スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小樽プロジェクト その2

facebookページ「いつまでも、小樽に有り続けてほしい家・店がある」を

運営している川嶋さんにお会いできる!

そう連絡を受けて、2月23日に小樽に行ってきました。

川嶋さんは、小樽の街を歩きながら、残ってほしいと思う家を撮影し続けている方です。

昨年小樽に戻られてから、小樽にある古い家やお店を撮影し続けていらっしゃいます。

その場所が壊されて、更地になっていることも多いとか。


いくら良い家でも、いろいろな事情で住む人がいなくなってしまうと、

壊されてしまいます。それは仕方がないことかもしれません。


でも、もし住みたい人がいて、その家の手入れができて、

長く残すことができたら、素晴らしいことだと思うのです。

小樽の素敵な街並みも、一件一件の家が組み合わさって作られています。

その景観を守るということは、地域社会の課題なのだろうなと思います。

川嶋さんと打ち合わせ

木曜日は定休日が多くて、ファミリーレストランでの打ち合わせとなりました。

川嶋さんのお話を聞く、中野さんです。

川嶋さんが運営されている、facebookページはこちらです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●いつまでも、小樽に有り続けてほしい家・店がある
https://www.facebook.com/nokoshitaiiemise

川嶋さんが撮影された家を一軒案内していただきました。

川嶋さんが見つけた「残したい家」

通りからみた感じはこんな感じです。

川嶋さんが見つけた「残したい家」

川嶋さんのお話を受けて、今後プロジェクトをどう進めようか、

スタッフで打ち合わせをしました。

マンジャーレ


お昼はマンジャーレで、お魚ランチ。

その後、別のルートでいただいた情報をもとに、空いている家を見にいきました。

どうしたら、売りたい人と住みたい人を結び付けられるか、

どうしたら、古い家を再生して暖かく住める家にできるのか、

課題をひとつずつ解決していくために、動いています!!


こちらは、日本酒「北の誉」の醸造元、旧野口邸です。

北の誉

大正11年に建築されたそうです。
スポンサーサイト

ソーシャルメディアの大研究 ~ Web活用塾第三講

一週間が過ぎるのはあっと言うまで、

すぐにWeb活用塾の日がやってくる。

そんな感じがする2月です。

さて、Web活用塾の第3講のテーマは

ソーシャルメディアブランディング

ソーシャルメディアマーケティングの本質を理解し、
自社のブランディングツールとして活用するための方策を学びます。


Web活用塾 第三講

準備が完了した直後のセミナールーム。

第16期はお休みの方がいて、現在「女子会」となっています。

先日、生徒さんからバレンタインデーのチョコをいただいたので、
今回は、蝦名がおやつを用意しておりました。

さて、本番です。

ソーシャルメディアとは何ぞや?

というところから始まり、本質をご理解いただいたあとは、事例研究です。

Web活用塾 第三講

WEBサクセス & 札幌・Web活用塾のfacebookページ
見ているところです。

https://www.facebook.com/websuccess.jp


弊社の事例ではないのですが、

土屋鞄製作所様のfacebookページは、とても素晴らしく参考になります。

人が見えるのはいいですね

という話になりました。

https://www.facebook.com/tsuchiyakaban

土屋鞄様のfacebookページには、職人さんの写真もたくさん掲載されています。

その中に、職人さんの仕事中の真剣な写真と、普段の笑顔の写真が掲載されていました。

で、話題が脱線しまして、、、

蝦名 & 白藤の、営業モードと社内業務モードの写真を

掲載してみてはどうかということになりました。

ふたりとも、落差ありすぎ??? 

