スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き出しを多く持つ

ホームページを始め、販売促進のためのツールを作る。

これがWEBサクセスの本業。

けれども、デザインして作ることに集中しては、

なかなかいいものはできません。

やはり、何のためにツールが必要なのか、

誰に訴えるものにするのか、

作る前のヒアリングが大切です。


そして、お客様の目的としていることを達成するためには、

同じようにものを作っているだけではだめだなと思います。


といっても、自分やスタッフの実体験だけでは、

考えられる施策には限度があります。

ですので、日ごろの情報収集が大事だと思います。


情報収集は2つありますね。

1. 実物で研究

外出するときには、時間があれば必ずどこかのお店に入って、販促物の研究。

アイディアはメモしてためておく。

いただいたパンフレット、会社案内などで研究。


2. 書籍で研究

実践は大事ですが、理論も大事ですね。

最近、読もうと思って積んである本はこの2冊。

見せるだけで売れてしまう「事例広告」の方法見せるだけで売れてしまう「事例広告」の方法
(2011/02/04)
村中 明彦

商品詳細を見る


アイデアのちからアイデアのちから
(2008/11/06)
チップ・ハース、ダン・ハース 他

商品詳細を見る


いろいろと見て回っていると、

自分の中で熟成されていくような気がします。


そして、すぐには役立たなくても、

ときがくれば、お客様との打ち合わせや企画で、

その情報が引き出されて役に立つ。

そんな風に思っているのです。






スポンサーサイト
Category: 営業日誌

不安になったら

ふっと、自分の仕事や将来に対する不安がわき出てくることありますよね。

最近読んだメールで、心にのこった文章がありましたので、
書きとめておきます。


「残りの人生をどう生きたらよいか?」

時間の足りなさに対する懸念や不安など、

混乱のもとになる様々なパターンに打ち勝つ良いアイデアがひとつあります。

「どんな瞬間も良く生きる」ことです。



何かに心がくじけそうになったとき、

自分に言い聞かせたい言葉だと思います。


自分の商品を客観的に分析する

私がホームページを担当するとき、

質問することがあります。


御社の商品(サービス)の強みは何ですか?


なぜ、お客様は御社の商品(サービス)を購入する必要があるのですか?


このふたつの質問は、経営の勉強をしていたときに、

私自身が質問されたことでもあります。

売るためには、理由をちゃんと示さないといけないよ。

そう教えていただきました。


ホームページの役割はいろいろあります。

一番多い利用目的は、商品やサービスの情報を掲載して、

新規顧客を集めることではないかと思います。


そうであれば、

商品やサービスを客観的に観察して、

なぜ、お客様が購入するのか、その理由を考えてみるといいですね。

アクセス解析の結果とあわせて考えてみると、

より明確になると思います。


ホームページは公開してからが本番

2月9日(水)は、札幌産業振興センター様主催のセミナーでした。

もう小手先のWeb施策はやめよう」というテーマで、

ホームページの運営についての講義をしました。

5時間という長丁場でしたが、熱心に聞いていただき感謝しております。

何かひとつでも、ホームページの運営のお役に立てたらと願っています。



ホームページは開いたら終わりではありません。


アクセス解析をして、その結果から次の戦略を考え、

施策をして、その振り返りを行う。


このくり返しです。


アクセス解析をして、

閲覧数が多いのに、直帰率が高いページをじっくり見ると、

その原因がわかることがあります。

・情報が少ない。

・タイトルと本文が一致していない。
 タイトルに惹かれて訪問しても、その期待通りの内容になっていない。

・情報が多すぎて、探せない。

閲覧数が多いのですから、

このページから改善すると、成約率のアップにつながる可能性が高いです。

=============
今朝は、WEBサクセスのホームページも

小規模改修の打ち合わせをしました。

問題のあることをピックアップし、担当者を決めました。


セミナー講師をしていると、

「自分はちゃんと実行しているだろうか」

と、心にぐさぐさ自分の言葉が刺さることがあり、

ちゃんと、行動も一致させないと、また改めて思うのです。

言動一致している人は、魅力的だし、信頼できると思うのです。

理想に近づけるように、毎日丁寧に考えていることを実行していきたいと思います。

これからは、Googleに好かれなきゃ!

