スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末商戦にむけて、準備はOK? ネットショップセミナー開催します!

やってるつもり?

でも、本当はしらない顧客志向マーケティング。


と題しまして、今年もネットショップセミナーを開催します

9月26日 ネットショップセミナー

ネットショップ構築の技術だけでは、もはや業績は上がらない。
マーケティングの視点はネットショップ事業に不可欠な要素です。

今回は、そのマーケティングの理論と実践の両面を学べるよう、
最強のゲスト講師陣お二人をお招きしています。

なかなか聞けないマーケティング理論やショップ経営の実践ノウハウを、一挙お届けします。

今、ネットショップ経営でお悩みの方、これからネットショップ参入をお考えの方に、
ぜひお越しいただきたいセミナーです。

--------------------
ゲスト講師ご紹介
--------------------

◆小樽商科大学 ビジネススクール アントレプレナーシップ専攻
     教授 近藤 公彦 氏

『ネットショップ成功のためのマーケティングの基礎-顧客視点のマーケティング-』

「優れた理論ほど実践的なものはない」とおっしゃる近藤先生は、
ご自身もビジネススクールの学生を集めるためにマーケティングを実践されています。
すべての商売に通じる最先端のコミュニケーションベースのマーケティング理論を、
机上の空論ではない、実践的な形でご教示いただけます。


先日、セミナーの打ち合わせのため、小樽商科大学サテライトオフィスに
お邪魔しました。

先生がおっしゃっていたことは、

いい商品を持っているから、
お客様が買ってくださるだろうというのは間違い。

情報を発信して、露出することは大事

ということです。

ネットショップ事業を行うための、

集客、戦略、心構えをお話いただけるということです。

これは、聞き逃せません

そして、もうひとりのゲスト講師は、、、、

■株式会社nana 代表取締役 川村 七菜氏
『成功/失敗体験に学ぶネットショップ新規参入の成功戦略』

楽天ショップ「ネイル工房」(http://www.rakuten.ne.jp/gold/nail-koubouu/)他、
ヤフーオークションストア、ビッダーズショップ運営。
Yahoo!2008年ベストストア マイブース賞第2位受賞。
昨年もこのセミナーにてネットショップ経営のコツを惜しみなくお伝えいただき、
受講者の皆様より大好評をいただきました。

今年はネットショップ新規参入成功のポイントをお届けいたします。
これからネットショップを始める方にもおすすめです。
また、集客できるメルマガ、キャンペーンのコツや、楽天の広告の買い方など、
すぐに役立つノウハウをお届けします。

昨年のショップセミナーの三部で、
蝦名とトークセッションをしていただいた、おなじみ 七菜 さん。

今年は単独セミナーで、ショップ経営のノウハウを大公開していただけます!!


--------------------
セミナー詳細
--------------------

■日時:2009年9月26日(土) 14:00~17:00

■参加費:5,000円(税込)

 ☆特典:テキスト および 小冊子「成功するオンラインショップ 10の鉄則」

■定員:30名

■対象:オンラインショップに関わっておられる方
    オンラインショップ参入をお考えの方
    マーケティングの基礎を学びたい方

■場所:正文舎印刷株式会社 多目的ホール
札幌市白石区菊水2条1丁目4-27
地下鉄東西線 菊水駅 2番出口から徒歩5分
 ※駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。

■カリキュラム

第1部
『ネットショップ成功のためのマーケティングの基礎 -顧客視点のマーケティング-』
小樽商科大学 ビジネススクール アントレプレナーシップ専攻
教授 近藤 公彦 氏

第2部 
『これから始めるネットショップ 基本セオリー15連発』
株式会社WEBサクセス 蝦名 未希子

株式会社WEBサクセスでネットショップ構築に多数関わっている講師が、
初心者の方向けに基本的な心得をお届けします。
すでに開業している方も改めて
ご確認いただけます。

