スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい年にホームページで販促したいなら、Web活用塾!!

2008年の経済の見通しはと...

新聞を読んでため息をついている暇はありません!!

すぐに、リストを作って行動しましょう。

 -. 少ない予算で効果的なPRには、何がよいか。
 -. 営業マンに効率よく、自社のことを学ばせたい。
 -. ホームページを担当にまかせて作ったけれど、いまひとつ反応が悪い。

そう思いのみなさま。

1月17日(木)から始る、第7期Web活用塾に参加してみませんか?

また、生徒さんはただ、お話を聞くだけではありません。
ホームページを利用する目的は、さまざま。

プレスリリース、はがき、FAXDM、リアル営業...

ご自分のお仕事で、何が一番効果的なのか、
まずは、集客方法を考えていただきます。

そして、その後にホームページをどのように絡ませていくか、
おひとり・おひとりに考えていただくワークが待っています。

●ホームページ集客を考える、第6期のみなさま

第6期1回目の演習



●ホームページの実作業にかかわるスタッフ

Web活用塾の講師・スタッフは、実際にお客様のホームページを
企画・製作している現場のプロデューサ。

セミナーが開催されていない時期は、
お客様の販促プロモーションを担当しています。

講師 : 蝦名

メイン講師:蝦名

ホームページの強み・弱み、紙媒体の強み・弱みを
知っている現場の担当者が直接講義を行うからこそ、
実践的なセミナーが行えるのです。

●少人数だから、サポートも充実

Web活用塾は、定員6人の少人数制。

講義でわからないところがでてきたら、
その場で質問ができます。

質疑応答中


また、空き時間には、個別にホームページのご相談も
承っております。






経営者のためのWeb活用塾 第7期

■ 第7期 日程(全4回コース)

1回目 2008年1月17日(木) 19:00~21:00
2回目 2008年1月24日(木) 19:00~21:00
3回目 2008年1月31日(木) 19:00~21:00
4回目 2008年2月7日(木) 19:00~21:00

■ 場 所
正文舎印刷株式会社 多目的ホール
    札幌市白石区菊水2条1丁目4-27

地図はこちら

■ 受 講 料
23,000円
(テキスト代金込、税込、4回分)

インターネットでの集客を勉強したい  と常々思っていた皆様、年明けから勉強しませんか??

定員6名様、早いもの勝ちです!

スケジュールの中で、「この日だけ出られないなぁ・・・」という方もご安心ください。
欠席の日は、8期以降に振り返ることが可能です

ご遠慮なくお申し出ください。


■お電話でのお申し込みは・・・

株式会社WEBサクセス 担当: 白藤/蝦名
Tel. 050)5536-8825


■パソコンからお申し込みは・・・

「札幌 経営者のためのWeb活用塾」お申し込みフォームはこちら。


■mixiにもコミュニティがありますよ!(ミクシィの会員でない方は、ご招待いたします)

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1302226


スポンサーサイト

第1回 Web活用塾 大忘年会・望年会 開催しました

ホームページ(Web)は、中小企業の大きな味方。
そのメリットを経営者のみなさまに伝えたい。

そういう思いではじめたWeb活用塾。
おかげさまで、11月で6期を終えることができました。

受講してくださった生徒さんは、約30名。

そして、mixiのWeb活用塾コミュニティには、
100名以上の方々が登録してくださっております。

ありがとうございます。

さて、27日はWeb活用塾の大忘年会・望年会。
15名の方々に出席していただき、
スタッフも楽しい時間を過ごすことができました。

宴会です


集まってくださったみなさまは、

 デザイナー、行政書士、販売促進コンサルタント、
 保険業、印刷業、小売・本の執筆、リラクゼーション 
 キャンピングカー販売、歯医者さん etc

 企業を経営されている社長さん、企業で働いている方、
 個人で事業をされている方。

いろいろな属性・個性をお持ちです。

プチ異業種交流会のようになりました。

私としても、活用塾にきてくださいる生徒さん同士も
つながっていき、お互いのお仕事でうまく結びついていけば
いいなと思っております。

仕事は大きく育てたいもの!

そして...
Webのプロモーション、クロスメディアによる販促は、
「WEBサクセスにおまかせください。」(笑)


おちゃらけ担当(?)の私は、
ただの宴会じゃつまらない...

来た人がなんとなく席につくのもつまらない...

