スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中小企業のホームページも人間力!

中小企業の最大の武器は人間力だと思います。
頑張りましょう。


先日、facebookに書いた記事に対して、いただいたコメントです。

そうだなぁと、つくづく思うのです。

「この人いいな!」とか、「この人になら、頼んでもいいかな」と、

何かでほかの人を惹きつける力がないと、

たとえ何回お会いしたとしても、

仕事を発注しようという気持ちになっていただけないと思います。


話は変わりますが、

私は中小企業のホームページも、「人間力」が必要なのではないかなと思っています。

企業名を聞いたら、「あっ、あの会社だ!」、「あの商品だ!」とわかってもらえる大企業と違い、

「で、何の会社なの?」となりがちな中小企業です。


技術や品質で大企業に劣っているかといえばそうではなく、

大企業の製品の下支えをするすぐれた技術をもっている中小企業も多い。

それに、会社の看板で仕事ができない分、

さまざまな工夫をして、何とか知名度を上げようと努力しているのではないでしょうか。


ホームページでも、このような雰囲気がでるといいなと思うのです。

みんなでがんばっているよ!

こんな取り組みをして新しいことに挑戦しているよ!

この部分はNo.1だよ!

こんなお困りごとは、うちの会社に任せてよ!

客観的なデータを見せつつ、さわやかに訴えることができたら、

魅力的なホームページになると思っています。


では、どうやってそのホームページを作るのか。

まずは、

徹底的に「強み・弱み」を洗い出し、

次に、

誰にそれを訴えていくのか考え、

最後に

その人たちが魅力的に思えるようなことは何かを探る

ことかなと思います。

段取りを文章にすると簡単ですが、

どの過程でも、「これだ!」とひらめくものができるまで、

あれこれ悩むことになります。

私もできる限り、

ホームページを作りたいとお声掛けいただいたお客様の業界を知り、

あれこれ調べたり、聞いたり、悩んだりしながら、

より魅力的なホームページになるように、制作を進めていきたいと思っています。
スポンサーサイト

トリプルメディアマーケティング

インターネットの環境が整い、
Facebookやmixiなどのソーシャルメディアが一般的なった今、

情報があふれすぎていて、届けたい人に自分たちの情報を
届けるのがますます難しくなってきました。

そんな中で、トリプルメディアマーケティングという
考え方が出てきました。

  1. 従来の広告宣伝手法の「マスメディア」

  2. 自社ホームページ・ブログなどの「自社メディア」

  3. facebookやmixi、Pinterestなどの「ソーシャルメディア」


この3つを組み合わせて、マーケティング(集客)するという考え方です。

トリプルメディアマーケティング ソーシャルメディア、自社メディア、広告の連携戦略トリプルメディアマーケティング ソーシャルメディア、自社メディア、広告の連携戦略
(2010/06/25)
横山 隆治

商品詳細を見る


この本、インターネットを中心に集客したい方におススメです!

3つのメディアには、それぞれ特性がありますから、
その特性にあわせて、うまく情報を発信していくことが必要だと思います。

広告や宣伝にあまりお金をかけられない中小企業は、
特性をよく研究して、効率的に情報発信をしたいですね。

たとえば、ホームページはイメージ広告的な作り方をするよりも、
何を訴えたいのかストレートに表現したほうがよいと思います。

なぜなら、ホームページを探すときは、だいたい解決しなければならない
問題があるときだからです。

・車が壊れた。どうしよう。
・引越屋さんはないかな。
・トイレの水が止まらない!
・ホームページで効果を上げるにはどうしたらいいんだろう。

こういうときに、検索エンジンを使っていい会社がないか
探すと思います。

探し物、お困りごとに対する情報を提供するような
ホームページの作り方をすると、選ばれやすくなると思います。

でも、ホームページは新しい概念、新しい製品を広報することは苦手です。
誰でも知らないことは、検索できないですから。

一生懸命にホームページを更新しても、
調べてくれる人がいなければ、効果がでないということになります。

ですから、人に調べてもらえるような、情報の伝え方をする必要があります。

情報を広く届けることは、マスメディアが得意です。
新聞の広告を偶然みて、何かを買おうかなということありませんか?

ソーシャルメディアは、交流の場です。
お客様ひとりひとりと、自社のスタッフが交流して関係作りができます。

私は、マスメディアやソーシャルメディアで潜在顧客を見つけ、
自社メディアであるホームページにきてもらって、
商談をするというイメージで、導線を作るとよいと思っています。

ホームページに最終的に人を集めるわけですから、
それだけ力を入れて作る価値はあります。

私たちは、
それだけ価値のあるホームページを提案する立場にいるのですから、
経営、マーケティング、ホームページ技術などなど、
いろいろな引き出しをもって、進化し続けたいと思っています。

