スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しないことを明確に決める

2008年も数時間で終わりますね。

みなさま、今年は本当にお世話になりました。
ありがとうございます。

私は、本日午後から帰省して、今は実家でのんび~りしています。

札幌から実家までは、列車で2時間ほどの旅。

日経ビジネス アソシエなど読んでいましたら、

「しないこと」を明確に決め 考える時間を捻出する

という、藤原和博さんのコラムに共感しました。

======================

パターン化した正解しか浮かばない思考停止モードでは
もう皆が納得する提案やアイディアは生み出せません。

では、納得解を導き出すにはどうすればいいのか。
それには自分の頭で徹底的に考える思考モードの時間を持たねばなりません。

======================

という内容。

そのために、藤原さんが実践していることは、

・携帯電話の電源を切る
・結婚式に出席しない
・出張中はメールを読まない
・不利なほうを選ぶ

だそうです。

日経ビジネス アソシエ 2009/01/06 p.40-41

~~~~~~~~~~~~~~~

不況だと叫ばれ、職がない人たちが増える中、
私が危険だなと思っていることがある。

それは、いわゆるデスクワークをしている
中産階級と呼ばれる人々が、
あまり自分の考えをもたずにいること。

それも、大学卒業して高学歴と言われている人たちが、
よく、物事を考えていなく、上からの指示にただ従っている。

そういう場面に遭遇することが増えてきた。

個人・個人は、周囲の中で一生懸命やっているし、
それなりに悩みがあり、なんとかしようとは思っている。

だか、深くよく考えてない。

ほんの少しの自分の周囲だけみて、
あとは、情報に流されるまま。

なぜ、考えられないのか。

それは、考える時間をとっていないからだと思う。

なぜ、とれないのか。

それは、情報にふりまわされすぎ、
日本社会の教育システムの中で、よい子でありすぎ、

だと思う。

まず、メールを頻繁にやり取りし、
電話がひっきりなしかかってくる状況。

職種によっては、必要な場合もある。
本当に緊急度の高い仕事なのかどうか、
吟味する必要がある。

もちろん、お客様に迅速に対応することは、
仕事にとって必要だ。

だからと言って、なんでもかんでも速くというのは、
違うのではないかな。
それでは、優先順位がないではないか。

たえず、携帯電話を気にしなければならない生活は、
気の毒だと思ってしまう。

意識して、自分の時間をとること。
ちゃんと、自分はどうしたいのか考える時間を持つことは、
結局は、自分にストレスをためないことにもつながるし、
いい仕事をする原動力になると思うのだ。

次に、日本の教育システムでは、点数が高いほうが有利でかつ、
何でもできる子どもになることが期待される。

この弊害があまりにも大きいのではないかな。
そんな感じがする。

何でもできる子、先生に従う子。
そういう子が、システム的に作られていっているような
そんな感じ。

だから、きっと大人になっても、何でもできなければと
がんばりすぎるのだと思う。

会社の中でも、誰かの期待にこたえようとし、
でも、会社の中では、明確な先生がいないから、
お客様にも、上司にも、先輩にもいい顔をしてしまう。

そして、常にいい結果を出せないと、満足できないから、
処理できないほどの仕事を抱えてしまう。

でもね、そんなにぱんぱんに仕事を入れて、
優先順位がつけられずにいて、
自分が何をしたいかわからずにいて、

いい仕事ができるのかなぁ。

私は疑問に思う。

仕事って、1日8時間またはそれ以上の時間を費やすものだから、
自分が好きであることが基本だと思う。

これに人生かけてもいいってものが、
みんなそれぞれにあると思う。

それを知らないで、ただ会社・上司の指示で動いている。

これほど悲しいことはないと私は思う。

私は、経営者だからものを考える、
社員だから、忠実に実行する

そういう考え方は、好きではない。

責任の範疇など、役割によっていろいろあるが、
基本的には、どんな仕事をしていようと、
考えることは非常に大切なのだ。

なぜ、大卒の人たちのことを取り上げるかというと、
あまりにも、いい子であろうとしすぎて、
仕事を抱えすぎ、周囲が見えなくなっている感じがするからだ。

そうして、自分のことで精いっぱいで、
誰かを傷つけても、それに気がつかない。

携帯を気にする前に、そばにいる人間を気にしてね。

そう言いたい場面がよくある。

昼食もとらないことも、お手洗いに行けずに
夕方になってしまうこともででくる。

こういう仕事の仕方、一見忙しそうで有能に見えるけど、
自分で時間のコントロールができていないと思うのだ。

もちろん、日によっては、結果的にこういう日もあるかも。
でも、それが日常的になってしまったら、
それは異常だ。

自分のために、自分の時間をとって、考えること。
そうすれば、どんなに異常な働き方をしているのか、
見えてくる。

そして、
「彼らはレベルが低いから、考えられないんだよ。
 ちゃんとするべきことを教えてあげて、
 実直に守らせればいいんだ。」

という考え方も好きではない。

人間は、本質的に理性的に考える力がある。

それに、するべきことをいつも提示する環境では、
考える力は育たない。

何がいい・悪いということもなく、

自分の人生では、自分だけが正解を持っている。

その軸がぶれていると、いい人間関係もできない。

なぜなら、自分の考えが大事ならば、
相手の考えも大事。

自分の考えが大事と思えないと、
本当の意味で、ほかの人と交渉ができないと思う。

~~~~~~~~~~~~~~~

なぜに、こういうことを考えているかというと、

30代・40代になって、ふっと周囲をみると、
大卒のベテランと呼ばれる人たちが、
チームで仕事をする上で、ブレーキになっていることが多いからだ。

「教えてもらわなければ、わかない。」

平気で発言できる姿勢がわからない。
わからなければ、何を教えてほしいのか、自分から聞く姿勢も必要だ。

そして、大学に行っていない人たちのほうが、
教育システムの弊害が少なく、
自由にものを考え、自分で納得して行動しているように思うなぁ。

その彼らが、自分でものを考える習慣のない大卒よりも
給与が低いなど、なんだかせつないのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~

だからと言って、大学に行くのが悪いのではなく、

いかに、ものごとを自分の頭で考えて、
正解を誰かに示してもらうことことをやめるかということが大事だということ。

それと、、、

これは私の考えなので、違う考えもあってよいと思う。

列車の中で記事を読んでいて、
熱く思っていたことを文章にしてみた 2008年の最後の日でした。

いろいろ暗い話もありますが、

2009年も、素敵な年でありますように!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

実家の母がパソコンを買ったので、
大晦日に、エクセルで家計簿のフォーマットを作らされている私。

そして、最後の最後に、

熱い記事を長々と書いていたりする。

私らしいでしょ

スポンサーサイト

100年の1度不況にも負けない ~ Web活用塾で戦略は万全!

