スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日めくりアート2010北海道 カレンダーニュース

2010年が始まって一ヶ月だというのに、

考えてもみなかった事態が次々起きて、ばたばたしております。

乗り越えられない試練は与えられない」という言葉を支えに、

仕事の山を乗り越えたいと思います。


そんなこんなで連絡が遅くなりましたが、、、

日めくりアート2010北海道」の最新情報をお届けします。

1. 展示会情報

■ニューヨーク

ニューヨーク国際ギフトフェア2010 冬展ジャパンブースで、
展示されています。

1月31日(日)-2月4日(木)
New York International Gift Fair - Trade
場所 Jacob K. Javits Conventioncenter
http://www.javitscenter.com/

ニューヨーク国際ギフトフェア2010では、
全日本印刷工業組合の、感性価値創造プロジェクト「Nippon creative printing show vol.1」の
ブースを出すことになりました。

このアーティストブックの一冊は、正文舎印刷が担当しており、
現在、岸もニューヨークに行っております。

そのブースで日めくりアート2010北海道のカレンダーも展示させていただくことになりました。

※展示中の写真を携帯で撮影して送ってほしいと岸にリクエストを出しています。
 届いたら、掲載しますね!

●printing showの内容は、こちらにあります。
 (札幌で展示されたときのレポートです)

http://websuccess.blog98.fc2.com/blog-entry-428.html


■東京

プリントネクスト 2010 in Tokyo
http://www.printnext.jp/

場所 : 椿山荘(東京都文京区関口2-10-8 TEL.03-3943-1111)

2月6日(土)の1日だけ、展示ゾーンに出品されます。
こちらは、販売もするそうです。


2.札幌市内の取扱店情報

日めくりアート2010北海道 カレンダーは、下記のお店で販売されています。

●お取り扱いいただいている店舗様

T&F hanaagura(札幌市中央区南1条西4丁目フリーデント1,4ビル3F)
http://www.mosslinkage.com/shop/t_f_hanaagura/

CAI02(札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2
http://ameblo.jp/cai02/

カフェ エスキス(札幌市中央区北1条西23丁目1-1 メゾンド・ブーケ円山)
http://www.cafe-esquisse.net

札幌芸術の森美術館(札幌市南区芸術の森2丁目75)
http://www.artpark.or.jp

==================
PRのために作ったフライヤーです。

日めくりアート2010北海道フライヤー 表面


日めくりアート2010北海道フライヤー 裏面

裏面には、ニューヨークの展示会のために、英語も入れてみました。

予算がないので、英語に挑戦したのは私。
岸の書いた日本語を英語にできなくて、勝手にアレンジしてしまいました (^_^;)
翻訳のプロとなるには、まだまだ道のりは遠い、、、





スポンサーサイト

Twitter 今年はくる

みなさま、お久しぶりです。

例年、年度末進行の仕事で2月頃から忙しくなるのですが、

今年は早くから案件が動き出しております。

このご時勢、仕事があるって幸せだ。

でも、ちょっと忙しすぎるよーと思っていたら、

私よりもっと激務をこなしている方が、東京から来てくださいました。


新しいビジネスの話として、「Twitter」を使うマーケティングのお話を伺いました。

Twitterはもうキャズムを超えて、

アーリーマジョリティの世代に入っているとか。

つまり、新しいツールであるTwitterは、ひとつの壁を越えて、

世の中に広がり続けているということです。


今年は、Twittertがくる

と力説されていらっしゃいました。


私もTwitterユーザーですが、

自分がつぶやくのに精一杯で、使いこなせていない状態です。

年度内には、上級ユーザーにならなければと思ったのでした。

http://twitter.com/writersakko



日めくりアート2010北海道のプロモーションのため、

日めくりアートでも、日本語と英語でアカウントを作ってみました。

別の方からTwitterでのマーケティング技法を、つぶやきながら教えていただいているのですが、

こちらが追いついていない (ーー;)


