スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚悟を決めてことにあたると、周囲は変わる

女性経営者にとって、男性の同僚、幹部、社員との関係を築くのは
難しいときがあると思います。

なぜなら、この世の中、まだまだ男性優位であることには間違いなく、
男性の目線で社会が動いているので、女性というだけで二番手と
意識的、または無意識にみなされることがあるからです。

※これは、男性がそう思うと同時に、女性もそのように受け取っているから、
 そういう社会通念になります。
 どちらかが同意していなければ、そういう社会にならないと思います。

私は女性経営者のはしくれとして、
男性社員とよい関係を築くにはどうしたらよいのかと
常々考えています。

本日は、その答えのヒントとなるお話を、女性経営者の方から伺うことができました。

それは、同友会の経営指針実践研究会で、
そうした男性優位の社会の中で、女性経営者として会社経営に携わってきた、
株式会社井上技研 専務取締役 犬嶋由香里さんのお話です。

犬嶋専務は、建設業の中で
女性初」に
なることが多かったそうです。

ですから、ご苦労も多く、いろいろ闘ってきたことに感動しました。

いろいろな女性の先輩たちが、ご自分たちのいたい場所であきらめずに戦ってきたことは、
いまの私たちの働く環境につながっていると思います。
そして、同性のモデルがいらっしゃるということは、
私もできるのではないかという、すごい勇気を与えてくれると思っています。

私は、犬嶋専務のお話のあと、

「男性の社員との関係の中で、どのように経営されてきたのか」という質問をさせていただきました。

その答えは、

「やるんだと覚悟する」「一生懸命やる」

このふたつ。

そうすると、社員はちゃんと見ている。

本気度が伝わると、周囲も変わってきたそうです。

「やる気」「根気」「元気」は大切です。


こう話す犬嶋さんは、とてもかっこよかったです

覚悟を決めてことにあたると、周囲は変わってくるのだなと思いました。

そして、道を切り拓いてきた女性の先輩の方々には、
とても感謝をしています。
先輩の苦労があったからこそ、私たちはその道を風当りが少なく歩けている
ことは確かですから。

でも、だからと言って、女性がよくて、男性が悪いとも
思っていないのですよ。
男女差があることは認識しつつ、
でも、対等にお互いに協力していくのが理想です。
スポンサーサイト
Theme: 企業経営 | Genre: ビジネス

津田先生の想いを胸に

札幌も30度を超え、暑いです!

コンサルタントの藤村正宏先生のブログを読むのを日課にしている私。

最近の記事に、津田塾大学の創設者 津田梅子の言葉が掲載されていました。

何かを始めることは優しいが それを継続することは難しい
成功させることはなお難しい    津田梅子


この言葉に共感します。

燃えるような気持ちを持ち、自分を励まして、
信じた道を歩くこと。

これが人生にとって大事なのだと思います。

この日の藤村先生の記事にもありますが、
インターネットの世界は、続けていないと機会損失になってしまいます。

続けることが難しいからこそ、
続けていくことが差別化の第一歩かなと思うのです。

それは、成功が目の前に見えないから苦しいのですが、
あきらめたら、成功はできないですね。


実は私、津田塾大学の出身で、大学時代は構内にある寮に住んでいました。

津田梅子先生のお墓は、大学の中にあるので、たまに訪ねてみたりしていました。
なつかしく思いだしました。

大学にいた頃に夢見た職業とは、まったく別のことをしていますが、
継続して、成功させるために、がんばります!!