100年に1度の不況と言われていますが、、、

販売チャネルとして伸びている媒体。
それはインターネット


みなさま、なんとなくわかっているようですが、

いざ、実行に移すとなると、
ものすごい差が出てしまいます。


楽天・Yahoo!・ビッダーズでどんどん売上げを伸ばしている店長さんも

Web活用塾を受けていただいたのですが、、、

商品の写真は、必ず購入したらこのようになるのか、

イメージできるようにしたらよいですよーー


という、講義の内容を聞いた翌週には、写真を撮り直されていました。

そうして、

売上げランキングのTOP10に入りました~~

といううれしい報告をいただきました。

売れてる方々は、ご自分で 「これだ!!

と判断されるスピードもはやいのですが、実行力も違います。

私も、いつも生徒さんから学ばせていただいております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さてさて、Web活用塾は2009年もさらにブラッシュアップして、

講義を開講します!!

4回シリーズの第11期Web活用塾は、

2009年2月5日(木)18時 開講です。

できたばかりの広告は、これ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

日刊スポーツ広告

場所は、いつもの正文舎印刷 二階多目的ホールです。

==============================================
カリキュラム
==============================================

第1回 Web集客のしくみ概論
・マーケティング(集客)を考える
・自社のWebマーケティングを考える
・自社のホームページを検証する
・自社の強み発見!!
課題: 「自社のホームページに必要なものは何か」

第2回 ブログ/SNSによるブランディングと情報発信
・ブログでホームページを作るメリット
・ブログの役割
・ブログ活用のテクニック
・読まれるブログ執筆術
・SNSで集客するコツ
課題: 「ブログ開設またはアクセスレポート」

第3回  ひとりでできるSEO対策/
     検索エンジンのスポンサーサイトになる
・SEOとは?
・SEOのポイント
・スポンサーサイトになる方法
・成約率を上げるには
・売れる文章術!
課題: 「検索キーワードを選定する」

第4回 携帯サイト活用法/Web集客のしくみ作り
・どんなホームページにするとよいか
・携帯サイト活用法!
・集客するための法則
・集客ホームページ化するための3つのプラン
・今後のスケジュール作り

==================================
お申し込みフォームはこちらです。
http://www.websuccess.jp/seminar-form/mailform.php


ボツになった広告もある 

広告

こんなのもある 

広告別バージョン

広告の採用基準は何か、、、

それは、写真

ただし、

専務がかっこよくて、わたしたちがいまいちなわけじゃなく

専務の写真は、プロのカメラマンが撮ったもの。
仕上がりの質が全然違うのです。

広告は2009年1月から、日刊スポーツ新聞に掲載される予定です。

年の暮れ、作戦会議

年末・年始のお休みに入られた方々も多いと思います。

WEBサクセスの営業は、26日(金)で終了しておりますが、、、

本日、どうしてもはみ出してしまった、

次年度にむけての会議を行いました。

(やっと、専務がつかまった~

専務はいつものスーツではなく、

トレーナー&ジーンズに、毛糸の帽子をかぶってました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まずは、顧客管理データベースの整備。

このブログにも出てくる、株式会社PDRの沼澤社長に教えていただいた

顧客管理方法を、再度見直し、2009年度からは着実に実行できるように

体制作り。

データをある程度入力したので、最終の仕上げと

入力のルール作りと運用方法について話し合いました。

次は、事業計画。

制作側で作った行動計画・事業の見通しをすでに提出していたので、

専務が作っている事業計画とすり合わせ、

ブレのないようにしていきます。

最後は、シーズフェアのカタログ制作の件。

クロスメディアについて、

わかりやすく、かつ引き合いがくる制作物を作りたい!!

ということで、この件に関しては、

来年に持ち越し。

1月5日(月)までの課題となりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

見通しがあまりよくない2009年ですが、

それでも攻め続けなければ、道は開けません。

しばし、家族と一緒に過ごして鋭気を養い、

また新しい挑戦をしたいと思います。


Category: 営業日誌

ひとりでできるSEO対策 ~ 新しい年にむけてダッシュ その3

本日で年末・年始の休暇に入る方も多いでしょうね!!

今年は長いお休み。

仕事を離れ、リフレッシュ!!

これ、大事ですね。

でもでも、
長いお休みはホームページのメンテナンスのいいチャンス!!

今日は、あなたのホームページのリンクに使っている文字を
確認しましょう。
※ アンカーテキストといいます。

Write better anchor text

アンカーテキストは、どのようなページにリンクしているのか
わかるようにつけることが大切です。

<a href="______"> </a> で囲まれている文字です。

ここに書く文字は、どのようなページにリンクしているか、
または、どのようなテーマのほかのホームページにリンクしているか
予測できることが大切です。

たとえば、、、

ホームページ制作の案内をしていて、
自分の会社の公式ホームページにリンクしたいなら、

詳しくは <a href="______">こちらへ </a>

とするよりも、

詳しくは <a href="______">WEBサクセスのホームページへ </a>

このように書くほうが効果的です。

どこにジャンプするのか、想像しやすいですよね。

ただ、検索エンジンのためだけに、不自然に長いキーワードを書くのは
避けてくださいね。

たとえば、

詳しくは <a href="______">WEBサクセスWEBサクセスWEBサクセスWEBサクセスのホームページへ </a>

って感じでしょうか。

※こんなセンスのないアンカーテキストを書く人はいませんね(^_^;)

リンクの文字、見直してくださいね!