第3部
『成功/失敗体験に学ぶ ネットショップ新規参入の成功戦略』
株式会社nana 代表取締役 川村 七菜 氏

■詳細ページはこちら
http://www.websuccess.jp/090926shop-seminar/090926seminar.html

■お申し込みはこちら
http://www.websuccess.jp/shopseminar-form/mailform.php

==================

今回のセミナーでは、

ネットショップ成功のための鉄則をまとめた
小冊子をつけちゃいます。

Web活用塾で実践して売り上げが上がったこと、
ネットショップ経営で順調に業績を伸ばしているオーナー様の声を
盛り込みます
スポンサーサイト

青い海に癒される

抜けるような空と、真っ青な海に癒されてきました。 

ここは、北海道の積丹半島です。

積丹半島

札幌から車で約2時間のミニ出張です。

今回は、ホームページリニューアルのご提案のため、
訪問させていただいたのでした。

積丹半島

ちょうど直前に、道内をくまなく営業されている
別のお客様から、

「積丹に行くのなら、このルートで行くほうがいいですよ。
 遠回りだけれど、天気が悪いときは絶対にこのほうがよい。」

「積丹に行くなら、ウニをぜひ食べてきてください。」

とアドバイスを受けました。

この日、札幌はあいにくの雨。
そして、余市を抜けたあたりから、大雨に当たったので、
本当に貴重な情報でした。

ありがとうございます。

そして、、、

当然ながら、昼食にはウニ

うに丼

昼食にしては、ちょっと高いお値段。

同行した営業の赤羽と2人、

しばし、「う~ん」とうなっていたのですが、

せっかく、2時間かけて営業に来たのだから、
ウニを食べよう! と決断しました。


※ 写真は光っていて、あまりよく見えませんね、、、


おいしい食べ物と、広大な自然に感動しつつ、

私たちも、お客様にお仕事で感動していただきたいと

願ったのでした。


積丹半島


お仕事も決まりますように
Category: 営業日誌

人が喜んでくれることがうれしい ~株式会社ノースライフ 溝渕社長

名古屋から戻ったばかりの金曜日の夕方、

こんな素敵なウェルカムメッセージと、お誕生日の由来で迎えてくださったのは、、、

メッセージとお誕生日の由来

株式会社ノースライフ様です。

新工場が完成し、そのお祝いのパーティにお招きいただいたのです。

キャンピングカーの製造・販売をされるノースライフ様との出会いは、
ホームページ制作。

リニューアルのコンペで、ご指名いただいたのでした。


ノースライフ様


●株式会社ノースライフ様
http://www.northlife.co.jp/

その後も、
社員の方々にはWEBサクセスのセミナーに参加していただいたり
販促に関するご提案をさせていただいたりしておりました。

そして、パーティでお会いした社長の溝渕様から、
とてもうれしいお話を聞かせていただきました

それは、、、

8月15日の北海道新聞の記事。

ノースライフ様 道新記事

社長の溝渕様が掲載されています。

この取材のきっかけが、
ホームページのひとつのコンテンツ、「ノースライフ 社長からの手紙」だというのです。

ノースライフ 社長からの手紙

この「社長からの手紙」は、
私と蝦名が、溝渕様をインタビューして書いた記事なのです (*^_^*)

生い立ちから、新工場建設の計画まで、約5時間ほどお時間をいただいて、
じっくりお話を聞かせていただきました。

インタビュー中、人を大切にする溝渕様のお人柄に感動しました。

そして、
キャンピングカーを開発・販売する情熱や
キャンピングカーを通して、家族の幸せを運ぶという経営姿勢を聞かせていただき、
経営や人生の勉強をさせていただいたと思っています。

** だから、インタビューはやめられない **

そして、
「人が喜ぶのが大好き」という社長さんの会社らしく、
パーティもアットホームで、心のこもったものでした。

パーティの会場は、新社屋の屋上のビアガーデン。
お料理は社員さんの手作り。
当日の進行・ゲストのおもてなしも
すべて社員さんが担当されていました。

手作りオードブル

手作りのオードブルです。

社員さんの手作りお寿司

社員さんが握ったお寿司です。

おすし屋さん?