実行した内容や効果をまとめて、早い段階でお客様に提案できるように

なりたいです。


そうそう、

Twitterを解析して、Twitterトレンドとユーザー影響力がわかるサイトがオープンしました。

●TWIMPACT

http://twimpact.jp/



こちらのサイトがどのような威力発揮するのか、

今後の私の研究課題です。




日めくりアート2010 反省会

夕方18時から、

「日めくりアート2010北海道」 カレンダープロジェクトの反省会 兼 打ち上げでした。

とにかく、第一回目ということで、反省することは山積み

 ・ とくかく、みなさまをお待たせしてしまった。
 ・ 品質の問題
 ・ カレンダーとしての仕様の問題
 ・ 販路の問題


一部、ご迷惑をおかけしたみなさま、大変申し訳ございません。


今回の問題点は何といっても、 開始時期が遅すぎた

これにつきます。


カレンダーとしての機能と、

アーティストブックとしての機能と、

どのように融合させていくのか、研究課題です。


Webサイトも丁寧な作り込みが必要というご指摘がありました。



そのとおりなのです。


じつは、、、

わかっていたことと言いますか、

時間の都合上、オーサリングの工数を抑えるため、

ワビさんのサイトデザイン案を一部変更したのは私なので。

ものづくりが作業になってはいけない。

そう反省しました。


今年でカレンダーの構造は作り上げたので、

次のサイトは、もう少し見た目の作りこみができると思います。


=========================
ところで、「日めくりアート2010北海道」カレンダーは、
ニューヨークと東京で、展示されます。

まだ、それだけしか聞いていないので、詳しく書けませんが、、、

東京では、

2月6日(土) 『プリント ネクスト 2010 in Tokyo』の

展示ゾーンに展示します。


ニューヨークは、その前なのですが、

私のところに正確な情報がないので、またあとでお知らせいたしますね。




敏感な人が生き延びる

みなさま、お久しぶりです。

現在、ひさびさに200ページを超える冊子を作ってます。

最近の私は、どこに行くのも大量の荷物と一緒。

中身はこの仕事の勉強道具一式。
それに、他のライターさんの校正原稿です。

空き時間があったら、すかさず座るところを見つけて、
原稿の校正をするか、執筆用の参考資料を読むかしている毎日。


本日は珍しく一日中会社で仕事をしていました。

そうしたら、久々に東京にいるいとこから電話がかかってきました。

お久しぶりの彼女が、私が今取り組んでいる冊子のテーマに関連する

テーマで講師をするそうです。

新市場を創出するための人材を育成するセミナーです。


収益を上げる、
 SaaS(Sofware as a Service)~新ビジネスモデル企画作成、立ち上げ&実践演習セミナー~

http://www.noma.or.jp/cgi-bin/perl/wgetSemi.pl?SEMINO=50005055&P=0



IT企業も印刷会社も、仕事を自ら作り出している企業はごくわずか。

その他の企業は、どうしても下請型になってしまう。

もちろん下請型のビジネスが悪いわけではないけれど、

どうしても、価格競争に巻き込まれやすいのです。


「座して死を待つか、討ってでるか」

物騒な言葉ですが、今はこのような状態まで追い詰められている業界は多いと思います。

ただ、それを直視して次の対策を打つか、

まだまだ先のことと見ないようにするかは、経営者で決まると思います。

その感度の違いが、企業の行く末を決めてしまうのではないでしょうか。


というような話で、昨日取材したばかりだったので、

このセミナーには、とても興味があります。


行政側が企業の行く末を心配しているのに、

