スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

eZ Publishで作ってみました

それは、昨年の1月のことでした。

「WEBサクセスを作ったときからのこだわっていた、

 クロスメディアコミュニケーション

 今年から強化する!!」

WEBサクセスのスタッフ会議で、事業の方針が発表されました。


WEBと印刷を中心に、より効果的な販促支援をしたい。

そのためには、どうしたらよいか、何度も話し合いをしました。

WEBサクセスのクロスメディアコミュニケーションとは、いったい何だろう。

大手広告代理店様と同じことをしていても、WEBサクセスには勝ち目はない。
ならば、自分たちは何を強みとしたらよいのだろう。


話し合いの結果をもとに、WEBサクセスの会社案内とサイトの見直しも始まりました。

原稿を書いては却下される日々が続き、形にするまで四苦八苦していたとある日、

一本の電話をいただいたのでした。


「CMSツールに興味はありませんか?

 ちょうど、札幌に行くので紹介したいのです」。


これがCMSツール「eZ Publish」との出会いでした。

eZ Systemsの藤田様からツールの説明を受けたとき、

「いま、作っているクロスメディアサイトをeZ Publish化したい」。

そう直感しました。

さっそくスタッフに提案したところ、

CMSツールの技術を新しく獲得することに賛成してもらいました。


昨年の6月頃、クロスメディアサイト公開の遅れは私が原因と書いたのは、

MovableTypeで作ろうとしていたこのサイトを、eZ Publishで作ることに決めたからでした。

http://websuccess.blog98.fc2.com/blog-date-200906.html

ただ、この時点ではeZ Publishの技術は何も持っていなかったので、
通常のHTMLで公開しました。


秋にはeZ Publishで公開するぞーー。
これが目標でした。


ですが、、、

実務の合間に研究時間を確保するのがなかなか難しく、

構築は遅れていったのでした。


年が明けてからはこれではいけないと、
技術者がひとり専任で、eZ Publishでの開発を始めました。

仮サイトでの完成は、2ヶ月くらい前にしていたのですが、
年度末はいろいろばたばたしており、正式公開がのびのびになってしまいました。

そして、本日eZ Publish版のクロスメディアサイトがオープンしたのです。

といっても、みなさまにご覧いただく画面は、デザインが変更していないので
あまり変っていないのですが、、、

紺屋の白袴状態で、コンテンツの更新が滞っていることに猛反省です。

eZ Publishで更新しやすくなったので、これからコンテンツを充実させていこうと思います。

●WEBサクセス クロスメディアコミュニケーション
http://www.xmediacom.jp/

気持ちも新たにがんばります。



スポンサーサイト

納品

本日、執筆と編集を担当した冊子が届きました。

改めて無事に終わってよかったと、ほっとしました。

快く取材に応じていただいた取材先のみなさま、
プロジェクトが進まないときに情報提供をしていただいたり、
執筆を手伝ってくださった記者さま

そして、執筆や、レイアウトを担当した制作スタッフ!

たくさんの方々にご協力いただいて、冊子が出来上がりました。
ありがとうございます。感謝いたします。

納品された冊子

手前のノートは、取材に使用していたノートです。

冊子と一緒に、保管しておこうと思います。

女性経営者の会

本日は、北海道中小起業家同友会札幌支部 「女性部会」の総会でした。

普段は、男性の経営者と仕事がすることが多く、
女性の視点から会社経営のことを聞くという経験が少ないのです。

ですので、女性ばかり集まるこの会に参加すると、
普段に意識しない部分が刺激されるような感じがします

さて、本日は記念講演もありました。

同友会の経営指針研究会でご一緒させていただいている、
株式会社補償セミナリーの専務取締役 中野様が講演者。
明るく、いきいきと、楽しく、ご自分の体験を
話してくださいました。

自分の経験を、笑顔でいきいきと話す中野様のお話を聞いていると、
私も元気になれる。
そんな素敵なお話でした 

公共事業に関連するニッチな仕事で、会社はどんどん成長していた時代が終わり、
売り上げがどんどん落ちてきて、何か手を打たなければ会社の経営が危ない。
役所だけの仕事をしてきたので、営業の方法がわからず、何をしていいのかわからない。
そういうときに、中野様は同友会大学に入って、勉強を始められたということでした。

そこから、まず自分の行動パターンが変わっていったそうです。

よかった時代があると、悪くなってもその時代の方法はなかなか捨てられない。
またいつかよくなると、ついつい思って留まってしまう。
変わるにはものすごく、エネルギーがいるから。
でも、元に戻ることはないから、変わらなければならない。

