこととしてとらえます。

・事実を事実として受け止める
・誰も責めない
・許す

実践していきます。

言葉を明確にすればするほど、
共感して協力してくれる人が現れることも実感した月でした。


2. 会社案内ができたこと

12月に達成したいことリストに入れた、
会社案内が完成しました。

目標がひとつクリア!!

エクスマ塾では、自分の販促物を作ることがテーマでした。

「さっぱりわからない」と酷評いただいた会社案内を
どう変えていくか悩みました。

藤村先生を始め、みなさんのアドバイスを素直に聞いて、
実践してみました。

「私が考えている会社案内をデザインできるのは、
 橋本さんしかいないんだよね」

と、デザイナー橋本にお願いして
キャラクターも作ってもらいました。

彼女も新しいテイストに挑戦して、
苦労もしましたが、楽しかったようです。

エクスマ的に考えると、販促は楽しいです。


==============

1月に達成したいこと

1. 会社の体制づくり

同じことを同じようにしていては、
成長は望めない。

はっきり悟った12月でした。

自分の考えていること、
もっと明確にスタッフに伝えて、
社全体で実行できるように動きます。


2. 引き受けた司会・講師を全力でする

1月初めに司会を、
最後の週にセミナー講師をします。

ご指名いただいたことに感謝して、
自分のできる準備を全力でします。

当日、声がみなさまに届けることが大事なので、
発声練習と早口言葉練習は、毎朝目が覚めたらすぐにします。

表情筋トレーニングも欠かせないです。


3. マンダラ思考、数学的センスを身につける

休暇中に読むと決めた本です。

ハッピーマインドデザイン塾プレシャスに参加したときに、
参考資料としていただきました。

マンダラ手帳のセミナーに参加したとき、
認定講師の方が26回読んだと言っていて、
物事のとらえ方の良いヒントになるのではないかと思います。

会社の体制づくりのためにも、
読んでおきたいと思います。


マンダラ手帳とマンダラ思考マンダラ手帳とマンダラ思考
(2012/09/06)
不明

商品詳細を見る



昨年も読んでいた本です。
まとまった時間で、集中してウェブ解析の復習をします。


販売の科学―売りながら調べ調べながら売る (PHP文庫)販売の科学―売りながら調べ調べながら売る (PHP文庫)
(1993/07)
唐津 一

商品詳細を見る



直観はとても大事で、
自分の感覚や考えを信じて行動できたとき、ものごとはうまく進むと思います。
ですが、人に伝えるときには、自分の感覚だけでは理解してもらえません。
もっと表現を磨くために、数学的なセンスを磨こうと決めました。


こまったら、“数学的こまったら、“数学的"に考えよう。
(2013/03/21)
深沢真太郎

商品詳細を見る



個人的には、食生活を見直して体質改善に取り組みます。
できるだけ、自分で食事を作る生活にしたいです。

食事の重要性を改めて学んだ12月でした。

2013年の私的10大ニュース

2013年もあと30分ほどで終わりです。

毎年、同じような言葉を使っていますが、
時が過ぎるのははやいですね

今年もたくさんのご縁をいただきまして、ありがとうございました。
精一杯の成果をと奮闘した一年でもありました。

うまく成果に結びついたこと、
力が不足しておりご迷惑をかけたこと、
いろいろなことが起こりました。

起きたことから学びを探し、
さらにステップアップしていきたいと思います。


newsduck.jpg

2013年の私的10大ニュースです

1. エクスマ塾で学んだこと

エクスペリエンスマーケテイングの藤村先生をはじめ、
先輩の方々らみっちりと、販促について学びました。

とくに、小樽での1泊2日の研修は忘れられません。

販促とはどういうものか。

課題を通して、身体でわかったという感じです。
みんなで必死に取り組んだ時間は貴重です。


2. エクスマを取り入れた会社案内を作ったこと

今まで使っていた会社案内は、「わからない」「伝わらない」と言われ、
作り直しました。

12月から配布しています。
「おもしろい!」と言っていただけてうれしいです。

ご協力をいただいたみなさま、エクスマのみなさまには
必ずお届けいたします。
待っていてくださいね。


3. ハッピートークで会社が少しずつ変わったこと

商売の基盤となる会社内でのコミュニケーションがうまくいかないと、
すべてがうまくいかなくなる。

そう考え、4月から3か月間会社全体でハッピートークを学びました。

相手に伝わるように話すことを中心に、
学びました。

ハッピートークは実践する項目があるので、
学んだことを実践しているかどうか、
アウトプットでわかります。

行動管理がしやすくなったと思います。

口でわかったと言っても、行動が変わっていなければ
それはわかったことにならないということもわかります。


4. ハッピートーク推進者が増えたこと

社内に導入したのは私ですが、
私一人ではよさを伝え、実践に結びつけるのは大変です。

学んだ一人が、率先してハッピートーク作戦を推進してくれるので
助かっています。


5. 上級ウェブ解析士の試験に合格

体系的に学びなおすことができてよかったです。
さらにお客様のウェブに貢献できるようがんばります。


6.派遣講師でセミナーができたこと

セミナー講師に関しては、あまり営業しておらず、
ほとんどがWEBサクセスのウェブを見ていただいて、
セミナーにつながりました。

よく働いてくれたウェブです。


7. 同友会活動の幅が広がったこと

経営指針委員会のほか、広報情報委員会、女性経営者部会
白石厚別地区会と学びの場が広がりました。


8. 加盟団体戦に参加していること

ここからプライベートです。

テニスの加盟団体戦に今年から参加しています。
試合では、相手の位置と配球を考えて予測し、
考えた方向にボールを打つ。
戦略をやりきるというのは
ビジネスにもつながる考え方です。

9. 健康になったこと

極度の貧血でしたが、治療の結果正常に戻りました。
階段で息切れしないのがよいです。

食事と睡眠に気をつけています。


10. 将来を考える仲間ができたこと

目標がきちんと実行できたかどうか、
チェックしあう仲間がいるのは心強いです。


2013年の出会いに感謝しつつ、
いったん眠りにつきます。

みなさま、よいお年をお迎えください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。