緊急開催決定


2月22日(火) 18時~ かでる2・7で、

Yahoo!のGoogleエンジン採用にともなう SEO対策セミナーを開催します。



http://www.websuccess.jp/seminar20110222/


正直に言って、ここまで検索順位が同じになるとはわたしは思ってなかったのです。

もう少し、Yahooの特色がでるかと思っていたのに。。。


アクセス解析レポートを提出しているお客様のサイトの順位は、

昨年の11月ごろから、YahooとGoogleでまったく同じ結果になっていることが

ほとんどです。


YahooよりのSEO対策をしていたサイトは、順位が落ちてから伸びないという

現象も耳にするようになりました。


これは、何かしなきゃならない


そう思いまして、このたびWEBサクセスのパートナー企業様でもある、

Web Creation株式会社の赤沼様に、SEO対策セミナーをお願いしました。


カリキュラムはこんな感じです。

・GoogleとYahoo!の検索結果の違いとは
・GoogleとYahoo!の検索アルゴリズムのしくみの違いとは
・GoogleがWebサイトで重視することとは
・GoogleとYahoo!のペナルティの違い
・Googleでの「キーワード選定」、ここが違う
・Googleの検索語タイプから見える、サイト方針
・内部要因、外部要因の「これだけは」
・自分でできるSEOテクニック大公開


赤沼様によると、

よく怒るYahoo。

めったに怒らないGoogle。

本当に怒らせたら怖いのはGoogle

だそうです。


Yahooビジネスカテゴリの圧倒的な強さもあって、

日本ではどうしてもYahooよりでSEO対策されていた企業様も多いと思います。


頭を切り替えて、Googleに好かれるようにならなきゃ、

検索順位は上がらないかもしれません。


ぜひ、ご参加くださいね。


お申し込みフォームはこちらです。


http://www.websuccess.jp/seminarform20110222/mailform.php

取材

自分も取材させていただいて記事を書く仕事をしていますが、

たまに、取材を受ける側にもなります。

今日は、とある業界新聞社の記者の方から、

ホームページの利用法について、質問を受けました。

お話させていただいたことは、セミナーの内容とほぼ同じです。

(1)ホームページで何をしたいか明確にする。

(2)ターゲットとなるお客様を決める。

(3)そのお客様がなぜ、自分の商品・

   サービスを買うといいのか、その理由を明確にする。



記者さんのお話では、ホームページを作りたいという企業様は多いのですが、

どのようにWeb制作会社に頼んだらよいのかわからないということでした。

そうですね。

わかりにくいかもしれませんね。

何を準備していただくか、Web制作会社も明確にしていく必要があります。

一時間ほどの情報交換でしたが、有意義でした。

===
写真は千葉支部だよりの2011年新年号です。

11月に千葉県印刷工業組合様で講演したときの記事が載っているので

送っていただきました。


千葉県印刷工業組合冊子

たまに立場が変わると新鮮ですね。

年度末進行 真っ最中

2011年になって、まだ1カ月なのですね。

と、昨年も言っていたような気がしますが。。。

3月の決算にあわせての、制作物案件の話を

いただいております。

ありがとうございます。

ホームページ制作・ライティング・紙パンフレットと、

打ち合わせの日々。


制作スタッフのラインが詰まっているので、

久しぶりに、自分でMovableTypeのテンプレートを編集していたりします。


ライティング以外は、極力制作スタッフに仕事を回すようにと

いう指示もあるのですが、

いまは、そうも言ってられません。


本日は8時30分に会社を出てから、夕方まで打ち合わせ三昧。

戻った後は、毎月アクセス解析を行っているお客様と、

電話で今月の施策を話し合いました。

夜は2月9日のセミナーで使用する

テキストの最終確認です。

そんなこんなで充実していましたが、ちょっと疲れました。

家に帰ったら、温かいものを食べてはやく眠ろう。。。


雪まつり準備中

お客様の会社にむかう途中でみた、大通りの様子。

雪まつりの準備をしている大通りの風景。

四角い雪の塊が、雪像になります。
Category: 営業日誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。