当事者である経営者がなかなか動かないそうです。

いろいろな業界で再編が起こるのに、

その準備のために動かない北海道企業はのんきすぎるというのが彼女の見解でした。


特定のテーマに対して感度が高くなると、

関連情報が意識することなく入ってくるので、

ますます感度が高くなります。

市場創出という分野にアンテナを高く張っていきたい。


電話を切ったあとに、そう考えたのでした。










原点

札幌の東部は、大雪に見舞われました。

いつもの道が雪で埋まっています。

そうして、目の前には雪山が、、、

大雪のあとで

豪雪地帯で育った私は、こういう雪山を見るとわくわくしてしまうのです。

こうでなければ、冬じゃない

でも、大人になると単純に雪だと喜んでもいられず、

道路が安全に使えるように、雪はねが必要なのでした。

明日は、筋肉痛の方が続出かもしれません。


====================


大雪を見ると、生まれ育った街を思い出します。

小さな街の閉塞感が苦手だった私。

街にいては、職業の選択肢が少ないというのも不満でした。

先生か公務員ではつまらない。もっと違うことをしたい。

そんなとき、雑誌で私の興味にぴったりあう大学をみつけました。

親が強固に反対しても、模試では不合格圏内ばかりという状況でも、

その大学に行くという想いは、全然変わりませんでした。

それは今でも不思議です。

最近は、このときに何ひとつあきらめずに自分の想いを突き通したことが、

今の私の原点ではないかと思います。

強固な反対があったとはいえ資金は援助してくれたので、

勉強に専念できるという恵まれた環境にいたことは確かです。

でも、飛行機も宿も自分で予約し、

東京の地理案内を一度も会ったことがないペンフレンドに頼み、

塾が近くにないので自分で勉強方法を考えと、

私が行動し続けたからこそ、親の態度も変わったという側面もあるのです。

資金力もなく、情報もあまり持っていなかった18歳の私が

自分で考え行動して、夢をひとつ叶えたのだから、

今の私が目標に向って行動するのに、何も怖いことがない。

心の支えになっているのです。





疑問を持つ・推測する

お客様にいかに満足していただく仕事をするか。

そのためには、疑問をもつ推察するという力が必要なのではないかと思います。


「ホームページを作ってください」


「はい。デザインはこれです」


ついつい、こういうやり取りになることが多いのですが、

これでは、期待した成果は上がらないと思うのです。


「ホームページを作る目的は何ですか?」

「何を期待していますか?」


このようなやりとりが前段にないと、

なんとなく、デザインのきれいなホームページが出来上がってしまいます。


ちょっと質問が多くて、うんざりされてしまうかもしれないのですが、

逆に、質問して喜ばれることも多いです。



周囲の方々をよくよく観察すると、


お客様から評価が高い、取引先から評価が高い人は、


ものすごく考えて、調査し、それから提案しているように思います。


なぜ、ものすごく考えて調査できるかというと、

やはり、疑問をもつ力と推察する力があるからだと思います。


「どうして、お客様はホームページを作りたいのかな?」


「これは、こういうことではないだろうか」


話を聞いて、このように思えると、

自分から調査をして、何がこの仕事に有効なのか考えることができます。

不明な点を明らかにして、質問もできます。



でも、疑問を持ったり、推測できなかったりすると、

自分がわかっているのか、わかっていないのかも、わからないまま仕事を進めがち。

そうすると、何らかの問題を抱えることになります。


時間がないから、受注金額が安いから、疲れているから、


言い訳はたくさんできますが、そういう誘惑に負けないで(?)