社屋にお寿司のカウンターがあるのもすばらしい。
社員さんが握ってます。

バーベキュー

こちらは焼き物係。
社員さん特性の燻製もおいしかったです。

そして、、、

帰りにおみやげとしていただいたのは、
私専用のひざかけでした

ご招待された方、ひとりひとりに大切にしてくださる
ノースライフ様の姿勢は、なぜ仕事をするのかという問いの答えになると思うのです。

お客様に感動していただくということです。

私専用ひざかけ

おみやげを手渡していた社員さんは、
お客様の顔と名前をきちんと覚えていらっしゃることにも感動しました。

私が出口にたったとき、名前を聞くことなしに、
すっと手渡してくださったのでした。

手間や暇はかかるけれど、
そこには、みんなの幸せがある。

そういう暖かい時間をありがとうございました。


Category: 営業日誌

OA機器販売の世界

名古屋へ出張した理由は、、、

8月17日(月)にリニューアルオープンした、

株式会社OAナイン様の
「OA機器.com(どっとこむ)」のホームページのアフターフォローでした。

OAナイン様

●OA機器.com様
http://www.oa-9.com/

MovableTypeの講習会と、
アクセス解析の組み込み、今後の方針についての打ち合わせをしてきたのです。

キャンペーン情報とレンタル商品は、自社で更新したいというご希望。
MovableType(ムーバブルタイプ)での構築を提案させていただきました。

全国を飛び回るお客様ですので、
原稿を執筆する時間はほとんどないとのこと。

ですので、電話取材をさせていただきながら、
私が原稿を書かせていただきました。

原稿執筆を担当するときは、下調べも大切。
OA機器の販売・レンタル業界について、
ホームページを中心に、とにかく大量の関連情報をインプットします。

その後、ヒアリングシートを作ってお聞きしたい内容を事前に連絡します。
今回はインタビュー記事とは異なりますので、
あらかじめ、原稿の骨組みまで作ってメールしました。

そうして、最終打ち合わせを電話で行い、
原稿に仕上げてから、校正をお願しました。

取材には3回に分けて、1時間ずつお時間をいただきました。
話をさせていただくうちに、
メニューの順番がよくない、
更新する部分が目立たないなど問題が見えてきて、
何度か修正しています。

この期間中、コピー機・複合機のビジネスモデルを勉強できました。
たまたま、岸は前職でコピー機を販売していたので、
料金回収のしくみなどを、マンツーマンで教えてもらいました。

こうして公開しホームページ。
私としては、
ホームページからのお問い合わせがどのくらい増えるか緊張しています。

中古コピー機販売

制作期間中、検索結果の順位の入れ替わりが激しいと思っていましたので、
何とかよい位置をキープできるように、今後も施策を提案していきたいと
思います。

一年後には、スタッフの皆様に、
札幌でジンギスカンを堪能していただきたいなー。



Category: 営業日誌

ひつまぶしの食べ方を習う

「もう、秋の気配だね。」「夏は終わったね。」

などと話している札幌を出発 

ここはまだ、真夏でした 

中部国際空港

初めてひとりで来た名古屋。

当然、中部国際空港も初めて。

飛行機を降りて、わくわくしながら歩く私。

ミュー

空港から名古屋までは、ミュースカイを利用しました。

それにしても、自動券売機の操作手順は、なぜ各社ばらばらなのでしょう。

ミュースカイの券売機は、

切符の種類 → 購入枚数 → 行き先 → 席指定 → 料金投入

という流れ。

まずは、料金を入れてから切符の種類や行き先を選ぶJRと違います。

操作方法は統一したほうが親切なのに、、、 

※ テクニカルライターとして、操作マニュアルを書いていた人間なので、
  こういうところは敏感です。

ミューチケット

切符の買い方がいまひとつわからなず、
駅員さんに聞きながら買ったミューチケット。

名古屋駅では、東京から新幹線で来た協力会社の営業スタッフと
無事に合流でき、お客様の会社へと向ったのでした。

お客様の会社では、
公開したホームページの更新方法の説明をさせていただきました。

WEBサクセスでは、CMSツールを導入したときは、
操作支援のため、使い方の説明に伺います。

もちろん、オリジナル更新マニュアルつきです。 
もう一冊、CMSツール全般の機能を解説した汎用マニュアルもお渡しします。

※ テクニカルライターが書くマニュアルですよん。
  (だから、どうしたという感じではありますが、、、
   マニュアルのプロが書くから、本格的なものです。)


講習が終わった後は、おいしい夕食の時間。

ひつまぶし」をはじめて、いただきました

「名古屋に行ったら、絶対にひつまぶしを食べてくるんだよ。」

岸からそういわれていたので、楽しみにしていました。

手羽

手羽先は、名古屋の名物だそうです。

ひつまぶし

じつは、、、

私は「ひまつぶし」と読んでしまい、
どうして、暇をつぶすんだろうと思っていたことがあるのですよ (^_^;)

「おひつに入ったまむし」なので、ひつまぶしというそうです。

※ 関西方面では、うなぎのことをまむしと言うところがあるそうですね。
  じゃりんこチエを思い出していた私 (古い!)