何もかも真っ白です

札幌は、猛吹雪 (@_@;)

朝の7時に窓の外をみたら、何も見えない。
外の様子をみたくて、玄関のドアを開けようとしたけれど、
雪が積もっていてなかなか開かない。

わたしの家は事務所まで、徒歩15分ほど。
こんな日は、車もほとんどあてにならない。

本日はSkypeを使って、東京の方々と
WEBサクセスのメンバーの定例会議が朝の9時からある。

自宅からSkypeをつないじゃおうかなと
くじけそうになっていましたが、
意を決して、外に出たら、、、

雪が横なぐりで降ってました。

サンクスも真っ白。

サンクス

風が「びょーびょー」吹く中、必死に歩いて事務所まで着いたのに、、、

事務所が入っているマンションの入り口は、吹き溜まりができている。

正面から入れなくて、横の入り口から入る。

事務所入り口

↑↑↑↑
マンション側から見た、入り口付近の写真です。

入り口に置いてある自動販売機が、吹雪の威力を語っている。

自動販売機

当然、私も雪まみれ。

会社に着いたら1番に、ストーブをつけ、
手袋をかわかし、オーバーとマフラーも部屋に入れて干しました!!

会議は無事終わり、、、

今日も元気に仕事をしてます!!


============================================
本日、久しぶりに専務とゆっくり電話打ち合わせができた。

「ほっとかれたと思った?」

と言われたので、

「この件は、ブログに書いておきました。」

と答えておいた。

で、、、 夕方、用事があったので電話をしたら、

「お客様へのご挨拶は、予定どおり全部終わった!!」

と力をこめて話していた。

わたしのブログを読んだのだろうか、、、

やはり、猛吹雪で車は移動は大変だった模様。

私も営業スタッフと同行で、打ち合わせに出かけましたが、
道は込んでいた。

出張に出ているスタッフは、千歳空港が閉鎖になり、
帰ってこられなくなった。かわいそう、、、






カレンダーを持ってないから

うちの専務は、年末に1週間パリに出張に行っていたから、

今週は、スケジュールがあってないものと化している。



来年度の行動計画 ・ ホームページの新設などで、

本来は、年内に進めなければならない事項があるし、

同行で回らなければならないお客様がいる。

でも、それよりもしなけばならないことが山積みなので、

私の予定は保留にされている。

「○○は同行だから。」

と言われていたので、

実は私の予定表は、直前まで真っ白だった。

しかも、返事がほしいメールにも、返信がない。

まぁ、会社経営では、いろいろと事情があるし、

私は私で、進めなければならないこともあるので、

専務のことは、そっとしておくことにした。

だが、


どうしても、確認を取らなければならない事項が出でくるので、

携帯に電話をすることになる。

そのたび、ぜいぜい言っていて、少しかわいそうだ。

そうして、本日意外と強情な面も発見した。



あまりに忙しそうなので、

「別件で近くに行くから、私が単独であいさつしてきます。」

と、言ってみたが、

「いやっ、ノベルティは俺の車の中にある。」

と言う。

「ノベルティは、私のところにもあるし、すぐ近くだから、、、」

と言うと、

「カレンダーは持ってないしょ。だから、俺が行く。」

と言う。

あまり、論理的な発想ではないと思ったが、

これ以上、どうこう言っても長引くだけなので、

「では、お願いします。」

と頼んだ。

意外に強情だ。

「で、データをとりに伺うお客様は、年内は準備できないとのことで、
 年明けになりました。
 ご挨拶だけでも行こうと思うのですが、、、」

「あぁ、それも俺が行ってくるから。」

(カレンダーも持って行くからですか? と聞きたかったが、
 怒られそうなので、止めた。)

その後、私にもカレンダーを持ってきてくれると言う (@_@)

「あーー、わたしはカレンダーにはこだわりがあるし、、、」

とは、言えなかった。

このチャンスを逃すと、年末までに片付けなければならないことに

着手できないからだ。

それにしても、、、 残り1日。

蝦名と同行での営業もあるというのに、

彼は回りきれるのだろうか。

「予定はこなせますか? お手伝いは、、、」

と言ってみようと思ったけど、

「いや! 大丈夫。」

という返事が返ってきそうなので、止めた。

それに、、、

わたしも予定入れちゃったし (^ ^ゞ


Category: 営業日誌

ひとりでできるSEO対策 ~ 新しい年にむけてダッシュ その2

今日はクリスマスイブですね。

みなさま、どのようにお過ごしですか?

わたくしは、普通に仕事して、夕方はテニスをしていました。

明日は、チョコレートケーキが届くので、わくわくしています。

さて、SEO対策の二回目は、ディスクリプションのメタタグです。

2. Make use of the "description" meta tag

ディスクリプションのメタタグは、グーグルやほかの検索エンジンに対して、

自分のホームページの要約を知らせる役割があります。

グーグルがあなたのホームページを抜粋するために、メタタグを使用するかもしれません。

“使用するかも”と書いているのは、(ソースではなく)

表示されているページの文字の中で、ユーザーが入力した検索キーワードと

より関連性の高いものを、Googleは選択するときもあるからです。

ページの内容に関係ない、ディスクリプション メタ タグを入れてはいけないし、

「ホームページにようこそ」 「○○についてのページです」などと、

ごく一般的な内容を書かないほうがよいです。

ディスクリプション メタ タグは、タイトルタグよりは重要視されていないようですが、
各ページで別な内容にすると、ちょっと効果があると言われています。

フムフム。フムフム。

ひとりでできるSEO対策 ~ 新しい年にむけてダッシュ その1

今年の年末・年始のお休みは、長いですね~

2008年の後半は、「不況」「不況」とあまりいいニュースはないのですが、、、

インターネットの世界は、なんだか景気のよい話もちらほら。

楽天市場の売り上げが伸びているというお話。

つまり、販売チャンネルとして、

インターネット市場は、まだ伸びる幅があるということですね


だったら、この長いお休みの期間に、自分のサイトをしっかり見直し、

SEO対策などを施してみるのも、賢い方法だと思うのですね。

先日、ご紹介した

Google's Search Engine Optimization Starter Guideから、

ピックアップしてみます。

http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2008/11/googles-seo-starter-guide.html

