スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「電子書籍ビジネスの可能性を探る」 ~ 弊社岸講演レポート

8月18日(木) 北海道経済センターにて、

弊社代表の岸が「電書籍ビジネスの可能性を探る」と題して、講演いたしました。

講演開始

講演中

札幌商工会議所 情報・メディア部会印刷分科会様の主催ということもあり、

印刷関連業の方々が、多く参加されていたようです。

1991年をピークに縮小し続ける印刷業界のなかで、
正文舎の3代目社長として就任したのが2007年。

「正文舎という会社が、正文舎だけしかない印刷技術があったなら、
 別の道を進んだかもしれない。

 でも、そうではない地方の平凡な印刷会社だったから、
 印刷という技術を活かしつつ、別のことはできないか考えた。

 その答えのひとつが、『電子書籍市場』だった。」

これが、電子書籍の本屋さん「Dopub(ドゥーパブ)」開店を決めた経緯です。

そのあとは、「Dopub」の紹介です。

Dopubサイト
※ 北海道発!電子書籍の本屋さん「Dopub」サイト

電子書籍の本屋さん「Dopub」は、「北海道発」と謳っているととおり、

北海道の情報を集めている本屋さんです。

(岸は話していませんでしたが、北海道の素敵を全国・全世界に紹介して、
 北海道を元気にしていきたいという想いもあります)

オープンした2011年4月の時点では、

電子書籍のみを扱う本屋さんでしたが、

8月現在は、電子書籍版から作成した一般書籍も販売しております。

ゆくゆくは、CDなど商品も増やしていく予定があります。

一般書籍の第一弾は、コンサドーレ札幌の「グアムキャンプ写真集」。

Dopubでの発売の前日には、
FC岐阜戦が行われた、札幌厚別公園競技場で即売会も開催しました。

http://www.syoubunsya.co.jp/news/news110731.html

即売会をしてわかったことは、

コンサドーレ札幌のサポーターの方の中には、
インターネットにアクセスできない方もいらっしゃり、
電子書籍では読めない現状がありました。

オンデマンド印刷で、一般書籍を作ることで、
入手する選択肢を広げることができたのだと思うと、岸は話します。

iPadでの表示
※DopubからiPadにダウンロードした写真集を見せているところ

Dopubでは、電子書籍など商品を販売するほか、

自費出版をしたいという方々のお手伝いもしています。

原稿を作成してPDFファイルをご用意していただければ、
Dopubを通じて、電子書籍を販売できます。

その他、事業としては、電子書籍作成のコンサルティングもしています。

Dopubは札幌市の助成金を受け、
札幌のIT企業である株式会社流研様と共同で運営しています。
(WEBサクセスは、正文舎のグループ会社なので、必然的に関わっております)

また、予算には限りがあるので、
ビューワーやアプリケーションの開発は手掛けておらず、
一般的なPDFファイル形式で電子書籍を提供しています。

大きすぎるリスクは抱えられないからであり、
じっくりと育てていく道を選択しているという話で終わりました。

===============
私は自分の仕事で、

滋賀県のサンライズ出版様、鳥取県の今井書店様を取材した経験から、

地域文化を守る必要性を感じていたのでした。

道産子である私は、北海道のことをあまりにも知らないことに気づき、

北海道のことをもっと詳しく知りたい。そのように思っていました。

Dopubという事業に関わって、その想いはますます強くなっています。
スポンサーサイト
Category: 営業日誌

オロナミンCのクロスメディア戦略

本日、JR札幌駅前通を歩いていたら、何やら赤と白のグループが見える。

なんだろうと思いつつ、そばを通りかかったら、

オロナミンC1本と、赤いパンフレットを渡してくれました。

ドリンク1本を通りかかる人に配るなんて太っ腹~と思いつつ、
夕方で道は混んでいたので、よく読まずにとりあえずはかばんにしまいました。

そうしたら、もう一箇所でも、同じく赤と白のグループがいて、
オロナミンCを配っていました。

札幌駅周辺二箇所で、商品を配布するなんてすごいなと思い、
自宅に帰ってから、パンフレットを読むことにしました。

オロナミンC元気差し入れプロジェクト2011

手渡されたのは、「オロナミンC元気差し入れプロジェクト2011」というもの。

国内累計販売本数300億本突破を記念したキャンペーンでした。

※嵐の桜井くんがテレビCMに出ているものです。

パンフレットには、

・みんなでつくる、みんなで届けるソーシャルペーパー
・今のあなたの心に残る 元気コトバ大募集!
 あさのあつこさんが、小説家してくれるそうです。
・twitterの元気バトン
・facebookのアプリ 元気差し入れメッセンジャー
・商品シールを集めて商品をもらえる抽選

などの案内が書かれていました。

テレビコマーシャル
+
街頭で試供品とパンフレット(紙)で興味をもたせる
      ↓
インターネットを利用して、さらに情報を提供

という動線なのですね。

インターネット側は、

・モバイルとPCのキャンペーン用サイト
・facebookアプリ
・twitter

と、今定番のツールがフル活用されています。

facebookアプリは、「元気差し入れメッセンジャー」といい、

自分の友達に、くすっと笑える元気のコトバを送ることができます。

友達のfacebookのアクセス状況を分析して、
その状況にあった元気の出るコトバや写真を自動的に選んでくれて、

自分のオリジナルのメッセージを添えて、その友達に元気のおすそ分けができるという仕組みです。

試してみましたが、本当にくすっと笑えました。

※ ご興味のある方は、遊んでみてくださいね。

さて、大塚製薬様は、何を意図してこのような
大々的なキャンペーンをしているのでしょうか?