ひとつひとつの仕事に取り組みたいと思います。


もちろん、効率よく仕事をするというのも最大のテーマですが、


内部で「こいつバカだ」と思われても、


手を抜かないで仕事をする姿勢はいつも持っていたいです。

プロとアマの垣根

昨年末から、企業の社長様を取材する仕事が続いています。

時代のニーズや技術の変化に対応できない企業は、

市場から撤退するしかない。

何とか踏みとどまろうと、試行錯誤しながら突き進む経営者のお話は、

非常に勉強になります。


ホームページも、印刷も、原稿執筆も、プロとアマの垣根があまりない仕事です。

垣根がどんどん低くなる中で、プロとして生き延びるにはどうしたらよいのか。

本日お話させていただいた社長さんは、

「お客さんができない。そう思うような付加価値を考えるんだよ。

 お客さんが思いつかないもの。できないと思うもの。

 そのときに、お金を払って仕事を発注してくださるから」

とおっしゃっていました。

奥深いお言葉でした。

いろいろとハードルも高い仕事なのですが、

限られた条件の中でも、その中の最高を追い求めて、

納品までがんばります。




行動あるのみ

「マガジンアルク」という雑誌に、

英語学習のデジタルコンテンツ特集』という記事が掲載されていました。

パソコン・スマートフォン(iPhone、アンドロイドなど)、Kindleを徹底活用して、

英語をマスターしようという特集記事でした。


特集記事を読んで思ったのは、

無料で使える英語教材がインターネット上にこんなにあるんだということ。


しかも、一昔前のような、一方的にコンテンツを提供するサイトではなく、

登録ユーザー同士が交流できるソーシャルネットワーク型のサイトもあるのです。


みんなで励ましあって、語学をマスターしようという趣旨かな。

そして、学習サイトとtwitterやfacebookが連動していて、

学習結果が自動投稿されます。

サイト同士の横のつながりもできてきたというのが、2009年からの新しい流れなのかなと思います。


私が登録してみたのは、下記の2つのサイト。


●Smart.fm 世界最大無料学習コミュニティ
http://smart.fm/


アカウントは、Twitter、mixi、yahooなど他サイトのものが使用できます。

私はTwitterのアカウントでログインしてみました。

Steve Jobの感動スピーチは、お勧めです。
※ Steve Jobのスピーチが映像で流れ、横に英語のキャプションと日本語訳がついています。

TOEICの単語ドリルもお勧めです。


●Lang-8(ランゲート)ネイティブと相互添削で語学学習
http://lang-8.com/


自分の興味のある言語で日記を書いたら、

その言葉のネイティブの方が、添削してくれるそうです。


=======

Webプロデューサとしての私は、

デジタルコンテンツの連動が今後の「キーワード」と思いました。

語学学習のモデルを、ほかに応用できないかなぁと、、、


クロスメディアを理念にして、印刷も手がける会社の役員の私は、

紙媒体との連動で、何かできないだろうかと考えました。


ここまでデジタルコンテンツが充実していて、

すべて無料で使用できる環境。

この中で、有料の紙媒体はどういう位置づけになるのだろう、、、



そうして、語学の勉強が好きな、プライベートモードの私は、

お金をかけなくても、語彙も発音もそして、

添削までしてくれるサイトがあるなんて、

なんて幸せなんだと思いました。



まだ何も形になっていないのですが、

この時代の流れに、どう乗っていこうかなと雑誌を読みながら考えたお休みです。


日本語表示ができるようになったら、Kindleも面白そうです。


===================

最近、Twitterで知り合った方が、大前研一さんの言葉をつぶやいていました。

人間が変わる方法は3つしかない。

1つは、時間配分を変える。

2番目は、住む場所を変える。

3番目は、付き合う人を変える。

この3つの要素でしか人間は変わらない。

もっとも無意味なのは、『決意を新たにする』ことだ。

行動を具体的に変えない限り決意だけでは何も変わらない。』大前研一


決意表明ばかりしていても、無駄だということですね。

新しい年になったばかり。

今年は、「結果報告」に力を入れていこうと思います。


=======

Smart.fmで、TOEICの勉強をしていて出できた例文。

今年は、このようなことを言わないようにがんばろいと思いました (^_^;)


Our company is burdened by lots of debt.

(会社は債務で苦しんでいる)


The company's performance has not been impressive.

(会社の業績がよくない)


He's worried he won't meet the five o'clock deadline.

(5時の締め切りに間に合うか心配している)


どれも、どきっとする文章ばかり、、、

幹部からいただいたアドバイス

最終クライアント様へのプレゼンの事前打ち合わせのため、
アライアンスを組んでいる企業様の社内での出来事。

その日は、東京本社の幹部の方が、
新年の行事で来札されていたようなのです。

※会社規模は、WEBサクセスとは「象」と「あり」ほど違う、、、


Webシステムの開発案件で、ちょうどプレゼンの方向性を確認するために、

プロジェクトメンバーで企画書をプロジェクタで映し出して見ていたときでした。


きみが企画したこのWebシステムは、

 何が特徴なの?


私の目をまっすぐ見て、話しかけてきた方がいらっしゃいました。

地位の高い方だということは、周囲のみなさまの様子でわかります。


「使いやすさ、わかりやすさ。これがキーワードです...

 いま、一番情報を探している人たちに、必要な情報が届いていない。

 ならば、インターネットで情報を届けてみてはどうかというご要望に、、、」


ここの社員ではない私が説明していいのか、、、 と思いつつも、

私に聞いてくださっている以上、答えなければならない。


映し出されている企画書を書いたのは私だ。


「ではきみはこの企画を、この方々に売るときには何ていって説明するの?

 僕がこの会社の社長だとして、どこにPRしたらこのサイトは使ってもらえるの?」


などなど、質問が次々と飛んできます。


「その問題は、このページを作ることで解決しようと思います。

 そうすると、ターゲットが望む人材のスキルアップもできると思うのです。」


必死に答える私。

絶対目をそらさないで、真っ向勝負 


そうして、最後には

「オンリーワンの企画として選ばれるためには、

 こういうアプローチが必要だよ。

 こういう順番で説得するんだよ。」

と、アドバイスをいただきました。


たぶん、その企業の社員の方もめったにお会いできず、

まして直接お話できる機会は少ないと思われる幹部の方から、

貴重なアドバイスをいただけたのでした。


それで、企画書のストーリーを変えることにしました。

プレゼンは来週。

どうか、うまくいきますように。

日めくりアート2010北海道 カレンダーに関するお知らせ

日めくりアート2010北海道事務局からお知らせです。


出展者のみなさまへ

日めくりアート2010北海道カレンダーへの作品のご提供ありがとうございました。

みなさまに贈呈いたしますカレンダー5部は、
順次ご指定のご住所までお届けしております。

お待たせしておりまして、申し訳ございません。

お手元に届くまで、もう少々お待ちくださいませ。






2010年 始動 !

2010年が動き出してきたという感じです。

みなさま、お正月休みはゆっくりできましたか?