ひつまぶしの食べ方も習いました。

写真は3~4人用ですが、1人分のときは四等分するのだそうです。

一回目は、そのままで。
二回目は、ねぎとねさびの薬味を添えて。
三回目は、お茶漬けで。
四回目は、お好みで。

ひつまぶしを楽しむそうです。

ひつまぶし 一杯目

一杯目のひつまぶし。

ひつまぶし 二杯目

二回目。私はねぎがたっぷり入っているのが好きです。

ひつまぶし 三杯目

三回目はお茶漬けです。

このあたりで、おなかが一杯になりました。

こうして、初めての名古屋、初めてのひつまぶしを堪能させていただいたのでした。
ありがとうございます。

Category: 営業日誌

作戦会議

昨日は、月に一回のWEBサクセス 現場会議でした。

現場会議は、

営業と制作スタッフが全員集まり、

その月の売り上げ確認、営業報告、審議事項を話し合う会議です。

昨日のテーマは、

1. 8月の売り上げ & 案件進捗確認

2. お客様事例キャンペーンの振り返り

3. 9月26日(土) ショップセミナーについて

上記3点。


売り上げに関しては、種まきが重要だと感じます。

今期の狩も大事ですが、

その次の種まきをしていかなければあとがない。

2番めのお客様事例キャンペーンは、その種まきの一環です。

キャンペーンの目的は、
お客様事例のよさをPRして、認知度を上げること。
そして、もちろんお仕事をいただくことだったのです。

その結果はどうだったのか、

営業担当者の報告と制作側の考えとずれがなかったか

確認しました。

キャンペーンは大成功とはいえませんが、

お声がけいただき、商談が進んだことは成果だと思います。

出てきた課題は、

情報発信の方法に問題ありということ、

そして、どうブランディングするか再度検討の余地ありということ。

この課題に関しては、

「お客様事例ブランディング改善チーム」が発足されました。

次回の現場会議での進捗報告で、

どのような方向性が打ち出されるか、ちょっと楽しみ。


ショップセミナーは、スタートが遅れているので
急ピッチで告知をしていく必要があります。

今回のセミナーには、セミナーのレジュメのほか、

成功するオンラインショップ 10の鉄則(仮題)

という小冊子をつけちゃいます。

セミナーの打ち合わせ中に、

ショップ運営をしているお客様の声が聞こえてきて、、、

そういう方々の声を集め、成功事例・失敗事例の中から鉄則を作ったら

便利なのではないかと思ったのです。


原稿を抱えると自分の首を絞めることにもなるのですが、


本作りは好きでたまらないことなので、

「私が書きたい!!」と、心が燃えるのでした


インタビューするべきショップのオーナーさんも、

その場でピックアップ、目次案も考えつく勢い。


私は定期的に、
全員が集まれる時間が大切だと思っています。

案件優先、仕事の効率化も大事なのですが、

同じ場所にいて、全員が同じ時間を共有することも必要なことだと思います。

たとえ、話し合うテーマがなくても。

Category: 営業日誌

検索エンジンには、titleタグが効く... と思う

夏休みがあけたと思ったら、

今週はいろいろなところに訪問予定。

ほとんど会社にいない白藤です。


さてさて、本日は検索エンジンのお話を少し。

このキーワードで、

トップページを検索エンジンの1位に表示させてほしい


こういうリクエストをいただいておりました。


絶対に一位になりますという保証はできないものの、

できる限りがんばりますっっ と引き受けたお仕事。


不幸なことに、トップページにはそのキーワードが何も含まれていなかった...

