スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉石混交のWeb業界で思ったこと

「Web業界は参入障壁が低いし、ホームページは誰でも習えばある程度のものはできるから、
当然、競争も激しいな」

「いまは、Webに注目されているから、いろんなWeb会社があっても、
 仕事があるけれど、この状況は何年もつのだろう」

最近、WEBサクセスは、何で差別化をしていくのかともんもんと考えていました。

というより、自分の存在意義を考えていたと言ってもよいかな。

デザイナーやHTMLコーダーではなく、
企画・進行管理、文章執筆、Web集客コンサルという仕事は、あってもなくてもいいような
そんな気さえしてしまうこともあるのです。
(ちょっと弱気なときですね)


誰でもできるものならば、とくにお金を払う必要はない。

それでは、私たちは何でお金をいただけばよいのか。

いろいろ考えて思ったのは、

やっぱりそのことが上手だからお金をいただけるんだということ。

たとえば、オムレツは作り方さえ習えば、誰でも作れます。

卵を買ってきて、レシピどおりに作れば、オムレツは出来あがります。

でも、お料理のプロ、オムレツに特化したプロもいらっしゃいます。

レストランに行って、でも私は自分がオムレツを作るから、ここでオムレツは食べないと思いません。

おいしそうなオムレツの料理があったら、そこでお金を払ってオムレツを食べるでしょう。

そこには、「私よりも絶対においしいオムレツだ」と信じているし、

ゆっくりとした時間を過ごせるという雰囲気も大事です。

オムレツをメニューに入れているレストランはたくさんあって、

でも、ここのオムレツを食べてみたいと、選ばれるレストラン、またはシェフがいる。

これは、きっとお金を出してもいいと思う「価値」があると認められているからだと思います。

こう考えると、私も私がする仕事に対して、その対価を払ってもよいと思っていただける、

そんな「価値」のある仕事をすればいいんだと、元気が出てきました。


「誰でも、気づいたらできることだけれど、

 あの人の視点はちょっと違うし、効果があるよね。」

そんな企画、コンサルができるように、技術を磨くことが自分の道ですね。


=========
ところで、何でオムレツなのかと言いますと、、、

高校の家庭科の先生は、オムレツ作りに力を入れていて、

オムレツだけは個人別のテストがあったのです。

テストのために、家の冷蔵庫にあった卵を全部使って、

オムレツをひたすら焼いて、母にあきれられた経験があります。

だから、料理というとオムレツがすぐに思い浮かぶのです。
スポンサーサイト

決断するだけでは、何も変わらない

夏の休暇の最終日は、浦臼町にある実家で過ごしていました。

札幌に戻ろうと思っていた今朝の天候は大雨

激しい雨と風の音で目を覚まし、果たして今日中に札幌に戻れるだろうかと心配しましたが、

お昼にはすっかり天気になりました。

JR北海道

昨年の夏休みは大雨で止まってしまったJR。
今年は定刻で走っていました!

さて、私は明日から出社。明日から、後半戦が本格的に始まります。

Web集客のコンサルティングをしていてつくづく思うことは、スピードと大量行動が必要だということです。

Webで集客したい

本気で思ったら、ホームページを開設して、すぐにブログを書いて、ソーシャルメディアも利用してください。
ここからすべてが始まります。

これだけじゃなくて、何かインパクトのあるものがほしいと思っても、そうそうヒットするメディアはいまはないと思います。たとえ、マスメディアで一瞬目立っても、注目を集め続けるには、定期的な情報発信が必要になります。
この会社いいなとマスメディアで思ったら、インターネットで調べるのが当たり前になってきています。読者が検索したとき、魅力的な情報があったときしたら、そこでファンになってもらえる確率は高いと思います。

ホームページ、ブログ、ソーシャルメディアは、商売をするための大事な道具です。

幸い、ブログやソーシャルメディアは始めるのも簡単です。
よし!やろうと決めたなら、効果のあるキーワードはなんだとか、どんな効果があるとか、やる前から悩むのではなく、とにかくやってみてください。

効果測定ができるのが、インターネットのメリット。何人きて、どんなキーワードで検索されていてと結果がわかるので、行動しながら、修正ができます。

ホームページで成功している会社は何社もあるのですから、成功はできるのです。
成功しているか、結果が出ていないのか、大きな違いは行動しているかどうかだと思います。

さて、私もブログの更新頻度をあげるようにしなきゃ!

