スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報は情報、できることと違う

ホームページで営業するには、

先だしじゃんけん!! の精神で。

WEBサクセスでは、ホームページには、情報とドラマが必要と
ご提案させていただいてます。

読んでくださるお客様の心理的負担を下げ、
行動を起こしてくれるようにするには、

製品・サービスと、会社についての十分な情報が必要です。
対面で営業するときは、相手の反応、顔色などをみて、
どのような情報を、どれだけ伝えるかを判断できます。

ですが、ホームページではそれはムリ。

ですから、もっている情報をすべて先にみせて置いて、
読んでくれる人に判断してもらうのです。

このように書くと、
「同業他社にノウハウが漏れる...」
という、ご意見をいただきます。

確かにそのような面もあるかなと...

私自身は、ホームページやブログに書いたことをまねされても
構わない。私が考えたことは、私にしかできないことでもあるから。
そのように思っています。

でも、ノウハウが... と言われると、そうかなぁと思ったりもして、
若干、弱気になってきます。

ですが、今日お会いした社長さんのお言葉に、
また励まされました。

情報は情報、できることとは違う」 

そうですね。
知っていることと、できることは違いますね。

また、素敵だなと思ったお言葉は、

仕事は、

知ったかぶりと、実践と、経験で成り立つ。
それが実績につながる。

全部わかるまで、この仕事はしないなどと考えていては、
今でたってもできるようになりません。

やりたい! と思ったことは、すべてを知らなくても
飛び込んでいくことが大事。
必要なことは、すべてわかると思います。

こうして、言葉で励まされることが多いから、
面談・商談の時間は貴重だなと思います。
スポンサーサイト

まずは、役割を決めましょう !

WEBサクセスとして初めて、「相談&商談会」に参加しました。

私自身も初めてのことなので緊張気味でした。

わたくし、天然でぼけているので、
商談会の実施要綱が届くまで、自分が出展者側だとは
思っておりませんでした。 (^_^;)

お客様のところに、こちらから出向きお話させていただくのだと
固く信じていたというか...

何事も冷静な専務がいなかったら、
出場辞退届けを出してしまっていたかも。

====================

今週に入ってから、訪問してくださるお客様のデータを見つつ、
ホームページを拝見させていただき、作戦を練っておりました。

今日、お話をうかがって思ったことは、

まずは、ホームページに何をさせるのか、
その役割を決めることが大事ということ。


具体的には、次のようなことを明確にします。

 - 誰に何を売りたいのか / 誰に何を訴えたいのか
 - その人たちは、どんな情報があったら、行動を起こしてくれるか。
- ホームページのミッションは何か
   ※実際の営業マンだったら、売上げを伸ばすことですよね。

また、ネットショップを運営されるなら、
ネットショップを管理される方がその仕事に集中できるように、
会社として、仕事の配分を考える必要があります。
ネットショップは仮想空間にありますが、
ひとつの店舗に間違いないのです。

さらに、もうひとつ。
制作会社に、ただホームページを作って! というのはやめたほうが
よいです。
制作会社側では、みなさまのお仕事をわかっていない部分があります。
業界のこと、顧客のこと、聞かせていただきたいのです。

そうすれば、こちら側からもご提案ができます。

経営革新相談&商談会


WEBサクセスのブースで、お客様をまつ白藤

=======
このブース、下の部分は空間になっています。
柱がそれぞれあって、荷物を置いたりしていたのですが...

しゃがんで荷物を置いて、立ち上がったら、
火花が...

頭を思いっきりぶつけてしまいました。

隣にいた専務が、思わず同情してくれるほど、
そして、涙がじわーとでるほど痛かった... (;_;)

それなのに、何事もすぐに忘れてしまう性格が
幸いしてか...