何をやるのか、どこへ行くのかわからないけれど、
「やめうと覚悟を決めた」のが始まりだったそうです。

同友会大学では、大学の先生のほか、企業経営者が講師として授業を担当されています。
その企業経営者のお話の中から、勉強になった言葉を教えていただきました。

・北海道だけにいたら、だめだよ。

・IT企業でも、ITだけではだめ。
 どれだけ多くの人に会って、どれだけ多くの仕事をもってくるかだよ。

・公の場で、発信する力を持ちなさい。

・企業の経営状態をよくすることは、決めたことをやることだよ。


中野様はこの話を聞いて、すぐにひとつひとつ実行していったそうです。

話を聞いてよいと思ったらすぐに実行してるみる。

そんな行動力が何よりも大事なんだなと、改めて思いました。

中野様は、すぐに動けなくても、一歩足を前に出してみようと思い、
いろいろな勉強会に参加しているうちに、
気がついたら足が前に出るようになったとおっしゃっていました。

総会の進行そのものも新鮮でした。
時間通りに始まらず、あちこちで話をしているし、
進行しながらスケジュールが変わっていくというような、
いい意味で混沌としている雰囲気は、居心地がよかったです。

それでいて、話をきいていないかというとそうではなく、
集中すべきときには、さっと静かになるその絶妙のタイミングが好きです。

タイムテーブルがあってないような、その自由なところが女性のよさだと思うのです。

======
オブザーバーとして参加されていた男性の社長さんは、
男性がリーダーシップをとっている総会とは、まるで雰囲気が違うので、
居心地が悪そうでした。
たまには女性のリーダーシップで、女性のやり方を体験するのも
いいかもしれません。
======

帰り道は、先輩お二人とご一緒させていただきました。
「どこの業界も厳しいのは変わりないですね。がんばろうね
と言っていただきました。

女性の経営者仲間もいいなと、改めて思った夜でした。


Theme: 企業経営 | Genre: ビジネス
Category: 会社経営

新年度にむけて

11月から書いていた原稿も最終校正が終わり、あとは印刷されてくるのを待つばかり。
3月~4月にかけて公開予定で進んでいたWeb案件も、公開の報告を受けています。

●4月12日・13日

6カ月ぶりの東京出張。
製造業二社様とお話させていただきました。

日本国内では、大量生産はもう行わないというお話が印象的でした。
大量生産の価格競争では、もはや日本は勝負ができない。
ならば、何で選ばれるようになるのか。
日本の市場でも、ライバルはアジア諸国で生産されている製品であり、
それらの製品と、どう差別化していくかが課題だそうです。

二社様とも当然のように、海外との連携や海外に市場を求める話をされており、
販売促進を支援する企業も、海外市場に進出する気概がないと、
お客様を失うのではないかと感じました。

飛行機

※ 搭乗口に着いたら、ちょうど乗る予定の飛行機が到着しました。
  しばし、飛行場で働く方々を見学。


●4月14日

WEBサクセスの制作スタッフ会議。
2月から開発系のスタッフが入社したので、
情報共有と技術力向上を目的に、会議の内容を変更しました。

その第一回目の会議でした。

現場の進捗状況の確認と、テーマを設けたディスカッション。

今回は、先日読んだ「8倍働く」というメルマガをテーマに意見の交換をしました。

・さらに、上流工程に関わることができる企業にならなければ。

・8倍働くとは何か、その意味を考えた。
 今の8倍の時間を働くことはできないから、これは生産性を高めていく必要があると考えた。

・アジアに優秀な人材がたくさんいて、日本企業との競争が激化すれば
 市場を失うことになる。

・より効率的に仕事をするためには、今までの実績を整理して、前例を活用しやすくする。
 前例をうまく活用して新しいアイディアを出すことが必要。

というような意見が出てきました。

打ち合わせは週に一回、一時間程度を予定しています。
そのなかで、お互いの考えが共有していければいいなと思います。

●4月15日

WEBサクセスは、4月が決算期。
今年度の振り返りと、来期の大きな流れを決めるために
専務の岸と打ち合わせ。

時間が足りなかったので、もう少し詰める必要があります。


●4月16日

スタッフが作った実績表の雛形と2007年からの売上表をもとに、
実績一覧を作っていました。

時系列に個々の案件で、何をしたのかという内容を一覧表に入力。

思ったよりも時間がかかりました。

三時間くらいエクセルで入力したあとの休憩に買ったのはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「大人のキリンレモン」