上位に表示させたいキーワードが、

肝心のトップページに含まれていないのですから、

検索されないのは当然なのです。


今回は、他のツールと連動させるので、

どうしてもトップページを検索エンジンの1位にさせたいとのこと。

「詳しくはWEBで」 というものですね。


さて、、、

どこにキーワードを埋めようかと考え、

titleタグ、metaタグのキーワードとディスクリプション、h1タグに

そのキーワードを入れました。

※ SEO対策の王道です。


そして、肝心の本文にもそのキーワードがなくは、

お客様が直帰してしまう。

※ 情報を探して、キーワードを入力するのですから、

  そのキーワードが本文ですぐに見つけなれなければ、

  探していた時間が無駄というものです。

ということで、

自然な日本語になるように、

1箇所にだけキーワードを入れて文章を修正してみました。


施策後、検索してみたのですが、

なかなか順位が上がらない、、、

これは、別の対策も必要かなと、対策を考えていましたら、、、




本日、Yahooでトップページが1位にきました

Googleも2位です。


これで、まずはひと安心。

お客様にも、まずは満足していただけました。 ほっ。


あとは、1位をキープできるように、

外部リンクも工夫することをお話しさせていただきました。


あまりにも競争が激しいキーワードの場合、

上記の施策だけでは1位の確保は難しいかもしれませんが、、、

ニッチなキーワードであれば、よい順位を確保できると思います。


私の思うところ、titleタグにキーワードを入れるのが、

優先して重み付けしてくれるような気がします。

ページごとに、テーマに沿ってtitleタグの中身を作る必要があります。


みなさま、ご自分のホームページを再度ご確認くださいね。






感性

4日間のお休みの最終日。

本日は自宅でゆっくりと過ごしてました。

午前中に遊びにきた友人と話していて気がついたこと。

大人の頭の中は、固定観念ができていて、

こういうもの。これが常識と決めてしまって、

新しいことを知ろうする気持ちがなくなるのかなと。

柔軟性

いつも大切なことなのなのだけれど、

柔軟に考えるということは、なかなか難しい。

人間が自分で体験できることには、限界がある。

だから、実体験で学んでいくことは大事。

そして、もうひとつ。

相手から学ぶということも大事。

相手から学ぶということは、相手の話をまずはよく聞くことだ。

相手の話をよく聞くには、時間が必要で、
自分にも余裕がないとできない。

今年の後半は、
自分を精神的にぎりぎりまで追い込まないように、
優先するものと、しなくてもよいことを区別しながら
すごそうと思う。

いい仕事をして、
いい組織を作るために。
Theme: 小さな幸せ | Genre: ライフ

ゆっくり過ごしてます

本州は、まだまだ残暑が厳しいことと思いますが、

私は涼しい北海道で、ゆっくりしています。

雨が降ったと思ったら、いっきに涼しくなりました。

庭でくつろぐ

実家の庭はこんなに線路が近いですが、
1日に6往復くらいしかない列車なので、非常に静かです。

庭では、ちょうちょやとんぼが飛んでいます。

あかとんぼ


写真は赤とんぼです。
もうすぐ秋がやってくる、そんな感じがしますね。

なす

しなければならないことが何もなく、
言わなければならないこともなく、

なすなど干しながら、時間がゆっくり流れていきます。

たまねぎ

そして、時間がたっぷりあるので、
たまねぎをみじんぎりにして、飴色になるまで炒めている私。

草取り

庭では、母と娘が草取りなどしています。

なんとかしなきゃとか、
ここまでしたら帰ろう、、、

そんなことは何も考えず、
思いっ切り脱力で過ごしているお休みです。

こういう時間は大切ですね。

スープカレー風

炒めたたまねぎは、夏野菜と一緒に煮込んで、
スープカレー風にしてみました。


体温免疫力―安保徹の新理論!体温免疫力―安保徹の新理論!
(2004/05)
安保 徹

商品詳細を見る



本日読んでいたのは、「体温免疫力」

いつも多忙で動き回っている人は、

意識して横になる時間を増やす必要がある そうです。 (p.185)

そして、体を冷やさないこと。温めることが大事です。

というわけで、いつも多忙なみなさま。

どこかでゆっくりすることが大切ですよ
Theme: 小さな幸せ | Genre: ライフ

写真はオンラインショップの命

オンラインショップをいろいろ見ていて思うけれど、

写真に全然気を使っていないのがもったいない。

賢いオーナーだとは全然思えない。



というお話を聞かせてくださったのは、

副業からオンラインショップを始めて、順調に売り上げを伸ばし、

このたび、お店を法人化したショップのオーナー様。


買いたいと思ってもらえる写真とは何か。

売り上げが上がらない頃から地道に研究していたそうです。

商品の見せ方、魅力的な写真とは何か、

反応率はどこで違うのか、

一年かけて研究して、やっと売れるショップ作りに成功したとのことです。


オンラインショップの生命線は、写真


ただ単に商品の写真を撮るのではなく、

見ているお客様が、その商品を手にしたとき、

どんな感じになるのかイメージできるシーンを撮る。


こういうことを心がけてくださいね。


そうそう、こんなオンラインショップ経営のノウハウが詰まっていて、

そして、大学の先生にマーケティングも学べるセミナーがあるのです。

それが、

9月26日(土) に行う、WEBサクセスのオンラインショップセミナー。

詳細の発表はお盆明けの予定です。

ご興味のある方は、今からスケジュール帳に書き込んで、
申し込み開始の告知を待っていてくださいね。

売れるホームページ はじめの一歩

ホームページのリニューアル企画をするということで、

お客様のご要望を聞きつつ、ホームページをじっと眺めていたら、、、

会社の規模・理念と、
ホームページのデザインが一致していないのでは?