2回も頭をぶつける事態に、
自分でもあきれる。 (ーー;)

商談が終って荷物の出し入れをしているときは、

「あたま、気をつけて。」

と専務の厳しい声がした。

脳が活性化されていて、
すばらしい企画がどんどんと生まれてくるといいなぁ。

ゲストスピーカーにお呼びしたい 建築業の社長様

先週の金曜日、

お誘いをうけまして、とある団体のマーケティング研究会に
参加してきました。

建築業界で会社を経営されている社長さんが、
Webマーケティングを実践された事例を発表されるからです。

「自分は、プロではないから。」
と話されていましたが、実践されている内容は、
ブログを薦める制作会社でも、実行している会社は
何社あるのかなという感じです。

ホームページからのお客様は、
切羽詰った状態。

だから、情報を出し惜しみしないこと。

同業他社が見ているからと言って、
それを恐れることはないという話をされていました。

本当に、そのとおりだと思います。

お客様に物を買っていただく“営業” から、
専門知識を教える “先生”へ


このコンセプトもいいなと思いました。

自分達だけではなく、
ほかにも実践されてきた方の話を聞くと、
セミナーにも、もっと自信が持てます。

この方向でいいんだよって。

お誘いいただきまして、ありがとうございました。



ネットを活用しなきゃ、もう生き残れない...

わたくし、企業のトップの立場ではありませんが、
経営者のはしくれ。

トップと同じ視点で、物事を考えられる人間でありたいと思っています。

自分の会社を考えてみても、
ネットを活用、つまりホームページを活用できなきゃ、
乗り切れないのではないか...

そんな軽い恐怖を感じています。

原料高・製品安

経済をとりまく状況は厳しいと言われています。

そんな中で、厳しい・厳しいと愚痴ばっかり言っていても、
何も変わりません。

ネットを使うと何がいいか。
私がまず上げるのは、新規顧客開拓の経費が節減できる。

私たちは、本州のお客様ともお仕事させていただいて
おりますが、成約の半分近くはホームページ経由、もしくは
SNSかブログからホームページを見ていただいた方です。

とくに制作部門にいる私が、本州の方からご連絡いただく
場合はいわゆる“ネット”経由です。

ここには、交通費も交際費も含まれておらず、
純粋に、情報を発信している時間が営業時間になります。

私はだから、営業ルートをすべてホームページに切り替えましょう
とは思っていません。

リアルで、お客様とお話させていただくのは、とても大事。

でも、距離が離れている場合、
最初の出会いから、交通費・交際費を使うのは大変ですよね。

と言うわけで、ホームページとブログが重要だと
固く信じている私からのお知らせです!!

=================================================

その1 いったい、ネットで何をしている? 知りたいという方 !

=================================================

3月6日(木)から、第8期Web活用塾が始ります!!
私は全4回とも会場におります。

カリキュラムをお知らせしますと、

第1回目 Web による集客概論
 ・マーケティング(集客)の方法を考える
 ・プレスリリースの極意
 ・自社のWebマーケティングを考える
 ・自社のホームページを検証する
 ・課題「自社のホームページに必要なものは何か」

第2回目 ブログ/SNSによるブランディングと情報発信
 ・ブログでホームページを作るメリット
 ・ブログ/SNS/ホームページのメリット、デメリット
 ・ブログの技術を知る
 ・ビジネスブログの心得
 ・ファンを増やすブログ執筆術

第3回目 ・ひとりでできるSEO 対策、google、yahoo!のスポンサーサイトになる
 ・SEOとは
 ・SEOのポイント
 ・スポンサーサイトになる方法(SEM)
 ・成約率を上げるには

第4回目 Web集客のしくみ作り
 ・集客できるホームページの考え方
 ・Web/非Webの連携
 ・顧客フォロー術
 ・スケジュール作成と、チェックリスト

詳しくは、セミナー情報をご覧ください。

http://www.mediarium.co.jp/webseminar/01about/index.php

第8期Web活用塾をお申し込みの方は、こちらをクリック!
http://www.mediarium.co.jp/notice/seminarform/index.php


==============================================

その2 最近、携帯を勧めているよね。なぜ? という方

==============================================

その理由は...

2月28日(木) 19時にわかる!!

携帯電話による「販促活用」セミナー

●会場
「ドコモショップ宮の沢店」
札幌市西区発寒6条11丁目 新道北口ビル(地下鉄「宮の沢駅」直結です)

●開催日   平成20年2月28日(木)

●時間   19:00~21:00

●受講料  5,250円
      (資料代含む、税込)

●対象   携帯電話を活用しての集客にご興味のある方は
      どなたでも参加できます。


お申し込みは...