無視が恐ろしい

健康こそが美しい女性経営者の秘訣

3月の女性経営者部会の例会のテーマでした。

講師は、陶師診療院の陶先生です。

印象に残ったお話は、「無視が一番恐ろしい」ということ。

美しくなりたかったら、自分がいいなと思う人の写真を貼ったりして、
毎日、見ているといいそうです。

また、二の腕など細くしたかったら、毎日触っているといいとか。

身体も無視しないで、触る、ケアすることで、よくなっていくそうです。


このようなお話のなかで、人間も無視されるのが一番だめになっていくと聞きました。

怒ってもいいから、人とは関わっていることが大事だそうです。


身体も人間関係も、基本は興味をもって関わるということなのだなと思いました。


「無視」が人間に及ぼす影響をちょっと調べたら、興味深いブログがありました。

コミュニケーションで… 人は死ぬ

コミュニケーションにおいて、最悪なのが無視という行為。
人間は本質的に他人との交流を通して成長します。


第5回 “褒め上手は、人間上手”
http://www.iec.co.jp/landm/0611.html


お互いに関わりあえる関係を、社内でも築きたいと思います。
Category: 会社経営

変えられるもの、変えられないもの

本日の最高気温は、マイナス2度。

冬に逆戻りした感じの札幌です。

でも、陽射しは明るくて、春がやってくるのを感じています。

さて、最近感じることは、社会の状況は確実に変わってきているということ。

お客様のところでも、業務の内容が変わるとか、

今後は売上が見込めないから、新しい事業に今のうちから挑戦するとか

よく聞きます。

私が参加させていただいている団体でも、

世代交代が進んでいるように思います。


周囲が変わるということは、自分たちも変化を求められている時なのでは。

そのように思っています。


積極的に変えたいこと、変わらざるを得ないこと、変えたくないもの。

いろいろあります。

また、変えられないものもある。

自分たちの会社の中をしっかり見つめ、

社会の状況に耳を澄ませながら、

柔軟に社会に対応していきたいと思います。

facebookページの表示が、タイムラインに切り替わります!

それは、2月28日の深夜~29日明け方にかけての出来事。

facebook社が、facebookページのタイムライン化を発表し、

日本のWeb業界でも、仕様変更についての話題が多数取り上げられていました。


で、facebookページがタイムライン化したらどうなるの??

表示は、こんな感じになります ↓↓↓

facebookのfacebookページ

※ facebook社のfacebookページです。


「Facebook Pages Mission control for your business on Facebook」を読むと、

facebookページは、人々との関係を構築するための最も重要な場所であると定義されています。

facebook上で、会社・サービスがどういうものなのか、独自のストーリー(物語)を語る場所が
facebookページなのですね。

原文は、こちらです
↓↓↓

http://ads.ak.facebook.com/ads/FacebookAds/Pages_Product_Guide_022812.pdf


この資料をもとにして、タイムラインのfacebookページを始める手順をまとめてみました。

※ 日本語訳と、文章の追加は白藤です。
正確でなかったら、ごめんなさい。


1. カバー写真をアップロードします。

   カバー写真のサイズは、851×315ピクセルです。
   カバー写真を作るときの注意事項は、下に記載します。

2. プロフィール写真は、ブランド化されている品質の高いものを使用します。

   180×180ピクセルの高品質の写真を使用します。
   サムネイルは32×32ピクセルです。

   プロフィール写真は、
   facebook上であなたのビジネスや組織がすぐにわかるような
   ニュースフィードのストーリー、広告、特徴的なストーリー
   を表わすものを使用します。

**意味はなんとなくわかるのですが、日本語ではなかなかいい文章が思い浮かびません。また、考えます。m(__)m**


facebookページ タイムライン スターバックス01

※スターバックスさんのfacebookページです。
https://www.facebook.com/Starbucks


3. 毎週、記事を固定しましょう。

  毎週、重要な情報をページの上部に固定しましょう。
  その記事は、7日間まで上部に固定されています。

  ※新しい記事を投稿しても、下に流れません。

facebookページ タイムライン スターバックス02

※固定されている記事には、マークが付いています。


■操作方法

固定したい記事の右上に表示されている鉛筆マークを、クリックします。
次に、表示されたメニューから[トップに固定]を選択します。

トップに固定01

固定されました!

トップに固定02

解除したいときは、同様に鉛筆マークをクリックして、表示されたメニューらか[トップ固定を解除]を選択します。


4. [ビューとアプリ]を調整します。


  [ビューとアプリ]は、ページに4つまで表示できます。
  一番左は[写真]で固定されているので、ほかの3つを選択します。

ビューとアプリ

  [ビューとアプリ]は、最大12個選択できます。


5. 毎日記事を投稿しましょう


  ページのトップに記事を固定できますが、
  読者と交流するために毎日記事を投稿し続けましょう。

6. 管理者パネルで、facebookページの管理をしましょう。

  管理者パネルを使って、ページ内の状況を確認し、
  新しい動きを記録し、読者からのメッセージに返信します。


=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

*カバー写真に掲載してはいけないこと:

A.

「40%オフ」「ホームページからダウンロードしてください」など、
価格や購入の方法を記載すること

B.