いま、この時期に大々的なキャンペーンをするのは、
「元気 差し入れ」ということで、震災を意識されているのかなと思いました。

栄養ドリンク剤の消費動向なども調べて、推測してみようと思いました。

===

パンフレット制作費・印刷費、
Webサイト制作費(PC・モバイル)
facebookアプリ開発費・facebookページ作成費
抽選の景品確保
あさのあつこさんとの契約料
キャンペーン抽選用シールの制作・印刷
街頭配布用オロナミンCの生産費
街頭キャンペーン人件費+他経費、
テレビCM代・制作代

などをあわせると、いったいいくらになるのでしょうか?

思わず、見積もりしたくなった私です。

夏休み

夏休みで、帰省しています。

特に予定もなく、のんびりしています。

静かに過ぎていく、この時間が貴重だと思います。

帰省の途中、JRの車窓から見た風景。

駅で止まったら、目の前がこんな感じでした。

車窓


雨上がりの朝、玄関に蛙のあかちゃんがへばりついていました。

かえる01

かえる02

かえる03


札幌の生活からもう少し離れて、エネルギーをチャージします。

モノ作りには「愛」が必要だと思う

ホームページを中心に、「販売促進ツール」作りに携わって

思うことは、「ものづくりには『愛』が必要」だということです。

それは、何もないところから、お客様とスタッフの考えが合わさり、

ひとつのコンセプトを作り上げる。

そのコンセプトをもとに、デザイン、ライター、プログラマなど専門家が形を作っていく。

作っていく過程で、コンセプトにあっているものが出来ているかチェックする。

この繰り返しで、ものができていきます。

いつもすべてが順調ということは決してなく、

納期までの時間、予算、技術、人材、コミュニケーションなど、

いろいろな分野で問題は発生します。

その問題を解決しながら、与えられた条件の中で、

いいものを作り上げるには、今作っているものを

愛することが必要だと思っています。

いいものに育っていって、お客様の役に立ってほしい。

そんな想いがあります。

お客様の話を直接聞ける立場にいる私の仕事は、

お客様の想いを表現するお手伝いをして、
それをスタッフに伝えて、
関わる人たちが、世界観を共有できるようにすることかなと思います。

お客様、あるいは自社の商品やサービス、もしくは会社そのものが好きという気持ちと、

デザイン、コーディング、撮影、ライティングなどの仕事が好きという気持ちが

うまくあわさったときに、いいものができる。

そう考えるようになりました。

========
今週はインタビューと撮影がありました。

撮影の立会い中です。

カメラマン

ローレルの商品は、匂いがいいので好きです

なぜ、ローレルさんの商品は女性に人気があるのか

その秘密を探りに(?)、先日砂川の本社を訪問させていただきました。

●こんな楽しいものを作って、お給料をもらっていいのかしらと思う
http://websuccess.blog98.fc2.com/blog-entry-731.html

今回は、ローレルさんの商品が大好きという、WEBサクセスのスタッフを取材いたしました!!

WEBサクセスでは、サイボウズを使ってスケジュールを共有しています。

「砂川 ローレル様」という私のスケジュールをみた彼女は、
「もしかして、仕事?」という期待もあり、ワクワクしていたようです。

※ ごめんね。勉強のために訪問しました。でも、「千里の道も一歩から」かもよ。。。

ローレル様を訪問した後、なぜ彼女はローレルさんのファンなのか知りたくなり、
30分ほど時間をもらいました。

●ローレルさんを知ったきっかけ

きっかけは、クリエイティブオフィスキューの副社長 鈴井亜由美さんのブログ。
「ローレルさんの商品が好き」という記事​を読んだのがきっかけです。

札幌駅にあるステラプレイスにショップがオープンし​たので、
さっそく行ってみて、まずはハンドクリームを購入してみました。

そのハンドクリームがべたべたしないし、匂いもよくて、
とても使い心地が良かったそうです。

​そのあと、ローレルの今井社長がSTVの取材を受けているのを見て、
ローレ​ルさんのサイトやブログをチェックするようになったとのこと。

ローレルさんのブログに、砂川ジャリポリー(ローレル祭り)ことが買い手り、
楽しそうだったので行ってみた彼女。

「車の運転は苦手なんですが、

 がんばって長距離の運転をして行きました」

と言うくらい、魅力あるブログ記事だったのではないかなと思います。

お祭りでは、工場見学ができて、
​そこでスタッフの方がいきいき働いているのを見て、
ますますファ​ンになりました。

魅力ある商品が、このような方々の手によって作られているんだということが
わかって、楽しくなったようです。

●香りが好き

もともと香りの製品は好きだった彼女は、
「ローレルさんの商品は、においがきつくない​く、自分の気に入った香りがするので好きになった」
とい言います。

外国製の商品もありますが、匂いがきついものが多いので、好みではないそうです。

彼女の話をまとめると、次の3点がポイントかなと思います。

・自分が好きだと思っている人の推薦
・働いている人たちのファンになった
・好みにあう製品

ブランド作りの参考になりそうです。

===================

取材のときには、第2回ジャリポリーで購入した福袋も持ってきてくれました。

ローレル様 福袋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。