WEBサクセス TEL.050-5536-8825  Fax.011-813-2581

または

メディアリュウム TEL.011-893-6390  Fax.011-893-6395

mixiの会員の方は、こちらのイベント情報からお申し込み
いただくことも可能です!
http://mixi.jp/view_event.pl?id=27705549&comm_id=1302226

じわじわ、じわじわ効いてくれるのがホームページ

ホームページを作ると、それだけで売上げに効果ありと
思っていらっしゃる方。

アクセス数を上げることがSEO対策だと思っていらっしゃる方。

ちょっと違うのですよ。

お店を開く例を考えてください。

お店を開店しただけでは、お店にお客様がきてくれませんね。
何らかの形で宣伝する必要があります。

そして、来店数客数だけが伸びても、
モノが売れなければ、売上げが伸びませんね。

それと同じです。

SEO対策は、ホームページにお客様を呼び込む
方法のひとつ。
そして、検索エンジンを使うお客様が多いので、
重要な対策のひとつ。

それは間違いないのです。

でも、検索エンジン上位に上がり、
アクセス数を伸ばすことばかり考えもダメなのです。

BtoCのビジネスで、季節が勝負で、
必ず誰かが買う商品。

たとえば、
 ・ バレンタインデーのチョコレート
 ・ 母の日のお花
 ・ クリスマスプレゼント

このような商品の場合は、
ホームページに大量にお客様を誘導する必要があるので、
そのシーズンには、検索結果画面の一位を狙うということは
有効です。

でも、BtoBのビジネスの場合、
掲載している内容、製品を増やしていき、
信頼性を高めて、結果的に検索結果画面の上位に上がる
方がいいのではないかと思います。

時間はかかりますが、
これが王道かなと思います。

改めて思う 顧客分析の重要性

ホームページ作りで、大切なこと。

それは、自分たちのものを買っていただく
お客様のことを、考えてみること。

つまり、顧客分析ですね

ホームページでPRすることは、
会社・商品・サービスの優位性。

それを、買っていただくお客様に読んでもらって、
問い合わせをしてみる、発注してみるという
行動を起こしてもらう必要があるのです。

ですから、ホームページは、自社のお客様にあわせて、
チューニングする必要があります。

とくに、企業間取引(BtoB)の企業の場合は、
ターゲットとなるお客様の心に響き、ニーズと合致しなければ
取引は成立しませんね。

顧客分析をするときは、

自社のお客様は
  ・どんな業界の人たちで、
  ・どんなことを解決したいのか、
  ・インターネットをどのように使っているのか

となどということを、具体的に考えてみます。

特定のお客様を思い浮かべ、
この方ならばどのように
話したらわかってくれるかな。

そういうことも、してみると気づきがあります。

また、ターゲットにしているお客様は、
売りたい製品・技術・サービスに対しての理解度はどうか。
それで、使う言葉が決まってきます。

その使う言葉が、検索エンジンのクローラー(ロボット)に
拾われていきますので、言葉の吟味は大事です。

たとえば...

Webサイト なのか、 ホームページなのか。

私はお客様とお話させていただくときは、
意識してホームページという言葉を使います。

本来、ホームページという言葉は、トップページと同じ意味で、
基点となる1ページを差します。
リンクされているページ全体のことをさすには、
WebとかWebサイト、サイトと言うほうが正しいのです。

WEBサクセスでは、
経営者の方に、ホームページでの集客を
ご提案させていただいているので、
一般的にわかりやすい言葉で話したいと思っているのです。

ですから、検索エンジンでも「ホームページ」で探してほしいので、
WEBサクセスのホームページでは、「ホームページ」という言葉を
多く使っています。

顧客分析は、ホームページ戦略のほか、
販売促進戦略にも関わってきますので、
集客の大事な要素だと思います。

================
ホームページ屋さんにとっては、
ホームページを発注してくださるお客様のこと、
お客様のお客様まで考える。
この姿勢が大事だなと、思っているのです。





不思議なことが起こったよ !