事例研究のあとは、「ツールの使い分け」「設計」などの話をして、終わりました。

===
Web活用塾では、facebookの活用法BOTの格言を紹介しています。

facebookってどうも、わからないなぁというときは、こちらも読んでいただけるといいかなと思います。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=208473795839606&set=a.138899859463667.18169.138724902814496

私は、19番の「派手なテクニックよりも、『凡事徹底』」が好きです。


Category: 未分類

ホームページは文章が命

しばれる日が続く札幌です。
※ (とても寒い日が続く)

でも、日は確実に長くなり、お日さまも明るくなってきて、
確実に、春はそこまで来ていると感じられる今日この頃です。

さて、Web活用塾の二回目は、「ワークショップ」形式で
文章表現術を学びます。

インターネットの世界は、文章の世界と言ってもよいと思います。

自社のことも、サービスや商品も基本は文章で説明します。

もちろん、イラストや写真も重要な伝達要素ですが、
肝心なことは、言葉にしないと伝わらないと思います。

ですから、Web活用塾では2時間たっぷりと、自分と自社を表現するための

文章を書く時間を取ります。

自社の強みが見込み顧客に伝わらなければ、意味がないですよね。

活用塾蝦名先生

Web活用塾、2日目の講師も蝦名が担当しました。

この回は、演習課題が12個あって、それぞれに文章を書いていただきます。

とくに、SWOT分析、ポジショニングマップ、

自社の商品やサービスの付加価値、ストーリーを文章化することに時間をかけます。

今回はご欠席の方もいらして、人数が少なかったので、

生徒さんに文章を発表していただき、

重要な点をホワイトボードに書き出してみました。

活用塾 文章ワークショップ

そうして、みんなで話を聞いて思ったことを聞き、

こういったところを強みとして表現したらいいのではないかという討論をしました。

講師を担当しないときは、私はみなさんと一緒に課題に取り組みます。

毎回、自分の会社のサービスや強みを考えるよい機会になっています。

今回も、ホームページに取り入れたいことが思い浮かび、

テキストにメモしました。

自分自身の強み・弱み、自社の強み・弱みは定期的に見直して、

文章にしてみると、いろいろ整理できてよいですよ。


自分の検索されたいキーワードを決めていますか?

12月のとある日、WEBサクセスのホームページから、

「まちづくりセンターホームページ、ブログの

有効な活用方法をテーマに研修会をしてほしい」という

お問い合わせをいただきました。

地域の情報発信のお手伝いも、私たちがしたいと思っているお仕事です。

ですから、すぐに打ち合わせをお願いしたいと返信しました!

私も札幌市民ですから、ホームページを通じて、

札幌の各地域が活性化するお役に立ちたいと日々思っているのです。


打ち合わせでは、アクセス数を集めるアイディアを知りたいというご要望をいただき、

企業様と同じく、Web集客についての話をすることに決めました。

そして、2月14日がセミナーの本番でした。

いつもは企業の方々にむけてお話しさせていただいているので、
ちょっとだけ雰囲気が異なりました。

札幌市役所まちづくりセンター セミナー1

セミナー当日で、自己紹介をしているところです。


ホームページのゴールも、

企業だとお問い合わせをいただくとはっきりしていますし、

読者もターゲットとなるお客様と明確です。

地域となるといろいろな方がいらっしゃるので、
読者を絞ることはなかなか難しいですよね。

でも、地域内、町内会での人的な関係を強くするホームページにするか、
地域外の方に、地域のよさを広く伝えるホームページにするか、

目的によって、掲載する情報は違うと思うのです。

ですから、まずはホームページで何をしたいのか、
目的を明確にしてから、掲載する情報をピックアップしていくと
よいのではないかと思います。

札幌市役所まちづくりセンター セミナー3

後半に時間が足りなくなってしまいましたが、
職員の方々には、ご担当の「街」はどんな特徴があるのか、
どんな方々に読んでもらいたいのかをワークショップ形式で考えていただきました。