と思いつきました。

従業員数15名以下の会社さんで、

地域密着型でお客様のお役に立ちたい。
地域の何でも屋、地域社会のお役立ち企業になりたい。

という考えでいらっしゃる。

ですが、会社のホームページから受ける印象は、

従業員数50名くらいの、ある程度役職階級がある規模の会社に見えるのです。

しかも、美しいデザインなので、
社長さんのおっしゃる理念とは結びつきづらいなと思いました。


ホームページのデザインが洗練されていることと、
プロがデザインすることは、ちょっと意味合いが違うと思います。


プロが作るホームページは、お客様のご商売のことを考えた上で、
デザインすること。テイストがちょっとださかったとしても、
それが、いい味を出すこともあるのです。


地域密着で、小さなお問い合わせでもすぐに飛んでいく~

そんなイメージを作りたい場合は、

人柄をみせていくのがいいと思うのですよ。

ホームページから語りかけてくるようなイメージです。

※ ありがちと思われるでしょうが、
  何で人の心をつかむか、それが勝敗の分かれ目かも、、、


誰にでも声をかけてもらいたい。
そんな会社にしたいなら、

ホームページも
親しみやすい色、語りかけるような文章、親しみやすいフォントなどを使い、
声をかけやすい雰囲気にしましょう。

こういう自社の分析と、お客様の分析が、
売れるホームページ作りのはじめの一歩なのだと思います。

真夏のお休みの1日

週末は雨続きだった札幌。

今週は、やっといい天気になりました

テニス日和です。

午前中の3時間は、外のコートで練習。

テニスコート

最近のレッスンでは、サーブのトスがうまくいかなくなり、
ダブルフォールト連発。

今日はどうなるか、ちょっと心配でしたが、、、
まぁまぁうまくいきました。

外で試合を交えて練習すると、自分の弱点がわかってきます。

ひさびさの女子ダブルスで試合。
しばらく試合から遠ざかっていたので、新鮮でした。

0-40の劣勢からゲームをひっくり返す力もあるけれど、
とられるときは、0ゲームであっさり。
「このギャップをなくしていかないとね」
試合にでる計画をしている友人と話していました。

そして、夕方からはテニス仲間と飲み会。

ちょうど「すすきの祭り」が開催されていました。

すすきの祭り

すすきの祭り

青森県「青森ねぶた」を札幌でも見学できした。
パワフルな踊りです。

すすきの周辺で少しぶらぶらしたあと、
予約しているお店へ向います。

途中、時間が少しあるからと、ノルベサで観覧車にのることにしました。

観覧車は「ノリア」というのですね。

http://www.norbesa.jp/noria/

ノルベサ-観覧車

私は札幌市民ですが、観覧車に乗るのは初めてです。

ノルベサ-観覧車

観覧車から見える大通周辺。

右側のタワーが、テレビ塔です。

ノルベサ-観覧車

午前中のテニスで、やっぱり日焼けしてました。

お店の前での一枚。

http://www.tescompany.co.jp/hotaru/

ほたる

テニスの練習後は、すぐに帰ることも多いので、
今日はゆっくりと話ができました。

楽しい時間でした。

Theme: 写真日記 | Genre: 日記

撮影現場にて

会社案内に素材写真使うのはだめだ! 作り直しだ!

ひえぇぇぇぇ ~


岸に言われてびびっていたのは私。

そして、仕事が忙しいことを理由に、
その話しをスルーしていたのも私


が、、、

岸は本気だった。

「撮影の指示はもう成田にしたから。

 撮影シーンも考えた。 もめるのもいやだから、みんなの配置も考えた。」


というわけで、

WEBサクセスのスタッフは全員、本日の17時から時間を空けるように
お達しがでた。

スタッフが集まったのは、、、


撮影スタジオ


カメラマンさんのほかに、なんと スタイリストさんもいたのです

そして、凝った撮影シーンの絵コンテまでできていた。

プロのカメラマンさんに撮ってもらうことはありましたが、
こんな本格的なことは初めてだよ~


撮影スタジオにて

みんなも、ちょっと不安そうです。


小学生になってる白藤

でも、カメラマンさん、スタイリストさん、アートディレクターが
熱心に最終確認をしているというのに、
緊張のあまり、はしゃいでいる白藤。


撮影スタジオはこんな感じです。

撮影スタジオ現場


さてさて、本番の撮影スタート!!