毎日、こつこつと書いていけば、
 不思議なことが起こりますよ。


私のブログで何度か出てくるこの言葉。
これは、株式会社ピー・ディー・アールの沼澤さんの
セミナーを受けたときに、話していただいたことです。

このときのこつこつ書くとは、「はがき」のことなのですが、
私は拡大解釈をしていて、
ブログもmixiもはがきも、こつこつ書けば不思議なことが
起こると思っているのです。

私にとって不思議なこととは...

実は、あの倒産騒ぎのとき、私は密かに決めたことがありました。

「もう、こんな思いでつぶされそうになるのはいやだ。
私は、社外の方からも、必要とされる人間になろう。
 一緒に仕事をしてみたい。そういわれる人になりたい。」

そして、心から望んでいたことは、
問題を解決するために、
一緒に考え、行動できる存在がほしいということです。

そう。

WEBサクセスを共同出資で作ったということは、
一緒に仕事をしてみたいと言ってくれる人をみつけた
というです。

\(^o^)/

これは、いま無条件に喜んでいいことなのだなと
思います。

また、いろいろ情報発信をしていくうちに、
「マーケティングの知識を強化したいな」
そう思っていたら、
「マーケティングの勉強会に来ませんか?」
と、お誘いのメールをいただいたりもしました。

何か思いはつながっていくもの。

強く・強く望んでいることは、時期がきたらかなうもの。

これは、会社のことではなく、自分自身が苦しかったときに、
教えてもらったこと。

時期がきたらきっとうまくいくのだから、
いまできることを確実にしていく。

これが、危機脱出方法のひとつではないか。
そう思うのです。

そして...