ということで、前の日にせっせと、席きめくじを作り、
スタッフもただいるのはつまらないと、
かぶりものを用意。

でも、コスプレまでの勇気はなく、
はちまき、蝶ネクタイ、ねこ耳など、控えめに用意 (^^ゞ

それでも、インパクトがあったらしく、
受付の案内で、ねこ耳をつけながら、
「いらっしゃいませ~」と言ったら、
受けてくださり、満足

ねこ耳


みなさま、お疲れさまでした。
心から楽しむことができました。

また、活用塾のイベントを企画したいです。

あっ、そうそう。

1月の17日からは、

第7期のWeb活用塾が始ります。
カリキュラムを若干リニューアル。

携帯電話の本格活用についても、講義します。

ぜひ、参加してくださいね。

お申込みは、こちらまで

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.mediarium.co.jp/webseminar/01about/index.php


悩んだときは、ホームページを見まくる

「ホームページを作りたいけど、

何を載せたらいいの。

こんなお悩みありますよね。

そんなときの必殺技をお教えしましょう。

それは...

ホームページをとにかく訪問しまくる。

たとえば、自分の所属している団体・組合の
リンク集を利用して、すべてのリンク先を訪問するという
方法があります。

できれば、訪問リストを作ってください。

そうすると、見えてくることがあるのですよ。
何を載せたらいいのか。
何を読者が求めているのか。

自分が使いづらい点は何かとか、
ここはいいから取り入れてみようとか、

ホームページめぐりをして研究するのです。

私がホームページを企画する場合、
あまりしらない業界の会社さんのときは、
その業界のホームページめぐりをします。

そうして、その業界のことを勉強するのです。

この方法は、
私のもうひとつの顔(??)、
テクニカルライター業で、身につけました。

対象製品の分野の専門用語を調べたり、
競合製品を研究したり、
必ずマニュアルを執筆する前に、調査をしているのです。

机の上で、うーんと唸っていても、
いいアイディアがでないもの。
それならば、身体を動かして(?)
ホームページの研究をしましょう。

連絡先、ホームページに載せていますか?

ホームページを拝見させていただいて、

非常にもったいないと思うことは...

連絡先が書かれていないこと

ビジネスが目的のホームページで、
連絡先がないのは、見込みのお客様を逃しているように
思います。

とくに、中小企業のみなさま。

ホームページ経由のお問い合わせを増やしたいと思うなら...
積極的に、連絡先を掲載しましょう。

住所、電話番号、FAX番号
それと、ホームページから問い合わせができるようにすること。

連絡手段を複数のせると、
電話が好きな方は電話で、
ホームページ経由が好きな方はホームページでと、
お問い合わせ方法を選べるので便利です。

ホームページをみて、
製品がいいなと思ったり、
サービスを使いたいなと思ったりしたとき、

何らかの問い合わせ方法を探すもの。

わかりやすく、問い合わせ方法が載っていると、
ここでお客様が脱落するという事態は避けられると思います。

とくに複数の部署があり、別々の電話番号がある場合でも、
ホームページのわかりやすいところには、
代表の電話番号・FAX番号が書いてあると便利です。

はじめてのお客様は、どこに問い合わせをしたらよいのか
わからないのですから。

柿の木を育てるようなもの

営業ツールとして、ブログを使いましょう!!

そうは言っても、ブログには即効性がありません。
昨日と今日書いた、1ヶ月書き続けたからと言って、
そこから収益がすぐに上がるわけでもないのです。

すぐに売上が欲しいと思ったら、
自分の商品やサービスに興味のありそうな
お客様・潜在的なお客様リストを作って、
リアルで営業をする、FAXやDMを送ってみるなど
したほうが効果的だと思います。

私のイメージでは、ブログは

柿の木を育てるようなもの。

種をまいて、芽がでるのを待ち、
いろいろお世話をして、ゆっくりと大きな木になるのを待ちます。

効果がでるまでには、時間がかかるけれど、
認知され始めたら、大きな実りがあるのがブログ。

パンジーとかひまわりとか、種をまいたら何ヵ月後かには
すぐに花開く。
このような販促計画をもちつつ、

柿やくりの木を育ていく戦略も持つ。

それが、大事ではないかと思います。


Web活用塾の生徒さん その後

Web活用塾は、4回シリーズの講座。
4回通して、Webを使ってのマーケティングのしくみ、
ブログのブランディング、SEO対策を学びます。

4回目は、生徒さんのホームページのプレゼンのほか、
印象や改善点などをみなさんで話し合ってもらいます。

そんな4回が終ったあと、
生徒さんのホームページめぐりをして感動したことは...

ちゃんと、活用塾で勉強したことを実行されている!!

第2期に参加されていた方は、
フレーム構造のホームページを止めていました。

SEO対策には不利と言われているフレームを止め、
えらい!!

ちなみに、Yahoo!では業種と地域名の
組み合わせで、一位に表示されています。

第5回目の生徒さん、
「トップページのフラッシュをとめたほうがいいのでは」
というご提案を受け入れてくださり、

本の表紙みたいなトップページがなくなっておりました。

ホームページは3秒が大事といわれています。
3秒間でどんな会社か伝わらなければ、
読者は次のホームページに行ってしまう...