ホームページ、電子メールアドレスなどの情報や、
基本データに記載しておくべき情報を、カバー写真に掲載すること


C.

「いいね」「シェア」などのfacebook特徴や行動を記載したり、
カバー写真から「いいね」などに矢印で指すこと

D.

「今すぐ手に入れよう」「友達に伝える」など、行動を促すこと

カバーには、虚偽、欺瞞的、あるいは誤解を招くような情報を記載したり、
第三者の知的財産権を侵害する情報を掲載してはいけません。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*  

   

少しずつ改良し続けるホームページは強い ~ Web活用塾第4回目

日は長くなり、春を感じるこの頃。

でも、今朝の気温はマイナス8度。やっぱり寒いです

さて、2月28日は16期WEB活用塾の最終日でした。

最終回は、「ひとりでできるSEO対策、ネット広告」が、主なテーマです。

16期の特徴は、これからホームページを作るという方に集まっていただいたこと。

ですので、SEO対策の前に、ホームページをどう告知していくか、

その方法についても話をさせていただきました。

ご参加いただくみなさまのご要望に応じて、

勉強する内容をその回ごとに決めることができるのも、

少人数制のWeb活用塾のよいところだと思っています!



そして、もうひとつ特徴は、

今回は生徒さんもスタッフも、全員女性ということ。

※ お申込みいただいた当初は、男性の方もいらっしゃいましたが、
  多忙になったということで、6月に振り替えていただくことになりました。

活用塾も女子会の雰囲気で進みました。

おやつつき

今回もシュークリームのおやつが。。。
生徒さんに差し入れていただきました。

ありがとうございます

みなさん真剣です

アクセス解析について勉強しているところです。

想定したキーワードで検索されているか、
アクセス解析結果で確認してみましょう!!

SEO対策といっても、特別素晴らしいテクニックがあるわけではなく、

地道に

・ホームページを更新する

・検索されたいキーワードを含んだ文章を増やす

・ブログやソーシャルメディアを利用して、リンクを張る

・外部リンクを増やす

など、していきます。

少しずつでも改良し続けて順位を上げたホームページは、

検索エンジン側での改訂があった場合も、順位がさがりにくいと言われています。

まずは、ホームページに掲載する文章を徹底的に考えるとよいですよ。

また、ホームページで使う言語であるHTMLの書き方も影響します。

とくに、Titleタグに入れる言葉が大事です!!

また、ページごとにふさわしいタイトルを付ける必要がありますので、

ホームページの全ページで同じタイトルが入っていることは避けましょう。

ホームページ制作会社に外注している場合は、

Titleタグに何が設定されているか確認してもらい、

最適化してくださいね。


Web活用塾に参加されたみなさま、1か月間ありがとうございました 

ここで、まとめをテキストから少し抜粋します。

(1)文章は、

  自分ストーリー
  お客様ストーリー

の視点から、信頼・共感を得ることを念頭に置いて執筆するる


(2)目先の売り上げを刈り取るWeb、広告。

長期的な信頼を得るソーシャルメディア。

目標を間違えずに、発信する。


(3)発信した情報を届かせるためのSEO。

キーワード選定も、経営戦略・戦術に則る。

細かい作業と配慮が実を結びます。


第17期のWeb活用塾は、6月を予定しています!
詳しいスケジュールやカリキュラムが決定次第、ご案内します。

さっぽろの街並みも大切にしたい

東京の湯島で、地域活性化プロジェクト「湯島本郷百景」をされている
株式会社TONEGAWA 利根川社長にお会いしたのは、2010年のこと。

「業態変革への挑戦100選」という本を制作したときのこと。
業態変革に取り組んでいる企業様の事例として、
利根川印刷株式会社様(現 株式会社TONEGAWA)が推薦されていらっしゃいました。

利根川社長の取り組みは、本を作っているときから興味があり、
札幌でご一緒に業態変革のセミナーを担当させていただいたときに、
地域が元気になるプロジェクトだから、やってみたいと思ったのです。

http://websuccess.blog98.fc2.com/blog-entry-667.html


そのときはまだ、湯島本郷での取り組みでしたが、
その後、「マーチング委員会」が立ち上がり、日本各地に広がりました。

●マーチング委員会
https://www.facebook.com/machijiman

北海道でもこの取り組みをしたい!
この想いを実現できる見通しがたってきました

「さっぽろ百景」と名付けたこのプロジェクトは、
株式会社アイム 山谷社長と、正文舎 岸と一緒に進めています。

山谷社長が 「さっぽろ街かどの思い出」という画集を見つけてくださり、
この作家さんにコンタクトをとってくださいました。

やさしい水彩画と、文章がマッチしていて、素敵な本です。

さっぽろの街2

さっぽろの街

自分たちが住んでいる街のことを改めて考える機会を作りたい、
この画集の原画展を開いてみたいと思い、
どうしたら実現するかいろいろ考えている最中です!

ささやかですが、さっぽろ百景のfacebookページもあります!

https://www.facebook.com/sapporo.100kei

さっぽろ百景



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。