1月1日に日めくりアート2010北海道のサイトオープンを控えていましたので、

日めくりWebチームのメンバーは、1月1日にトップページにカレンダーのビジュアルが

無事表示されるまでは、どこか落ち着かなかったようです。

私も1月1日に、当日のビジュアルが表示されたことを確認して、

やっとほっとできたのです。


=====

情報検索ツールが充実してきましたね。

SNSやブログに加えて、Twitterも貴重な情報源になってきています。

私は新年早々、お名前は存じておりますが、まだお会いしたことがない方と、

Twitterを通じて情報交換できるようになりました。

ゆるやかな情報交換をするには、便利なツールだなと思います。


今年はWeb業界では、従来のビジネスモデルが通用しなくなるような気がしています。

SEO対策も考え方が変わってくるようです。


情報や技術の陳腐化のスピードが加速しているのも感じます。


技術の取得と、何を核にしてビジネスを展開するかその優先順位付けが

2010年のキーワードになるのかなと思います。


=======

世の中の流れについていこうということで、

ブクログも使ってみることにしました。


ブログパーツとして、このブログに組み込んでみましたが、、、

本棚の横幅が広くて、ブログパーツの表示エリアからはみ出していました orz。


情報連携について、研究する年にしようと思います。






Category: 営業日誌

情熱

静かに時間が流れている、年末年始のお休みも今日を残すだけとなりました。

雪が少なかったここ数年とは打って変わって、大雪のお正月でした。

屋根から雪がどさどさと落ちてくるので、お天気がよくなったところで娘と雪はねをしました。

ひざ上まで雪に埋まりながら、雪はねをするのも久々です。

雪の庭

リビングから見える庭も、雪化粧しています。


1日から2日かけて夢中になって読んでいたのは、

山崎豊子さんの「運命の人」

沖縄返還前に起こった外務省機密漏洩事件をベースに、

第二次大戦後の沖縄の現実も取り上げられている作品です。


運命の人


第4巻のあとがきに

「いつか沖縄を書かなければならないという使命感を抱いていた」

と書かれていたのが印象的です。


誰に言われるのでもなく、ご自分でこうしようと決め、それを実行される

その力が素晴らしいなと強く思うのです。

※ 会社員というのは、誰かが指示したものを忠実に実行するだけになりがちなので

事件の当事者、外務省関係者、沖縄への取材をし、それを小説として書きあげたのだと思うと、

そのエネルギーは素晴らしいというしかないのです。

(もっといい表現をしたいのですが、言葉が思い浮かばない)


山崎豊子さんの小説には、盗作ではないかという批判もあるようですが、

テーマを決め、取材をし、読み応えがあり考えさせられる小説に仕上げるその情熱と力が

何よりも大事だと私は思うのです。

結果への批判は簡単だけれども、

自分が行動して実行するのはかなり難しいことなのだから。

結果に間違いがあったときは、そこから修正すればよいと思うのです。


世間でいろいろ言われても、スタイルを築きあげていく

勇気も素晴らしいと思います。

私は何をもって、

「こうするのが私の使命だと思っています」

と言えるかなと考えたお正月休みでした。
Theme: 読書 | Genre: 小説・文学
Category: 読書日記

荒れ模様のお正月

あけしまておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。


昨日の夜から、荒れ模様の北海道です。

今日も一日、風が強いみたいです。

2010年1月1日 風景



さてさて、

日めくりアート北海道のサイトがリニューアル!

カレンダーに採用された365作品を、サイトでもお楽しみいただけます!!

トップページのビジュアルは、毎日変わります

http://www.himekuriart.com/


ブログパーツも、無事動いていることを確認しました。

このブログにも組み込みましたので、見てくださいね~ 


実験的に、Twitterでもアカウントを作りました。

今の構想では、本日のクリエーターさんを紹介していこうと思っていますが、、、

くじけたらごめんなさい。

北海道のクリエーターさんたちを、世界中の方々に知っていただきたい

こんな思いもありますので、Twitterも英語のアカウントも作ってみました。


私が英語も書いているので、間違いなどあるはず、、、


でも、間違いを気にしていたら、何事も上達は望めません。

今年は、少しずつでも日本語・英語の両方で、

情報発信していきたいなと思っているのでした。


=*=*=*

今日のお天気のように、2010年は荒れそうな予感もしています。

そんななかでも、たくましく、そしてしやなかに、日々を楽しんでいきたいと思います。
Theme: 謹賀新年 | Genre: 日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。