アートディレクションをしている成田の指示のもと、

みんな、モデルのようになっています。

撮影スタート


こんな感じで演出されてます


いい写真になるまで、何度も何度も同じシーンを撮ります。

モデルさんの仕事は、地味で忍耐と体力がいる仕事だなと思いました。
いい表情ができるまで、同じ姿勢・同じポーズをし続けなければならないから。

出番を待っている

こちらは、自分の出番を待つ3人。

自分のシーンがうまくできるか、どきどきです。

スタイリストさんがいる撮影風景

スタイリストさんに、髪を直してもらっている蝦名。
役になりきってます。

歩き方がきれいな滝田

歩き方がきれいな滝田。
モデルウォーク?

緊張してます


緊張しっぱなしの私。
最初のほうは、ペンギンみたいな歩き方になっていました。
笑えって言われてもねぇ、、、


プレゼンする蝦名


プレゼンのシーンを撮る蝦名。
スタイリストさんが、お洋服を直してくれます。

本格的ですね。


さてさて、この絵コンテの担当は私。

絵コンテ


壁によりかかって、人を待ちながら携帯電話を見ているシーンです。


実際の撮影は、こんな感じで行われました。

携帯電話のシーン


待っているように見えますか?

後ろにいるのは赤羽。
壁がなかったので、人間が支えてくれていたのです。
撮影現場では、こうしてシーンを作り出すのですね。


さてさて、仕上がりはどのようになっているでしょう。


今日撮影した写真の一部は、ホームページでも使用する予定です。

おたのしみに!!




Category: 営業日誌

化学反応

仕事の守備範囲が広いと思う私。

この状態では、どれも中途半端になるのではという
恐怖も感じたりしていましたが、、、

小山薫堂さんの

「考えないヒント アイディアはこうして生まれる」を読んでいて、

考え方が変わりました。

考えないヒント―アイデアはこうして生まれる (幻冬舎新書)考えないヒント―アイデアはこうして生まれる (幻冬舎新書)
(2006/11)
小山 薫堂

商品詳細を見る


根本的には、今のままでいいんだと思えたからです。

====== 引用 ======

僕は普段、テレビの仕事をしたり、ラジオのナビゲーターをしたり、
レストランのプロデュースをしたり、小説を書いたりと、いろいろな仕事をしています。
そうすると、いろいろなチャンネルを持っていることによって、
アイディアの化学反応が起こります。

(略)