これからも、やっぱりこつこつと書きますから、
不思議なことが起こりますようにと祈っているのです。


自分のサイトの状況を知るには

いかに、自分のホームページが検索サイトで検索されるか。

ホームページ運営にとっては、重要なテーマですね。

Google、Yahoo!、MSNでの順位をいっぺんに
知りたいならば、下記のサイトが便利です。

http://dw230.bglb.jp/rank/

想定する検索キーワードを入力して、
URLの一部を入力すると、順位が表示されます。

検索キーワードの比率が知りたいならば、

ぐーまにというソフトを使うのもよいです。

出現回数や出現率を入力すると、
自分のサイトのキーワードの状況がわかります。

そのあとに、アクセス解析などしてみて、
実際には、どんな検索のされ方をしているのか
把握しましょう。

そんなこんなで、だいたいの傾向がつかめたら、
キーワードのチューニングなぞしてみます。

ちなみに、WEBサクセスの場合、
ホームページ 業者 札幌
などと、これで検索されるようにしてあります。
想定どおり、このキーワードでは検索順位が高いです。

ですが、、、

アクセス解析状況を見ていると、
ホームページ作成 などで検索されている模様。

次にすべきことは、
タイトルや本文で、「ホームページ作成」と「札幌」を強化することかな。

お客様のホームページの分析をしつつ、
ついつい自分のホームページの対策も考えてしまう休日でした。

想いを共有できる喜び

会社が倒産しそう \(゜ロ\)(/ロ゜)/

2003年~2004年は、緊張連続。
どうしたらいいのか...
青い顔して、必死に考えていたと思います。

そんな中で、
ホームページとブログで営業できる

この考え方を聞いて、本当に忠実に続けてきた日々。

ふと、気づいたら、
そうやってじたばじたばたしているうちに、
運は開けてきたのかもと、感じることもあります。

2006年の秋のころ、
とある講習会用のテキストを作っていて、
印刷会社を探していた私。

「こういう仕様で印刷したいのですが、
お願いできますか?」

このメールを書いたこと。
それが次のステップにつながったのです。

それから、印刷の工程でメールのやりとりが始り、
無事入稿できたなと思っていた頃、

一緒にWebビジネスをしないかという提案を受けました。
それは先に書いたとおり。

いくらホームページ & ブログという
営業ツールを持っているとはいえ、
営業力が弱いことは事実。

どんなカタチになるのか、全然予想できなかったけれど、
面白そうだからやっちゃえ~~と進んできました。

こういう提案がなければ、
きっと、MovableTypeを使ったビジネスも、
展開不可能だったかもしれません。

こうして、Webビジネスの事業化計画が
2社で始まり、
WEBサクセスが立ち上がりました。

2007年は、WEBサクセスを軌道を乗せること。
これが私の最大のミッションになりました。

創業70年を超える印刷会社と
創業15年程度のITベンチャー企業では、
商習慣も違えば、生活のリズムも違う。

考えを共有するには、なかなか難しいこともありました。

WEBサクセスがなくなってもいい。
そんな覚悟のもとに、抗議をして
専務とけんかになったこともあり (^^ゞ

それでも、WEBサクセスが続いているのは、
続けたいという思いのほうがお互いに強かったから
そう思います。

それ以来、この人はどう表現したらわかるかな。
こういう視点ももてるようになりました。

ぶっちゃけモードで、ありのまま話して、
協力をお願いするほうがわかってくれる人、

理論的に、結果を出しながら丁寧に話したらいい人、

人には、理解しやすいパターンがあること学びました。

そうこうしているうちに、
一緒に同じレベルで真剣に方向性を考えられる
仲間ができたんだ。 

これは、本当に心強いことです。

ひとりであせり、右往左往していた過去の私。

いまは、その頃の私に言いたいです。

「大丈夫。
 あなたは、想いを共有できる仲間をみつけるからね。」





違ったら、何度でも調整できる

ホームページのよいところは、
違ったら、すぐに修正できること。

文字の修正程度でしたら、ちょっとコツを覚えれば、
どなたでもできます!!

コマーシャル、印刷物だとそうはいきません。
販促ツールとしては、便利ですよね。

小さく生んで、大きく育てる

というのは、ホームページ集客のコツ。

ホームページ とブログで、コツコツと情報を積み上げましょう。

こういうときに便利なのは、
MovableTypeというブログを作るためのシステムを使って
ホームページを作ること。

みかけは、HTMLで作るホームページと変わりません。

ホームページ集客力向上委員会「WEBサクセス」
http://www.websuccess.jp/

でも、、、

いつでも修正できるというホームページのメリットは、
公開日を決めないと、いつまでもだらだらと予定が伸びてしまう
というデメリットにつながります。

いつでも、何でも、スケジュールを立てるということが
重要ですね。

Web活用塾で聞いたいいお話

はやいもので、第7期のWeb活用塾が、本日終了しました。

今回の活用塾では、私はサポートで入っていたのですが...

「ホームページは何度もチューニングできることが
 メリットですね。」

という講師の話に聞き入り、

ホームページに必要な要素である
情報とドラマを盛り込んだサイトの例を見てまたまた感動し、
※WEBサクセスでは、「I&Dの法則」と呼んでいます。

うちのホームページも、さらに強化しなきゃ!!
と、改修のラフを描き、

集客できるホームページに変える
 4つのチェックポイント
」とかいうタイトルで、
「I&Dの法則」をホームページに取り込む
コツを書いた小冊子を作りたいなぁと考える。

毎回、最終回の最後の時間には、
今まで学んだことを生かして、
行動計画表を作ります。

せっかく、23,000円もかけて講座に参加するのですから、
それを生かさないともったいない (^^ゞ

そうして、私も改修の日、原稿を書く日を手帳に書き入れました。

Web活用塾のいいとろこは、
生徒さんのホームページを見ながら、何をポイントにして
改定したらよいのかを話し合うこと。

今日はコンサルモード全開で、このアクセントを使うなら、
使う面積を小さくしたらいいのでは?

とか

トップページで何屋さんなのかわかってもらうためには、
この情報を入れたらいいとか

真剣に考えていました。

今日はすっかり生徒さんモードになっていて、
カメラ撮影をすっかり忘れてしまった私 (ーー;)

ごめんよー。

==============
お知らせ

Web活用塾 スポット講座
2月28日(木) 19時~21時 「販促に生かす! 携帯電話活用セミナー」

2008年はケータイマーケティング元年と言われています。
「うちはまだ、携帯はねーー。」
そんなのん気に構えている企業さんに、一歩差をつけるなら「

新聞も雑誌も読まない、テレビもあまり見ない、
パソコンも使わない、そんな世代の若い人たちが、
消費の中心になるのも、もう間近。

そうなってから、あわてて対応しても効果が薄い。
今から、着々と準備をすすめましょう~♪





プロとアマの違い?

ホームページ制作費用、みなさまはどのくらいだと思いますか?