1. Create unique,accurate page titles

ページタイトルは、ホームページを構成するファイルで重複しないこと、
ページの内容を正確に表していることが必要です。

uniqueって、唯一のという意味。日本語の「ユニーク」とは意味が違うのです。

タイトルタグは、読者と検索エンジンに、特定のページのトピックは何かということを
知らせるために使います。

ページタイトルが入っているタイトルタグは、HTMLソースの最初の方にある、

<title> </title>です。

ページタイトルは、この<title> </title>の間に書きます。

たとえば、

<title>ホームページ集客力向上委員会 | 札幌のホームページ制作WEBサクセス </title>

トップページはこのように付けますね。

でも、ページ全部を同じタイトルにしちゃだめだなのです。

そのページ、そのページのテーマにあったタイトルをつけていくことが大事。

Googleの検索結果ページに、自分のホームページが表示されるとき、

たいてい、一行目はページタイトルが表示されます。

ということは、魅力的なタイトルをつけておくことで、

読者がクリックしてくれる可能性が高くなるということですね。

さらに、さらに、タイトルタグは、Yahoo!でも評価が高く、

タイトルタグ内に、検索キーワードを入れることが重要なのです。

つまり、

ページは、1ページずつテーマをもって作り、

そのテーマとなる言葉をタイトルタグに使い、

さらに、そのテーマとなる言葉が検索キーワードとして想定している

言葉であれば理想的ということです。

こちらも、あわせてお読みくださいね。

■プラス要因トップ20(Yahoo! JAPAN)
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2008/06/17/3132



ご注意
Google's Search Engine Optimization Starter Guide(英文)を読んで、
私が解釈した内容を書いています。
正確な内容が知りたい方は、
上記のリンクからPDFファイルがダウンロードできます。
ご利用ください。


WEBサクセスも出ます! 北のITシーズフェア2009

2008年も、営業日は残り4日となりました。

はやいですね !

さてさて、

「今年も終わるよー」

などと言っている暇もなく、

WEBサクセスのメンバーは、2009年2月3日に行われるフェアにむけて、

作戦会議を行いました。

「北のITシーズフェア2009」開催のお知らせ
http://www.hicta.or.jp/forum/

「北のITシーズフェア2009」のリーフレット(PDFファイル)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
http://www.hicta.or.jp/hotnews/img/upimg/00100/113_1.pdf

ホームページ屋が、IT推進協会のフェアに出展 ??

と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません、、、

私たちは、それこそすべての会社様のテーマである、

販促展開

を提案するブースを設けるのです。


ホームページ屋だから、

ホームページのことしかできないんじゃないの?


そう思われた方は、ぜひ私たちのブースに来てください~


ブースでは、おもに紙媒体との連動になりますが、

情報をいかにお客様に届けるか、その施策をご紹介いたします。


じつは、、、


2009年、WEBサクセスはホームページ屋から、


クロスメディア屋

への変身を考えております。

なんじゃそれ??

インターネットでの集客を中心に、でもインターネットという媒体にとらわれず、

お客様の販促のお手伝いをしたい。

そのために、紙媒体やマスメディアなどの活用方法も、

あわせてご提案できる会社に変わっていきたいのです。




この不況下、販促にかけられる費用は少ない。

だからこそ、効果的な施策が大事。

売り上げ下がる ⇒ 広告費削る ⇒ ますます売り上げ下がる ⇒ 何もできない

⇒ 売り上げもっと下がる

という、魔の坂道を転げ落ちないように、

少ない費用で最大の効果があがる販促展開を、提案し続けたいと思います。



「シーズフェアに出展しないかって言われているんだよね。」

と専務に相談されたとき、

正直に言って、集客の効果はどのくらい? と思ったのですが、、、

自分たちのためでもあると思って、参加を決めました。

経営戦略を社員に浸透させ、戦術として落とし込んでいくために、

展示会の準備はうってつけ。

なぜならば、テーマがあって、集客のためのものづくりをしなければならないから。

営業スタッフと制作スタッフが集まり、

企画会議をし、

パンフレットなどの制作物を作り、

現場でお客様に説明する。

この時間の共有が大切なのです。

わたしの伝えたいことは...