なにかひとつでも、今後の業務のヒントになればいいなぁと思っています。

ところで、セミナーの担当の方に、

「どうして、WEBサクセスにお問い合わせをいただいたのですか?」

と質問してみました。

札幌 講師 Webマーケティング」で検索してみたら、

WEBサクセスのホームページが、ヒットしたそうです。

WEBサクセスのホームページには地域を意識して「札幌」と入れています。

Webマーケティングは、私たちの事業の大きなテーマですで、
コンテンツ作りには力を入れています。

Web活用塾を開講するたびに、
ランディングページ(紹介ページ)を制作しているので、

「札幌 講師 Webマーケティング」というキーワードと、
WEBサクセスのホームページの結びつきが強くなったようです。

みなさまも、ご自分のホームページに、検索されたいキーワードが含まれているか、
確認してみてくださいね。

北のITシーズフェア2012に、Dopubが出展しました

2月14日は、私にとって行事が盛りだくさんの一日でした。

第一弾は、ホテル札幌ガーデンパレスで開催された
「北のITシーズフェア2012」です。

シーズフェアには、電子書籍の本屋さん「Dopub」で出展していました。

私たちWEBサクセスは、Dopubサイトの管理をしています。

この日は、セミナー講師をする予定がありましたので、
私は顔だけ出すことにしていました。

Dopub展示

ブースはこんな感じでした。

Dopub新海さん

タブレットを持って奮闘中のスタッフ。

ビジネスの新しい形を提案中です!!

シーズフェアの来場者は、過去最高で500人を超えたそうです。

IT技術は、今後ますます経営にも必要になる技術だと思います。

でも、IT企業で経営やサービスを真剣に考えている企業は少ないと
異業種交流会などではよく聞きます。

ITに関わる人間、ITをサービスとして提供する企業として、
このような意見をお客様の声として受け取り、
真摯に対応していきたいと思います。


===========
□おまけ□

主催者のIT推進協会の会員として、
受付を担当していた岸。

Dopub岸さん

同友会でホームページセミナーをしてみたい ~ 夢が叶いました!!

同友会みたいな経営者さんが集まるところで、
 ホームページ営業の話ができたらいいなぁ


Web活用塾をスタートさせた頃、私はそう思っていました。

※ この頃は、ホームページ営業と言っていました。

そもそも、私がなぜ「札幌・経営者のためのWeb活用塾」をやろうと思ったのか。

それは、経営指針研究会がきっかけだったのです。

まだ、株式会社WEBサクセスを設立していない2006年、

経営指針研究会で、私が「ホームページで営業している」という話をしたところ、

メンバーのみなさんがどんなことをしているのかと、

興味をもってくださいました。

さらに、「自分の会社にきて、ホームページの使い方を教えてほしい」と言われたのです。

ほかの皆さまの反応に、びっくりした私です。

なんといっても、自分が勉強することが多く、

経営者の方に、教えてとい言われたこともなければ、

まして、自分の会社に来てほしいと言われたこともなかったからです。


でも、よくよく考えると

自分は、ホームページとブログの組み合わせで仕事をいただいている。

だったら、この経験を伝えることはできるのではないか。

経営者の方がホームページ営業の方法を知ったら、会社の経営に役立つはず。

ホームページは、24時間文句も言わずに働く、営業担当なのだから。

そうして、ホームページの勉強会をやってみようと思ったのです。

まずは、mixiで生徒さんを募集して、自社の会議室を使って3名様で始めました。

その頃に、同友会で話ができたらいいなぁ、

どうやったら、そういうところで話ができるのかなぁと思っていたのでした。

それが、、、

2012年2月13日、想いがかなったのです。

私は昨年の8月から、facebookでの交流がきっかけで、

中央西地区のマーケティング委員会に参加させていただいてました。

2月にはマーケティング委員会の活動報告があるから、

みんなで発表内容を考えようと打ち合わせをしたとき、

私はまとめとして、Webでの情報発信について話をすることになりました。


いまは、派遣でセミナー講師もしているので、

みなさまのお役に立てればいいなと思っていただけで、

Web活用塾とは結びついていませんでした。


ところが、

テキストを作っているうちに、

「あっ、私は同友会でセミナーをしてみたいと思っていたんだ」

と気づいたんです。


しかも、50名以上の会員さんが参加されると聞いて、

夢がひとつ叶うんだと、わくわくしてきました。


そうして当日。

近頃ないほどの緊張したまま、中央西地区オープン例会に突入したのでした。

同友会 中央西地区オープン例会 講演

写真のスライドのシーンは、人は会えば会うほどその人に好意を持つようになるという、

ザイアンスの法則と、ホームページ集客の関係を話しているところです。


私はこの話をよくセミナーでします。

ホームページとブログで、何度もお客様と会うような状況を作り出す

この考え方を知ったからこそ、

会社倒産の危機から脱出できたし、
WEBサクセスも設立することができたのです。

オーバーに言えば、この考え方が私を救ってくれたのです!!