お金のない中小企業は、コツコツ主義で圧倒的になる

私のテニスのスタイルは、「しつこく拾う」タイプ。

技術や体格では負けても、根性では負けない

言ってみれば、しつこい、いやなヤツなのでございます。

ですが、コツコツと拾いまくっても、

決定打を持っていないと、ただボールをつないでいるだけになってしまい、

結局、強打されてしまうという結果になるのですね

だけれども、つないでつないでじわじわと相手を追い詰めて、

コートの外に出すような状況を作っておくと、

相手を吹き飛ばすような勢いのボールを打てなくても、

決めのボールを打ち込むことができます。


なぜ、このような話をしているかと言いますと、

インターネットを使った販促も同じではないかと思うからです。

私のイメージでは、

注目を集められるマスコミ系の広報を「決定打」、

地道に情報を更新していくのがとにかくボールを拾いまくる

感じです。

経費をかけずに、PRをしたいと思ったら、

とにかく情報を積み上げていく。

自分の業界で検索されているキーワードなら、

どんな検索のされ方でも、必ず自社のホームページやブログなどが

上位にくるのが理想です。

このときも、お金を払ってSEO対策サービスを利用すれば、

いっきに上位にいくこともできます。

ですが、競争が激化しているキーワードでない限り、

自力でがんばります。

※ 経費はかけずに、時間をかける。
  とくに経営者ならば、寝る時間を削ってでも更新する意気込みです。


このような理想的な状況を作ってから、

お客様が見ている媒体に、ばーんと広告を打つなどしてみると、

圧倒的になれると思うのですね。

いまは、興味を持ったら必ず検索される時代ですから。

そのときに、情報が十分にあることが、お客様をホームページで説得し、

行動を起こしてもらうことにつながるのです。

これが逆だと、目立ったはいいけれど、検索してもヒットしないとか、

検索されたけど、情報が不十分でお客様が行動を起こせないという結果になりかねません。

これでは、かけた費用がもったいないと思うのです。


検索エンジンの上位にくるまで待ってられないという場合でも、

出来る限り情報をホームページなどに掲載しておいてから、

広告から誘導するということが大事だと思うのです。


「情報発信をする。それも継続的に、大量に」

これが、インターネットにおいては、キーワードだと私は思っています。


会社をよくする提案募集中!

「ブログの威力」をテーマに記事を書いたというのに、

自分ができていないことを反省中の白藤です

さて、6月・7月は社内の改革に取り組み、新しいことへの挑戦の連続でした。

たくさんの方々のサポートを得ながら、ひとつずつ問題を解決している最中です。

その中で、すごくいいヒントをいただきました!!

それは。。。

会社をよくする提案」を、毎週金曜日にしてもらうこと。

「みんなで、よくしていこう」という心が育てばよいなと思っています。

そして、本当に「よくする」ことを考えることに時間を使ったら、

よくなっていく方向に進むに決まっていますね 


取り組みを始めたばかりなので、

いまは、内的な傾向があったり、コミュニケーションに課題がある幹部に考えてもらっています。

自分から何かを考えてみんなに伝えるということを練習する意味もありますし、

これでいいんだと留まらない練習です。

・ いまは利用していないプリンタを処分して、用紙置き場を作る

・ 「あいさつ」をもう一度見直して、サービス業になるべく取り組みをする

このように提案が出てきました。

どちらも、週が明けたらすぐに実行したいことです。

サービス業になるべく取り組みは、時間がかかりそうですが、

考えるようになったというだけでも、大きな進歩だと思います。

会社からの強制ではなく、

みんながよくなることを楽しみながら、いろいろなアイディアを出せるようになったらいいな。

私は未来をそのようにイメージして、目の前の問題を解決していきます。


Category: 会社経営

気づいている人は少ない? ブログの威力

ブログのよさは、記事の更新が比較的簡単で、

どんどん、情報を発信でき、

どんどん、過去の記事が積みあがっていくことです。

過去の記事が積みあがっていく

ということは、更新されてページが増えているということです。

検索エンジンでは、

更新されてページ内リンクが増えているWebサイトは、高く評価されるので

ブログを書き続けるということは、
Web集客において、とても重要な戦術になります。

テーマを絞って、検索されたいキーワードを盛り込み、
常に更新されているブログは、企業にとって貴重な資産であると私は思いました。

なぜならは、こればかりは競合する企業は、簡単にまねできません。

仮に5年間、毎日ブログを書いたとしたら、1日1ページずつ新しいページが増え、
5年間で1825ページあるサイトになります。

新規参入する企業が、1825ページあるサイトを一気に作ることはかなり難しいでしょう。

また、一気に1825ページを作るより、
こつこつと増やしていった1825ページのほうが、
インターネットでの浸透の度合いが違います。

Webで成功されている企業様と立て続けに話をして、

改めて、ブログの威力のすごさを感じたのでした。

5年以上書き溜めたブログを見たときは、正直震えました。
これは、後発の会社は苦戦するだろうなと。

ブログは使えば使うほど、価値が高まる資産なのですね。

素直に学ぶ心

いくつになっても、どんな立場になっても、

素直に学ぶ心は必要だと思います。

時間はどんどん流れ、常に社会は変化しています。

ひとつの成功が、次の成功を確約するものではありません。

学ぶ心がなければ、そこで成長がとまり、停滞していくだけです。

とくに、黙っていても日々成長していく小さな子どもたちとは異なり、

大人は黙っていては成長しません。

衰えるだけです。

だから、なおさら素直な心をもって、

学び続けることが必要だと思うのです。

そして、素直な心で学び続けられる人こそ、

誇り高く、自分に自信をもっている大人なのではないか。

私はそう思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。