昨日に引き続き、たな卸しシリーズ 個人編

2008年という年は、私のターニングポイントだったかもしれません。

2007年5月に設立したWEBサクセスの種まきが終わり、

少しずつ芽がでて、茎が伸びてきた時期。

 ・Webプロデューサーとして、Webサイトの企画/構築

 ・紙媒体の販促ツールの企画・制作管理

 ・Webライターとして、取材/原稿書き

 ・セミナー講師

 ・マニュアルライター

と、いろいろな仕事ができました。


とくに、私が個人的に好きなのは、

会社への想い

    あるいは

仕事への想い

を聞くこと。

そこには、その方が生きてきた道のりがあり、

自分の仕事だと大切にしている気持ちが伝わってきます。

その想いを共有し、文章にして表現して、広く伝えたいと思っているのです。


個人的に忘れられないことは、

ホームページに「スタッフの声」を入れるため、

工場の職人さんたちを取材させていただいたときのこと。


もともと寡黙な方のようで、話がなかなか進まない、、、

聞き方が悪いのかなぁと自問自答をしつつ、

それでも、ある程度まとまったお話を聞かないと記事にできないと

あせっていたのですが、、、

よく注意して話を伺うと、何度かくり返しでてくる言葉がありました。

それは、「納期を守る」と言うこと。

そうか、この方は納期を大切にしているんだと思い、

納期を守るためにどうしているのか、聞いてみました。

「今日できることは、今日中にする」


それはどうしてなのかと聞くと、デリケートな仕事で、

仕上がりは天気にも影響するということもわかりました。

インタビューが終わった後、質問攻めについて申し訳なかったなと反省していたのです。

インタビュアーとしては、あまりよくないですから。 orz

でも、2回目にお会いしたとき、

「これ(自分の記事)は、どこからでも見られるのですか?」

と、私に質問をしてくれました。

「はい。インターネットを使えるのなら、どこからでも見られるようになりますよ。

公開されたら、実家の方々にも見ていただけます。」

と言ったら、すごくうれしいそうな顔で笑ってくれました。

それが、私もとてもうれしかったのです。



ホームページを作るということは、

もちろん、究極にはその会社さんの売り上げに貢献することだと思っています。

でも、私はもうひとつ伝えたいなと思うことがあり、

それは、いろいろな立場で仕事をしている人の声を届けること。

マスメディアの場合は、有名だったり、権威があったりなど、

売れる」とマスコミの会社が判断した人しか登場しません。

ホームページの場合は、その企業さんのスタッフが

何かを伝えようとして、一生懸命原稿を用意してくれたり、

慣れないインタビューに答えてくれたりしてくれます。

私は、Webプロデューサ & ライターとして、

その想いを文章にのせて、心に響くものを作っていきたいと思うのです。

「この商品はいい (だから買って)」

「この技術は素晴らしい(だから発注して)」

「この会社は働きやすい(だから応募して)」

簡単に言うと、企業のホームページは上記3つのことを訴えているわけだし、

販促ツールを作る目的は、成約率を上げるということです。

その中でも、「人がいる」ということを織り込んでいけたらと思います。



男性にインタビューをさせていただいているとき、



という言葉が混ざってくると、密かに「やったー」と思います。

だいたい、緊張されているときは

「私は...」とご自分のことを話していて、

そういうときは、雰囲気もまだ硬い。

だんだん、うちとけてくる頃

「僕」となります。

そして、話がのってきたり、安心して話してもいいかなと思っていただける頃
(つまり、私を信頼してもいいと思ってくださっているとき)

「俺は...」という言葉が混ざり始めます。

そういうときに、本当に考えていることなどを聞けるので、

うれしい瞬間でもあります。







差別化はライティング

WEBサクセスは共同事業体なので、

制作スタッフはメディアリュウムのマルチメディア本部に

所属しています。

メディアリュウムは、12月が決算月。

今期の振り返りが終わり、来期の行動計画を立ててます。

私たちの強みはなにか !

デザインができるWeb制作会社は当たり前。

Web戦略を考えるWebコンサルティングをする会社もある。

SEO/SEMに強い会社もこれまたある。

その中で、特徴を打ち出すには、何が有効なのか。

自分たちの持っている技術をたな卸ししたところ、

やっぱり、執筆力

マニュアル制作を0からはじめた私たちは、

情報収集、ものごとを時系列に並べる、使いやすさを考える、文章は短くとなど、

Webにも応用できる知識・技術をもっています。

これを活かさない手はない。

というか、これしか強みを出せないというのもありますが、、、 (^^ゞ

また、切羽詰った事情としては、

マニュアル制作の売上げが伸びないということがあります。

このままでは、ライターが仕事にあぶれてしまう!

というわけで、考えついた策は、

ライティングの違う分野に挑戦してみる

インターネット世代は、
サービス・商品を比較することに慣れているので、
簡単に企業の情報を信じないという一面をもっています。

参考にするのは、第三者からの情報。

こういう流れを反映してか、現在 お客様事例(顧客事例)を掲載する会社が多い。

それで、お客様事例サイトを立ち上げました。

■お客様事例制作

http://www.jirei.biz/

次に、ブログ戦略の見直し。

せっかく、ホームページにも記事を書くのなら、

肩書きのテクニカルライターがふさわしいかどうか。

それで出てきた案は、

テクニカルライター&Webライター。

なんの工夫もありませねー。

でも、やってみなければ効果があるのかどうかわからない!

ブログも模様替えし、タイトルも修正しました。

■札幌発! テクニカルライター&Webライターの部屋

http://plaza.rakuten.co.jp/technicalwriter/

Webライターって加えただけじゃんというツッコミが入りそうですが、
これでも真剣に考えてます (笑)

不況で困った、困ったと嘆いていても何も変わらない。

やるべきことは山ほどあるので、落ち込んでいる暇はないのです。

私たちは、未来があるから。

脚本として手帳を使う

みなさんは、どんな手帳をお使いですか?

私は2005年から、アクションプランナーという、
縦に時間のメモリがついている、バーチカルタイプの手帳を使っています。

この手帳は、イー・ウーマンの佐々木かをりさんが提案している手帳です。

■アクションプランナー2009
http://www.ewoman.co.jp/ap/

時間軸が縦についているので、一日の時間が見渡せいいです。
私は重宝しています。

12月16日、つまり本日、

佐々木かをりさんが、札幌で時間管理セミナーをすると聞き、
速攻で申し込んだ私。

とても楽しみにしていました。

セミナーの内容は、期待以上

手帳は人生の脚本のようなもの。

自分の人生では、自分が主人公。

手帳には、主人公を動かすための話を書くそうです。

私が聞いてよかった! というお話は、

時間管理を一元化するために、

ToDoリストは作らない


ということ。

とにかく、

日付と時間を決めて、

思いついたことはすべて時間軸に落とし込むそうです。

やりたいなと思っていることは、

すべて、時間の見える化するといいのですね。


私のように、プロジェクトを複数抱えている場合は、

プロジェクトごとに、どの段階で進んでいるのかみたい。

だから、いつも案件名とすべきことを書き出していたのですが、、、

佐々木さんのアドバイスは、

まず下書きのように、するべきことを書き出してみて、

でも、行動はすべてスケジュールの時間軸の中に

書いていくといいということです。

「お客様にスケジュール表を提出するので、

 スケジュール表がたくさんできてしまうんです。」

とお話したら、

まず、そのように作ってみたとしても、

自分の行動は、時間軸内に書いておく。

そうすると、一元管理にもなるし、何ができているのかも
把握できるということでした。

佐々木さんに、直接アドバイスをしていただきました!!