いま、この瞬間に私の夢が叶っているんだと思うと
うれしくて、気合が入りました。

渾身の力をこめて、話したという感じです。

あまりに力が入ったので、

その後、グループ討論の座長をすることを、

すっかり忘れていました (^_^;)

同友会 中央西地区オープン例会 討論会

討論会では、疲れてますね。

帰りには、いろいろな方に声をかけていただいて、
それもまた、新しい経験でうれしかったのでした。


=========

Web活用塾の第一回目は、2006年の9月9日。

ホームページの勉強会の位置づけで、
一ヶ月に一回、500円の参加費で始まりました。

カラリストさんが2名参加されていて、
勉強会の参加費が安いからと、カラー診断をしていただきました。

色彩に興味をもったきっかけも、
Web活用塾なんですよ。

記念すべき、一回目のWeb活用塾のレポートはこちらにあります

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●「札幌・経営者のためのWeb活用塾」 第1回勉強会の報告
http://ameblo.jp/web-mediarium/entry-10016898759.html

小樽プロジェクト始動

「白藤さん、小樽に住もうプロジェクトを計画していてね、

 広報で仲間になってもらえないかしら?」

12月のとある日、補償セミナリーの中野むつみさんから電話をいただきました。

小樽の北海道中小企業家同友会の建物を見たときに、
小樽の空き家になっている建物を残すことはできないだろうかとひらめいたそうです。

空き家をリフォームして住めるようにし、
小樽の魅力をPRすることができたら、
人口減になっている小樽市に人を呼ぶことができるかもしれない。

それで、行動を始めたというのです。

あまりにも、楽しそうに話す中野さんのパワーに感動し、

メンバーになることに決めました!

でも、小樽という街は、私はまだよく理解していません。

中野さんが惹かれ、小樽をこよなく愛する方々の気持ちを理解するためには、

勉強が必要です。


今回は小樽雪あかりの路のイベントにあわせて、小樽の街を歩き、

現地で打ち合わせするために、小樽に行ってきました。


南小樽駅

南小樽駅で待ち合わせをして、

まずは、おそばやさんでランチです!

お蕎麦屋さん

堪能

このお店は、古い建物を改造していらっしゃるようです。
中も素敵でした。

このあと、小樽在住のスタッフの方と、今後の進め方を確認。
私たちが活動を始めたことを、
少しずつでも発信しようということになりました。

発信の方法は、今後の検討課題です。

打ち合わせのあとは、小樽雪あかりの路を見学してきました。

小樽運河

メイン会場の小樽運河です。

写真では見えづらいですが、運河にもキャンドルが浮かんでいます。

倉庫の屋根から下がるつららが、北海道らしいですね。

ハート

テーマは、ハートなのでしょうか。
かわいいハートがたくさんありましたよ。

同友会

こちらは、「ひらめいた」という同友会の事務所が入居している建物です。

私も見てみたかったのです。

雰囲気がありますね。

かわいい

最高気温マイナス5度、雪が降りしきる中での散策でした。

今回は、観光という視点で街を歩いてみました。

今度は住むという視点で、ゆっくりと街を歩いてみたいと思います。

Category: 営業日誌

お魚のたくさんいる池に釣り糸をたらそう ~ 第16期Web活用塾 第1回目終了

厳しい寒さが続いている札幌です。
外を歩くと、足の先がじんじんしてきます。

久しぶりに、北海道の寒さを感じる冬とも言えます。

そんな寒い季節ですが、
Web活用塾は、熱い!

第16期がスタートしました。

セミナールーム

今回の会場は、株式会社正文舎のセミナールームです。
参加の方が少なめなこと、女性が多いので、
よりアットホームな雰囲気作りを目指してみました。

※ 体格の関係で、男性が多いとちょっと狭い感じがするお部屋なのです。

トラブルが発生

今回の講師は蝦名。
おやっ、開始前にトラブルが発生した模様。ちょっとあわてています。

トラブルも無事解決し、セミナー開講です!