もちろん、作る内容・作るページ数、掲載する写真など
さまざまな要素があり、一口にこのくらいの値段とは
いえませんが...

でも、ホームページを作るという工程には、
 1. 仕事の種をまき、お客様との接点を作る営業
 2. お客様の状況をヒアリングして、提案する企画屋
 3. お客様と共同で文章を組み立てるライター
 4. ホームページをデザインするデザイナー
 5. HTMLを使って、ホームページを組み立てるコーダー

と、いろいろな立場の人間が関わるわけです。

必ず5人必要というわけではなく、
営業と企画屋が一緒だったり、デザイナーがコーダーをかねる場合も
あります。

私の場合は、そのときのプロジェクトにもよりますが、
営業・企画・ライターの職種を兼ねています。

これだけの人間が関わっているのですから、
やはり、それ相応の対価は必要なわけです。

ですが、、、

プロとアマチュアの垣根があまりない分野ですから、
絵心があったり、ソフトウェアが使えたりすると、
1人でもホームページは作れます。
無料の素材もたくさん手に入りますから、
イラストを起こせなくても、きれいなホームページになりますね。

では、制作会社の存在意義はないか???

私は、経営戦略・マーケティングを理解し、
ホームページの特長を最大限に生かした
集客ツールをご提供できることだと思います。

ホームページの利点も、ホームページの欠点も
知り尽くしているのがプロ。
だから、お客様の手足ではなく、パートナーとして
提案をし続けたい。
そのように私は思います。

魂こめて、ホームページを作れなきゃプロじゃない。

魂こめているし、それでご飯を食べるから、
「えっ、5万でできないの?」
と言われると困るのですね。

そして、ここでは5万円でできるよ。
そのようなお話がある場合、
ちゃんと、利益があがる仕組みがあるのです。

よい・悪いという問題ではなく、
それは、既製品かオーダーメイドの違いと思っていただいてよく、
どちらを選ぶかは何に価値をおくかという、
会社さんなら会社さんのお考え次第。

そんな風に思います。

そして、私はオーダーメイドで作る職人さんであり続けたいのです。

ものを作る喜び

学生時代は、“図工”または“美術”という科目が、
好きではありませんでした。

私は、人と同じものを作るとか、人と同じことをするセンスに
欠けているようで、同じものをいかに綺麗に作るか、
そういうことがうまくできなかったのです。

だから、自分がものを作る側の人間になるなんて
考えてもいませんでした。

もちろん、今でもあまり芸術的とは言えませんが...

でも、ホームページ制作という仕事にかかわり、
お客様の話を伺い、イメージを固めて、
デザイナー・イラストレーターに伝えていくこの仕事。

とても楽しいなと思います。

何もなかったところから、
アイディアを出し、設計をして、ひとつひとつが
出来上がっていく時間。本当にわくわくします。

人と同じものを作らなくていい。

人と同じというプレッシャーから解放されたら、
ものづくりが好きだという自分に気がつきました。

どうしたら、効果的に伝えられるかな。
そういうことを考える時間が大好きです。

こだわるのは、ページの雰囲気作り。

会社案内のホームページを依頼され、
社長さんが書かれた文章を読んでいると、
ビジネスライクな文章でいいのかなという
思いが湧いてきました。

そして、、、
とあるページの原稿は、口語で、明るく・軽い。

この文章を私がリライトして、写真と組み合わせてまじめなページを
作るのもいいけれど...

文章を書かれた社長さんの、明るさ・ポジティブな感じを
出してみたいな...

そんな風にも考え、

社長さんのキャラクターを作ったらどうだろう。
そんな風に思いました。

ほかのページとは、雰囲気が異なってしまうので、
提案するにも勇気が必要でしたが...

内心はおそる・おそる、
でも、にこにこ笑って、
キャラクターを作ってみてはどうでしょうと提案したら、
多少、迷っていらっしゃいましたが、
快諾していただきました。 (*^_^*)

そして、こんなキャラクターができました。

Kちゃん


「名刺にも使う」という社長さんの言葉を聞いて、
とてもうれしく思ったのです。

どんな社長さんかな?
そう思われた方は、こちらをクリック!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

幡本印刷株式会社
http://www.hatamoto.cc/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。