一つのことだけやっていると、その世界の枠組みのなかでのアイディアしか浮かばないから、
なかなか大きな発想に発展しない。


===================================

小山薫堂さんとはレベルが違いますが、

いろいろな仕事をしているからこそわかることがあって、

それで、仕事をいただけているのかなと思うことがあります。

仕事の内容を振り返ってみたら、結構な数になる。

 ・ソフト/ハードウェアマニュアルの企画/執筆

 ・DTP

 ・アプリケーション画面設計
 ・要件定義策定
 ・アプリケーションソフト 検査

 ・メルマガ企画/執筆

・取材、インタビュー記事作成

 ・Webサイトプロデュース
   → 企画/設計/ディレクション

 ・HTMLコーディング

 ・携帯サイト構築

・CMSツールカスタマイズ

 ・販促ツール企画・制作

 ・セミナー講師

 ・セミナー企画/運営

 ・マニュアルローカライズ

こうした仕事は、
もともとしていたマニュアル制作から広がったもの。

まったくばらばになっていないから、
現在の自分がいる。

出会う人もさまざまで、
いろんなヒントもいただいている。

そう考えると、何も恐怖を感じる必要はなく、
むしろ、楽しんでいいのだと思えるようになった。



Category: 読書日記

時間の変化とともに変わる理念

12時~14時まで、
北海道中小企業家同友会の経営指針委員会に出席していました。

経営指針作りの勉強をはじめたのは3年前。

私が何だかもがいているみたいだったからと、
親しくしてくださる社長さんに熱心に
勧めていただいての参加でした。

委員会では、勉強会の企画を立てながらも、
社長同士なので、ご自分の会社の状況、
経営理念の浸透度、社員の反応などいろいろ聞かせていただけます。

本日、印象的だったのは、

経営理念も時代の変化とともに
見直す必要があるということ。


当たり前といえばそうなのですが、
実際に理念を変えた社長さんの話を直接聞くと、
なるほどと、すとんと落ちました。

それは、、、

道内の企業とのお付き合い重視という方針があったけれども、
それでは売り上げが伸びなくて、東京にも出稼ぎに行くという方針にした
そうです。

出稼ぎ」という言葉にもこだわっていて、
それは、東京で得たお金を東京で使うのではなく、
北海道内で使うという目的があるからだそうです。

私もある意味同じ考え方をしています。

不景気になると、本州資本の企業は、
北海道など、利益がなかなかあがりそうもない地域から撤退していく。

でも、北海道には北海道で生活している人間がいる。
それでも、切り捨てられる。

だから、大手資本に頼らないで、
地場で仕事と雇用を生み出していくことが大切だと思うのだ。
北海道で生きている私たちが、北海道を何とかしなきゃ!!

そうして、
お金のあるところから、お金の流れを作り出す。
それを道内で上手に循環させる。
で、北海道からビジネスを生み出せるようにしたいのだ。

だから、東京でも大阪でも、
必要とされれば仕事をしにいく。

それは、会社を存続させるためだ。

ほかの社長さんは、

うちの社会貢献は、

うちの会社がつぶれないことです。雇用を守ることです。


と社員に言っているそうです。

シンプルで、わかりやすい言葉だなと思います。

毎回、生きた経営を学べる場所です。

Theme: 企業経営 | Genre: ビジネス
Category: 会社経営

働くお母さんの気持ち

定期的に読んでいるブログの中に、働くお母さんの気持ちが書かれていました。

この記事、同じ境遇で働く身としては、よくわかるなと勝手に共感しています。

●渡辺佳恵 オフィシャルブログ

http://ameblo.jp/suivre/entry-10312376909.html


働きなゃってモードのお母さんに、
娘さんは空気を読んで、遊びに行っているというくだり、
賛否両論があります。

空気を読めるのは子どもがかわいそうという感じ。

けれども、、、

世間がどう言おうと、
働かなきゃいけないときは働きなきゃ、生きていけない。

だから、
「親子の数だけ関係はある」っていう、
渡辺佳恵さんの考え方が好きです。

お母さんが家にいなくて、
かわいそうかどうかは、
本人に聞いてみなければわからないことですしね。

子どもが成長していく過程では、
絶対に大人の助けが必要。

これだけは忘れないで、
でも、いろいろな意見には惑わされないで、
自分と自分の子どもとの関係作りをしていこうと思うのです。

それと、、、
うちの子は助け合いということを、小さな頃から学んできたことは、
この境遇でよかったことかなとプラスに考えられることもあるのですよ。

類は友を呼ぶと言いましょうか、
必要としているところには助けがあるといいましょうか。

子どもが小さな頃は、同じ親たちと助け合って、
お互いに子どもを預かっていました。
誰かのおうちが遅くて食事の準備ができなくても、
誰かのおうちで食事をしている、、、
そんなことも、当然でした。

そこには悪いねとか、お礼をしなきゃとかそんな関係ではなく、
困っているときはお互いさまよねという空気が流れていました。

それは決してかわいそうなことでもなく、
人間の暖かい気持ちを感じられる時間でもあったと思うのです。

もちろん、時間が足りなくて、
子どもに申し訳ないという罪悪感も感じることはありますが、
限られた条件の中で、自分たちなりの関係を作り上げて
楽しく生活していくしかないのだなと思うのです。

ときどき、批判されたりしても、、、

=============
ところで、、、

夏は書き入れ時で、原稿書きに追われるライター陣です。

7月はスランプというより、
原稿書きが続いていたから、ブログを書きたいと思わなかったのかも

そんな仕事場の冷蔵庫は、充実しています。

岸が差し入れてくれたアイスクリームの数々

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アイスクリーム

種類が多すぎで、スタッフはどれを食べていいのか
わからなくなったりして。

でも、買ってもらった数時間後には、
どの箱も全部空いていて、すごいと思いました。

ひとつの種類から食べようって気持ちはなかったのね。

こちらは、精神安定剤のりらっくま。

あせりそうになったら、これを見て深呼吸してます。

りらっくま


うちの子は、こういう状態の母を望んでいるらしいです。

「一緒にうちにいて、でも寝ていて。」

起きていると何かとうるさいという意味らしい (ーー;)
Theme: 小さな幸せ | Genre: ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。