必要なものだけ持って、シンプルになろう

お盆休みの1日を返上して、作業現場のレイアウト変更を行いました。

今回は思い切って、机や本棚を大幅に移動。

書類を一か所に集めて管理するようにして、

個人の机を始め、作業現場はできるだけすっきりするように計画しました。


家具類を思うように動かすためには、

使用していないもの = ゴミを先に出してしまおうということになり、

1週間前から不用品の整理。

使わなくなったパソコン、ディスプレイ、ソフトウェア、

それに、紙類のがこれでもかーと出てきました。

これを、廃品回収業者さんに引き取っていただいて、

ゴミがなくなったね~というのもつかの間。

本日のレイアウト変更で、またまたゴミが出てきました

スタッフの一人は、

保有していた書類の95%はゴミ。
ほとんどいらないものだったとわかってびっくり


と話してくれました。


新しいことを始めるときは、

今まで使っていた何かの時間を削減しなければなりません。

今回の整理整頓で、書類を探すという時間が少なくなればいいなと思っています。

大量のごみとともに、ほこりなども一掃したオフィス。

持ち物はできるだけ少なく、

管理するものも複雑ではなくシンプルに。


デトックスしたと思って、

2012年の後半のスタートも気持ち良くできそうです!!


社会に必要とされ、社会に貢献できる企業であり続けたい

過ごしやすい日が続いている札幌です。

出勤時にはとんぼが飛んでいて、もうすぐ秋がやってくるなぁと感じています。


中小企業家同友会の経営指針研究会の勉強も折り返し地点になり、

経営理念や中期計画などを社員に発表しました。

ITやWebは時代の中から生まれた新しい仕事。

ですので、今までは社会から必要とされてきた業界と言えます。

他業界は軒並み右肩下がりで業績が落ちていくなか、

それほど変動がなかった業界でもあります。

この追い風の中で、勘違いしていけないのは、

業界として必要とされても、会社として市場に必要とされるのは別だということです。

Webを作りたいと思っている企業様はたくさんあると思いますが、

WEBサクセスにWebを頼みたいという企業様はいったいどのくらいいらっしゃるのか。

私たちは、私たちと一緒に仕事をしてみたいと思っていただけるよう、

常に精進しなければなりません。


もうひとつ、勘違いしていけないと思うのは、

ITスキルやWebに精通している企業様は、私たちを必要としないということ。

私たちがITやWebのプロであり、お役に立てる存在であると認められたとき、

発注していただけるのです。

ですから、技術の話もお客様の立場で話せるようにならないといけません。

これは、私もまだまだ精進が必要です。

いくらパソコンでコミュニケーションしようと、
人間らしい細やかな配慮を忘れては、仕事は成り立たないと思うのです。

私がなぜ、このように思っているかというと、

私が最初に勤務した会社は、ソフトウェア開発会社でした。

新人時代、リリースした製品が好調で、日本でNo.1という地位も瞬間的に獲得しました。

社員はみんな若く活気があり、新しいことに取り組めるので楽しい職場でもありました。

でも、新しくて楽しいだけでは長く続かない。

結局、その会社はなくなり、社会に存在していません。

「あの会社はベンチャーで楽しかったと思うけれど、

結局、社会に必要とされなくなったし、必要とされる努力がなかった」

このような話を聞いたとき、ずきっと胸が痛くなりました。

時流にのっている業界でも、必要とされない企業は残らない。


逆風にさらされている業界でも、必要とされる企業は残っている。

一緒に仕事をしてよかったな、また仕事をしたいなと思っていただける企業を目指して、

日々業務にあたりたいと思います。

Theme: 企業経営 | Genre: ビジネス
Category: 会社経営

情報を届けたい人に届けるには

こんにちは! WEBサクセスの白藤です。

7月31日は、久しぶりに派遣でセミナー講師をしました!

今回はのセミナーは、
社会福祉協議会様の「平成24年度全道社協職員研究協議会」の講義の1コマでした。

どうしたら、わかりやすいホームページになるのか

これがテーマです。

私は、わかりやすくて、使いやすいホームページにするためには、

読者を意識する必要があると思います。

読者を意識するとは何か。

それは、どんな人に、どんな情報を届けたいのか分析して、

その情報をわかりやすく分類して、文章にするということだと思います。

お客様にお役立ちのサービスや商品は、

トップページから、お金を払うメリットを教えてあげることが大事です。

自社都合で情報分類しているか、お客様の目線で情報分類をしているかは、

同じテーマのホームページをたくさんみることでわかってきます。

参考になるホームページをどんどん見て研究しましょう。

みなさんの会社や団体でホームページを作るときに、

「読者」を意識していますか?

=====
当日は10時30分からのセミナーだったのですが、

余裕があるならば、その前の社協職員の実践発表に来てくださいということでした。

興味があったので、参加させていただいたら、、、

小野市社会福祉協議会様の「ウィングレッド」のお話を聞けました。

社協の活動をPRしたいという想いから、誕生したキャラクターだそうです。

http://www.ono-shakyo.or.jp/wingredtoha.htm



会場はウィングレッドで盛り上がりました~
あとに続く講師としては、やりにくいかも (^^ゞ

セミナー

今回のセミナーで実践したワークのひとつです。

自分事情で情報を分類せず、読者事情で情報を分類するためには、
利用者の声や悩みなどを集めてみるとよいですよ。

どうしたら、わかりやすくなるのか、そこに答えがあると思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。