「カラダもココロもよろこぶ元気炭酸」というキャッチコピーに
惹かれて買ってみました。

息抜き


新しい取り組みが定着するように、
来週からは経営者とスタッフの考えを融合させて、
すべきことを明確にしていきたと思います。


Category: 営業日誌

8倍働くこと

「日本企業は負け組み」

「Made in Japanはもはや世界に通用しない」


新聞の広告欄で、見かけたタイトルです。


政治を見ても、経済を見ても、

「日本」というブランド価値は下がってもおかしくないかなと

そのとき思いました。

でもどこかで、そんなことはないだろうとも思っていました。


でも、本日読んだメルマガを見たら、

もっと真剣に考えたほうがよいかもと思い直しました。


メルマガのタイトルは、下記のもの。

【進化論】8倍働かないと他の国には勝てない


鮒谷周史さんが発行されている「平成進化論」の2395号です。


要約すると、

東南アジアの一流大学を卒業した人の給与の8倍を、
ある製造業のメーカーさんの日本人の新入社員はもらっている。

社長さんは、新入社員に

8倍働いてほしいとは言わないけれど、
8倍働く気概や気力を持たない限り、
ライバルである他国に負けてしまう。

と言っているという話を紹介がありました。

そして、鮒谷さんが出資しているカンボジアの会社の従業員の方のひとりは、

「クメール語、フランス語、英語、日本」を使いこなし、

日本語の漢字でのメールのやりとりもできる。

コミュニケーション能力が高い若い社員を、
日本人よりも安く雇用できるという話が続きます。

=================================================================

 「人件費は当然のことながら、技術的にも勝てない日が確実に、
  それもかなり近い将来、やってきます。
  
  その時に生き残れるのは、やはり、「人の8倍働いてやる」という
  強い意志と気概を見せることができる人ではないでしょうか」


=================================================================

こういう結びでした。


そういえば、専務の岸がニューヨークの企業を視察したときも、

日本の印刷会社に仕事を発注しない理由も、

日本人はコミュニケーション能力が低いということが

上げられていたと聞きました。

中国人や韓国人は、ニューヨークまで来て英語で仕事をするが、

日本人はそうしない。

だから、日本には発注しづらいというのが彼らの意見だったそうです。


まだまだ日本は大丈夫ととられるか、

本当だ! 日本の危機だととらえるか。

そう考えてみると、

私は日本文化を守っていくためにも、

日本の危機だととらえて、真剣に対策を考えたほうがよいと思いました。



Category: 会社経営

事業計画見直し

2月・3月は執筆一本に集中せざるを得ない緊急事態発生。

とくに3月は、締め切りに間に合わすために「出社停止」とまで言われたので

別のスタッフにWeb案件を担当してもらっていました。


Webリニューアルや新規案件のお話も、お待たせしていた状態。

先週から、通常モードに戻りつつあります。


本日は、事業計画と個人目標を見直しました。

WEBサクセスでは、1月中旬から新しいスタッフが増えたので、

できることが広がった反面、強みを絞りきれないことにもなっております。

ここでもう一度、目指すべき方向と、すべきことを明確にして、

スタッフ全員で共有しなければ、どこかあいまいな組織になると思います。

器用貧乏ではいけません。


WEBサクセスのプロジェクトの鍵を握る担当者、

そして最高責任者の岸と、近々事業計画のミーティングをするのですが、

その準備で、すべての計画を見直していました。


今回のプロジェクトでは、とにかく企業の経営者のお話を聞き続けてきたので、

学びはたくさんありました。

共通しておっしゃっていたことは、次のひとこと。

成功するまであきらめない

何をもって成功というのかは、企業それぞれでしょうが、

WEBサクセスでは、下請け企業に留まらず、プレイヤーになること。

自ら情報発信して、コンテンツを作り上げていくこと。

これにつきます。


そういう意味では、まだまだ学ぶものは多く、

すべきことも多いのです。

一歩一歩進んでいきたいと思います。



全データ入稿完了

4月2日の金曜日に、最後のデータを印刷所に入稿しました。
これで、11月からのプロジェクトがひと段落。

あとは組版されたデータで、最後の校正を残すのみです。
4ヶ月のプロジェクトが終わりました

今週末からは、
ずっとお待たせしていたWeb案件の企画を開始。
今回学んだ、価値あるものを作る視点を大事にして、
制作していきたいと思います。


今日はテレビの特集を見てから行きたいと思っていた、
くすみ書房さんに行ってきました。

くすみ書房さん

入ってみて思ったことは、人に対してやさしいなということ。
売るための工夫もあると思いますが、
本を好きになって欲しいという想いも伝わってくる店内でした。

「売れない文庫本フェア」「中学生はこれを読め」のフェアはもちろん、
そのほか、「大人の絵本」コーナーも、いい本がそろっているなと思いました。
資金があったら、大人の絵本コーナーの本は買い占めたいと思っちゃいました(^_^;)

本日の買った三冊はこちら

理由 (新潮文庫)理由 (新潮文庫)
(2004/06/29)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


娘が宮部みゆきさんのファンなのです。
娘の世界を共有したくて買った一冊。

文章教室 (河出文庫―文芸コレクション)文章教室 (河出文庫―文芸コレクション)
(1999/05)
金井 美恵子

商品詳細を見る


売れない文庫本フェアの中にありました。
小説もたまに読みたくなって買いました。

カリスマ同時通訳が教える ビジネスパーソンの英単語帳カリスマ同時通訳が教える ビジネスパーソンの英単語帳
(2009/12/20)
関谷 英里子

商品詳細を見る


英単語の使いわけがよくわかります。
英語を使って仕事をしたいので、買ってみた一冊。

取材時にも、たくさん資料として本を借りたり、いただいたりしているので、
しばらく読書三昧です。しあわせ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。