今回の最初のキーワードは、「昔はよかった

WEBサクセスでも経験していることですが、
設立当時は、ホームページを開いて、ブログをまめに更新していると、
有利だったのですね。

まだ、ブログを書いている人がそれほど多くなかったからです。

これで、仕事の問い合わせをいろいろいただいていました。


が、

インターネットを流れる情報量は爆発的に増え、

mixi、twitter、facebookなど、さまざまなソーシャルメディアのツールが登場している現在、

ホームページとブログだけでは、なかなか情報を届けたい人に届けることが難しくなってきました。

そこで、ホームページにお客様に来てもらい、説得する方法を考えるわけです。

次のキーワードは、「お魚のたくさんいる池に、釣り糸をたらす」。

いろいろなソーシャルメディアがあって、何を使ったらいいのかさっぱりわからない。

こんなお悩みありませんか?

インターネットでできる集客はすべてできればよいのですが、
本業もあるので、なかなか手が回りません。

そんなときは、お客様のことを考えましょう。

あなたのお客様はどこにいますか?

あなたのお客様が好んで使うメディアは何ですか?

そのメディアを使うのが、一番情報が届くのではないかと思います。

たとえば、、、

facebookを利用者は、
日本では30代~40代で、ビジネスを中心としている方が多いのです。

そんなfacebookに、赤ちゃんとお母さんのための情報を流しても、
メインとなるお客様には情報が届かないかもしれません。
赤ちゃんのいるお母さんたちの集まりには、あまり利用されないからですね。

それよりも、もっと若い年代が集い、趣味の集まりも多い、
mixiの方が赤ちゃんを育てているお母さんに会える確率が高いと言えます。

このように、自分たちのお客様はどこにいるのか考えて、
Web集客のツールを選ぶとよいですよ。

さて、お客様が集まっても、ホームページの内容がよくないと、
なかなか成約に結び付きません。

ホームページ集客の肝です

テキストは、いかに成約率を上げるかという説明をしているページです。
お客様との関係作り大切にしていますか?

説得の三要素

最後は、どんな商談でも必要な「説得」についての説明です。

お客様に提案して、よいと思っていただいて、
買うと決めてもらう一連の過程を考えることが、ホームページにも必要なのです。

写真の図は、「説得の三要素」を示したものです。
詳しくは、WEBサクセス クロスメディアコミュニケーションサイトに掲載していますので、
あわせて、お読みくださいね。

説得の三要素とは
http://www.xmediacom.jp/index.php/jpn/strategy/elements

次回は、2月14日(火) 18時30分~
ホームページの「命」とも言える、文章について学びます。

ワークショップ形式で、どんどん課題がでます。

いいこと日記、始めました

今年の私の最大のテーマは、

黒字体質の企業を創り上げる です。

※ 赤字で書いてますが。。。(^_^;)

昨年末から読んでいる本は、

経営の本だったり、会計の本だったり堅めのものばかりでした。


でも、不思議とお仕事は、女性」を

テーマにしたものが多く依頼されるようになりました。

お客様から届く原稿に、

「美しくなるために」、「美の追究」、「姿勢よく、礼儀正しく」etcという言葉が並ぶと、

髪の毛をふり乱して、「忙しい」などという自分の生活を反省したのですよ。

そうだ、「経営者」という言葉を意識していなかったときは、

もっと、いろいろ楽しんでいたような気がすると。

そんなことを考えてながら、本の整理をしていたら、

中山庸子さんの「夢ノートの作り方」という本が出てきました。


あぁ、そうだ、私は中山庸子さんのエッセイが好きだったなぁ、

また、中山さんのように文章を書けるようになりたいとも思っていたなぁ、

といろいろ思い出しました。


久々に、「かわいいイラスト」とか、シールとかの世界を眺めているうちに、

会社経営、集客提案、ホームページ制作、ソーシャルマーケティング、

コンテンツマーケティングと、きりっと辛口のテーマを扱いつつも、

内面では、ふんわり、かわいい世界を楽しみたいなと思いました。

一応、私も女性ですしね (^_^;)


で、見つけたのが、中山庸子さんの「いいこと探し日記」!

いいこと日記表紙

見ているだけで、楽しくなってきます~♩
こちらは、のんびりといいことを書いていきたいなと思いました。


いいこと日記の例

こんな楽しい日記をつけたいです!

2012年版 書きこみ式 いいこと日記2012年版 書きこみ式 いいこと日記
(2011/09/08)
中山 庸子

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。