その次によかったのは、

決まっていることは、全部年末まで書き込んでおくこと。

毎週1回の会議でも、きちんと年末まで書いておくといいそうです。

たとえば、毎週1回月曜日に会議があるとしても、

月曜日が祝日ならば火曜日にずれることもある。

そういうときは、会議をうっかり忘れて予定をいれてしまうこともある。

それならば、年頭にすべての週に会議の予定をいれておきます。

そうすると、予定を忘れないでいるからということでした。

会議をスケジュールに書いていなくて、

予定をいれてしまったのは、私 (^_^;)

新しいアクションプランナーを、今週から使用しているので、

さっそく、会議の予定を書き入れました!

アクションプランナーと「手帳術」

猛反省後に、予定を書き込んだ私のアクションプランナー
右はセミナー会場で買った 「佐々木かをりの手帳術」という本です。




佐々木さんのお話は、とてもわかりやすい!

とにかく、事例満載なのがよかったです。

会場の人とのやりとりの中で、どうやって想いを行動まで落とし込むのか、

よくわかりました。

さて、私も夢を形に!!

人生をハッピーにするために、時間管理をしよっと。



アクションプランナーは、本当は時間管理ではなく、行動管理だそうです。

でも、、、

みんな、検索エンジンで「時間管理」で検索するので、

セミナーの名前は、時間管理にしているそうです。

しっかりSEO対策していらっしゃいますね!

そういうことは、聞き漏らさない白藤でした。

感性 kansei-Japan Design Exhibition(感性日本デザイン展)

パリに行っていた専務が戻ってきました。

感性 kansei-Japan Design Exhibitionの話も聞かせてもらいました。

フェレーロチョコ

これは、おみやげのチョコレート。

「FERREROだぁ」と、大喜びの私。 (^^ゞ


どのくらい、人が入るのかなと心配していたということでしたが、

初日から、人が賑わっていたそうです。

全印工連のブースも、たくさんの人が見に来ていたと聞きました!

あまり、日本では報道されていないのが残念です。

おみやげにもらった、パンフレットです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

パンフレット01


正文舎印刷株式会社も紹介されています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

正文舎の名前入り


出展した札幌のアーティスト「わびさび」さんの本も見せてもらいました。

パリの装飾美術館で見たら、感激度が違うでしょうね。

せっかく印刷した素晴らしい本、多くの日本人が見られるといいですね。

ちなみに、、、

わびさびさんが作ったポスターに載っているモデルさん、

私の知り合いなので二重にびっくりしました



感性 kansei-Japan Design Exhibitionの様子は、

株式会社プリプレス・センター 藤田社長のブログに詳しく掲載されています。

こちらからどうぞ、、、

■ヨーロッパ環境探検記 ~感性 kansei-Japan Design Exhibition-~

http://plaza.rakuten.co.jp/michisewa/diary/200812130001/

Category: 未分類

Google SEO スターターガイド その1

ホームページ管理者のみなさまは、自分のホームページが検索エンジンで

何位か気になるところですよね。

お金をかけずに、どうしたら検索エンジンに検索されるようになるか!

これが、悩みどころ 

 ・競争が激化している、!
 ・同じ社名が多くて、自社のホームページが埋もれている

などなど、理由がある場合は、成果報酬型のSEO対策をお勧めしておりますが、

まずは、基本をおさえ、できるところは自分で対策をしたほうがよい

というのが、私の考えです。

さて、検索エンジンを攻略するには、

検索エンジンのことを知らねばなりません。

Googleは、2008年11月に、SEOのスターターガイドを配布しました

■Google's SEO Starter Guide

こちらは、英語のホームページなのですが、

SEO対策について書かれています。

http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2008/11/googles-seo-starter-guide.html

ざっとみたところ、

・タイトルタグのつけ方

・メタ ディスクリプションの使い方

・ホームページのファイル構造の改善

・ナビゲーション(ホームページのメニュー項目)の改善

・ヘッダータグの使い方

・リンクする文字の最適化

・robot.txtの書き方

などなどありました。

少しずつ、紹介していきますね。


私のことを待ちきれない方は、

こちらのサイトに、日本語訳がありますよーー。



■ソーシャルメディアマーケティング(SMM).jp

http://www.socialmediamarketing.jp/2008/11/google-seo-starter-guide.html#zentei

うちのスタッフ

ホームページ作りには、素材の選定がポイントになる。

いかに、いい素材をみつけるか、日々スタッフは苦労している。

■とある日の会話

スタッフ


※Webプロデューサー蝦名と、
  Webデザイナー橋本の会話でした。

メルマガは、成功の鍵

不況、不況と言われている今日この頃。

集客を考えるには、

インターネットは欠かせない。

実店舗の売上げが伸びないならば、

思い切って、ネットショップで勝負しよう~ そう決心される方も多いのではないでしょうか?

私も

 ・楽天市場に出店されているお客様から集客についての相談

 ・楽天市場に出店を考えているお客様からのお問い合わせ

などなど、ネットショップ(そして必ず楽天市場が含まれる)の

ご相談を受けることが多くなりました。

それて本日、楽天さんが札幌でセミナーをすると聞いて、

お客様の代理でセミナーを受けさせていただきました。




 なぜ、楽天市場が有利なのかそのしくみを解明

 集客の秘訣

 成功ショップがしていることとは?

などなど、教えていただきました。

私にとって参加してよかったことは、

メルマガの活用法を改めて聞けたこと。

ネットショップで物を買った人のうち、

○○%の人は、

メルマガから購入したというデータを見て、そうなんだ!! と妙に納得しました。

検索エンジンで検索して、物を買った人は全体の9%です。

検索エンジン対策だけしているショップは、

わざわざ、○○%の可能性を捨てて、9%の可能性を追いかけ続けているとか。

さて、この数字何パーセントだと思います??







36%だそうです。

メルマガなんか読まないと言われていますが、

よく考えると、

私のインターネットでのお買い物のパターンでも、
登録したお店から届くメルマガがきっかけになっていること多いです。

みなさまは、どうでしょう??

もう1度、メルマガの利用方法を考え直したらよいですね。



とかいう

WEBサクセスのメルマガ。

不定期に発行になっています。 (ーー;)

これは、発行するための仕組みづくりができていないからと反省。

2008年中に、大改革です。

メルマガの内容自体は、東京の経営コンサルタントから、

「これは読まれるメルマガ!」

と、花丸をいただいたのですが、

「定期的に発行する努力が必要です。」

と釘をさされました。(はい。そのとおり。)
1回だけがんばっても仕方ないですからね。

※ 東京のコンサルタントだと、費用が高いでしょうーー(@_@)
  とお思いでしょうが、、、
  Webコンサル1回と、バーターで経営コンサルしてもらったのです。
  物々交換も、腕々交換(専門知識/情報の交換)も、大好きな白藤でした。



セミナー講師としては、
セミナー運営や、講師の話し方、話の進め方、スライド、雰囲気作りなど
本題よりも、チェック項目が多かったりする、、、

とくに、スライドの使い方は、勉強になりました!
今度、自分がセミナーをするときの改善点だわ。

楽天さんのセミナーの演出は上手 !

勉強になりました。

感性価値創造

フランスのパリで、

Kansei - exposition de design japonais

感性kansei-Japan Design Exhibition

が開かれます。

■装飾美術館のホームページ(フランス語です)

http://www.lesartsdecoratifs.fr/francais/arts-decoratifs/expositions-23/prochainement-502/dans-la-nef-605/kansei-exposition-de-design/

私がみつけた記事はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■感性価値創造フェア 仏国立装飾美術館12月12日から21日 
 全印工連が6社と参加 印刷メディアの可能性、内外に発信


http://www.beitsubo.com/news/article.asp?news_id=14722

WEBサクセスの専務 = 正文舎印刷の社長 岸も、
このプロジェクトに参加しており、現在、パリにです。

■気合の入った、専務のブログはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://websales.blog98.fc2.com/blog-entry-120.html

日本を代表するアーティストの作品を、印刷を通して、世界に知らせる作品展です。

11月29日(土)には、刷り上ったばかりの
アーティストブックの一部を、ちらりと見せてもらいました。

日本人の感性、

日本人の印刷技術を、

世界中の方に見てもらえ、認められるといいですね。

あぁ、私もパリで見たかったなぁ ...

背水の陣なんて考えは甘い

「1年前には、こんなことになるなんて思ってなかったねぇ」

5年くらい、ホームページのメンテナンスをさせていただいているお客様からの

お言葉でした。

経済の見通しが厳しく、中長期計画を立てても

果たして、効果があるのかないのか、よくわからない時勢。

そんな中でも、私たちは前をむいて進んでいかなければなりません。

今までの方法でだめだったら、次の方法を考えてみる。

ホームページのメンテナンスなどで、内情を知っているだけに、

見通しもなんとなくわかる私。

状況改善に、少しでもお役に立てるように、
改善案を早急に立てようとしているところです。

====================

背水の陣なんて、甘いから。

背水の陣ってことは、後ろが川だから、
まだなんとかなるってことだよ。

もしかしてたら、川に入って泳ぎきれるかもしれないんだよ。

僕たちは、崖を背にして陣を引いているんだよ。

川なら助かるかもしれないけれど、
崖だから、まっさかさまに落ちて死ぬんだよ。


====================

来年の計画を立てている最中の専務の言葉。

物騒な話ですが、これはこれであたっていることですね。

あまり切羽詰ってばたばたしても、よいことはない。

ここはじっくりと、出てきたアイディアを、

ひとつひとつ実行していくことが大事。

厳しい状況でも、適度に笑いを入れながら、

そして、自分達が大切にしていることを守りつつ、

仕事をしていこうと思うこの頃です。

===================

「すぐに、おちゃらけるんだから

と、また怒られるかなぁ (^_^;)

お客様に恋する (?)

最近、

「しあわせだなぁ

と思うことは、、、

お客様の想いがこもった、ホームページを制作すること。

集客の要として、企業ホームページを作るときに、

指名していただけること。


===================

お客様からのご要望をお聞きし、

業務内容や、会社の歴史、仕事や社員に対する想いを聞いて、

しばし咀嚼していると、

こんなホームページにしようと、ぱっっ

イメージが浮かぶ、、、

こういう瞬間が、実に楽しいのです。

===================

そうして、ホームページ用の原稿が届いたり、
写真が届いたりし、

原稿に手を入れて校正したりするうちに、

その会社さんのことが、わかってくるようになります。

世の中には、いろいろな仕事があって、

真剣に取り組んでいる方がいらっしゃる。

それを、ホームページと言う媒体を通じて、
広く伝えることができる。

そこに、私の仕事の喜びを感じます。

自分の仕事に恋する。

ものを売るときには、そういう姿勢が必要でしょう。

自分が扱う製品が好きでないと、売るモチベーションがあがりませんから。

私の場合は、ホームページの技術そのものが好きというよりは、

ホームページと言う媒体を通して、
お客様の会社と仕事を、PRするということが大好きなのです。

だから、私の場合は

お客様の会社と製品に恋する

のです。

恋愛の対象と認めていただけるように(?)

・マーケティング技術
・Webマーケティング技術
・クロスメディアの最新動向
・Web最新動向
・ショップ動向
・ライティング技術

などなど、日々自分を磨いていこうと思います。

===================

制作会社はいらない。しくみを作れ。

という、リクエストにも応えていきます!!

特別ルポ ショップセミナーの1日

それは、11月29日(土)のこと、、、 

■10時20分頃

自宅にて、せっせとセミナーで着るブラウスにアイロンをかけていると、

携帯電話が鳴る 

おぉ、専務からだ。 東條社長が乗っている、飛行機が遅れたのか???
一瞬、心配になる。

「空港に着いたんだけど、ひまで電話したー。
もう、セミナーの準備はばっちりですか?」

「え?? わたし??」
(専務はスーツを着てばりばり仕事モードだけど、
 わたしは、まだのんきにパジャマだよん)

「わたしって、ほかに誰がいるのさ

ひまだという割りに、

営業Aとも詰めたけれど、これはこうしておいて、

とか

こうこう、こういう段取りで、、、

と、仕事の指示をひと通りして、専務の電話は終った。


■12時30分頃

セミナー会場の正文舎印刷に到着。
スタッフの荷物置き場、お客様の荷物置き場の確認。

スタッフに、お客様の導線を説明する。
丹羽社長と蝦名は、最終打ち合わせで応接室にこもっていた。

そうこうしていると、東條社長と岸が到着 !

東條社長、丹羽社長、蝦名と4人でタイムスケジュールの確認。

ここで、、、

ホームページ修正の連絡が提携先の会社から入り、
しばしセミナーとは別の世界に突入。

東條社長がプリントビズのチラシと消しゴムを持ってきてくださったので、
席に配布。

プリントビス 消しゴム

※これは、チラシのように、簡単に捨てられませんね。

そうだ、セミナーの前に資料を確認するんだった。
スタッフ用の資料が不足しているのに気づき、専務にそろえてもらう。
※ 立っているものは、上司でも使う白藤。


■13時30分頃

最初のお客様がいらっしゃる。 少し緊張してくる。

■14時

セミナー講師をしているようですが、お客様にタイムスケジュールなど
説明する私。

セミナー開始

Web活用塾を代表して、WEBサクセス 専務取締役 岸のごあいさつ。

WEBサクセス 専務取締役 岸 昌洋

■第一部 東條社長 講演

印刷通販サイトを始めなければならなかった、印刷業界の事情から、
通販サイトを運営するときに、大切なポリシーまで、数字を交えてわかりやすく
話していただきました。

北東工業株式会社 代表取締役 東條 秀樹氏

ソフトでわかりやすい、東條さんの声にうっとり、、、

■第二部 蝦名 講義

蝦名の講義です。

ネットショップのSEOや、ランディングページ(紹介ページ) の作り方など、
集客→成約率を高める表現方法について話をしたそうです。 (^_^;)

株式会社WEBサクセス 蝦名 未希子

蝦名の時間、私はあせってアンケートを作っており、、、
返ってきたアンケートを落ち着いてみたら、誤変換があった

がっかり、、、

アンケートを作っていた頃、
専務は終了後の段取りが心配になったらしく、
自分が会場で指示をすると言い出す。

何が心配なのか聞いてみると、
名簿や資料があとでどこにあるのかわからなくなったり、
現場復帰が完全にされるかということが気になると言う。

それなら、会場の後片付けは必ずするから、
予定通り行動してほしいと説得 (?)

「のん気な脳天気女 しらふじ」
このときばかりは、あまり信用してもらえなかった (-_-;)

案外、細かいのよねーー。
(だから、信用できないと言われそうだが。)


■第三部 丹羽社長 & 蝦名のトークセッション

楽天、Yahoo!、ビッダーズ、モバオクと4つのモールに出品している丹羽社長。

各モールの特徴と使い分け、楽天での上手な広告の使い方、メールマガジンの書き方、 
楽天内でのSEO対策と、レビューの考え方などなど、実際に運営している方でないと
出でこない貴重なお話が満載 !

株式会社nana 代表取締役 丹羽七菜氏

会場からも質問がたくさん!

質疑応答


■17時頃

セミナー終了!
3時間の長い時間、熱心に聞いていただき、ありがとうございました。

株式会社WEBサクセス 取締役 白藤 沙織

こうして写真を見比べてみると、、、

どうでもいいことですが、

わたしって、背が低いですね。 (^_^;)

社長も、ショップも輝く ~ ネイル工房様

11月29日(土)のWeb活用塾のショップセミナーでお話いただいた、

ネイル工房様の楽天ショップ、覗いてみたいと思いませんか?

丹羽社長が作られたショップページは、売れてるサイトとして研究する
価値がありますよ。

ネイル工房様の楽天ショップは、こちら

↓ ↓ ↓

■ネイル工房
http://www.rakuten.ne.jp/gold/nail-koubouu/
ネイル工房 オンラインショップ

売れ筋から、セール商品、ロングセラー商品まで、
選びやすくレイアウトされていらっしゃると思います。

商品の企画から、サイトのデザインまで、丹羽社長が担当されているそうです。

=============

ところで、丹羽社長はWeb活用塾第9期にご参加いただきました。

そのときの講師は私。

丹羽社長とのやりとりでは、私もたくさん勉強させていただきました。

で、、、

そのときに、

「実際にネイルした爪を、ショップの写真として掲載してみてはどうでしょう。

お客様は、ご自分が購入した商品で、自分がどのように変わるのか知りたいから。」


と、提案させていただいたのです。

そうしたら、

すぐに、ご自分の爪でパーツをつけて写真撮影し、
ショップのトップページに掲載されました。

そうしたら、

楽天の売れ筋ランキングに入り、
今でも売れているロングセラー商品になったとか (^O^)/


もちろん、丹羽社長が開発されている商材が素晴らしいのです!!

ですが、私の提案もちょっとだけ貢献している、

そう考えると、とてもうれしいです。

=================

ご自分で気に入った商材を売りたいと、

中国まで出かけていき、仕入れをしていらっしゃる丹羽社長。

丹羽社長のバイタリティーと、思考の柔軟さは、学ぶべきものです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。