だから、フラッシュムービーを見てから
トップページが開くという構造では不利なのです。


学んだことを行動に変える。

さすが、経営者だと思いました。

新しい年は、ホームページを絶対始めようと誓ったあなたへ

ホームページを何とかしなきゃ。

2008年は、ホームページを活用しよう!!

そんな風に思っているみなさま。

札幌・経営者のためのWeb活用塾

では、2008年1月17日(木)から始る、第7期生を募集しています。

第7期からはカリキュラムもマイナーチェンジ!
これから外せない携帯サイトの活用についても、
勉強しますよーー。

●開催日 平成20年1月17日(木)
       平成20年1月24日(木)
       平成20年1月31日(木)
       平成20年2月7日(木)

●時間   19:00~21:00

●会場 正文舎印刷株式会社 多目的ホール
     札幌市白石区菊水2条1丁目4-27
     (駐車場あります)

●受講料  23,000円(4回分)
       (資料代含む、税込)
      ※複数人数でのお申し込みの場合、割引あります。

●定員 6名

●お申込方法 

  ・申込みフォーム
   http://www.mediarium.co.jp/notice/seminarform/index.php

 後ほどメールでご連絡致します。


★Web活用塾の内容

第1回目 集客のしくみ概論
・マーケティング(集客)を考える
・自社のWebマーケティングを考える
・自社のホームページを検証する
・プレスリリースのテクニック

課題「自社のホームページに必要なものは何か」

第2回目
ブログによるブランディングと情報発信
・ブログでホームページを作るメリット
・ブログの役割
・ブログの技術
・ビジネスブログの書き方
・読まれるブログ執筆術

課題「ブログ開設またはアクセスレポート」

第3回目
ひとりでできるSEO 対策、google、yahoo!のスポンサーサイトになる
・SEOとは
・SEOのポイント
・スポンサーサイトになる方法
・成約率を上げるには
・心をつかむ文章術

課題「キーワード選定」


第4回目
Web集客のしくみ作り
・どんなホームページを作ればよいのか
・携帯サイトの活用法(NEW!)
・メルマガシステムの組み込み(NEW!)
・集客するための法則
・集客ホームページ化するための3つのプラン
・スケジュール作り

本当にやる気のある経営者の皆様、そして、
企業内 Web担当・広報の皆様、

新春のスタートダッシュは、
ぜひ、Web活用塾でお願いします!!

公開を楽しみに待ってます!

子育て支援をしているNPO法人の方と
若いママさんたちが集まって、

本当に役立つ、「子育て情報のホームページを作る」

そんなプロジェクトに協力させていただきました。

私たちの担当は、トップページとテンプレートを作り。
さらに、ご自分たちでホームページが更新できるようにと、
18時間のホームページの作り方の講習会を開くこと。

私は、18時間の講習会のテキスト作りと、
講師を担当しました。

まだ、お子さんが小さく、
ベビーシッターにお子さんを預けながら、
3時間ずつ、6日間の講習会でした。

普通のセミナーと違い、
私語あり、セミナーのテーマとは違う質問あり、
途中、インフルエンザで参加者が激減など、
いろいろなことがありました。

講習会でも、ちゃんとテーマがあるのですが、
参加している方は、そのテーマよりも、
自分の課題に取り組んでいて、
参加者がそれぞればらばらなことをしている (^_^;)

ほかのパソコン講習会では、
できない体験をしましたよ。

みなさん、ホームページを広めたいと真剣に思ってくださっていて、
SEO対策の勉強をしたときに、参考までに出した課題を
本当に考えてくださっていたのでした。

感激です。

このお仕事、本当は別の会社さんに頼んでいたそうです。

ですが、普通のビジネス感覚で接してくる
担当者さんとうまくいきそうな気がしなく、

この混沌とした状況を、受け入れてくれそうで...
と、私に仕事を頼むことにしたといってくださいました。

こういうご指名は、うれしいです。
私の“人間”の部分を見てくださっているから。

これから、子育ての合間に情報収集をし、
ホームページを作っていくみなさま。

公開の予定は数ヶ月ほど先。

心から、公開日を楽しみに待っています!!
Category: 営業日誌

やる人はやる、やらない人はやらない

「ブログを開設したい」と騒いでいた時期が過ぎ、

ブログが自分の生活に定着し始め、
実績も少しずつあがってきた頃。

今度は執筆者を増やそうと、
「ブログを書いて」
と言いまくっていたのは、先に書いたとおり。

そこで気がついたことは...

「やる人はやる。やらない人はやらない。」

ごく当たり前のことでした。(^^ゞ

つまり、
「ブログで仕事をしよう」
と書く意志がなければ、書けないのです。

さらに言えば、
自分がやりたいと思わなければ、
読んでも面白くない記事がアップされるだけです。

なかなか難しいものですね。

「ブログの記事を書いてね。」
と周囲に言うとき、

「白藤さんだって書いてないじゃないですか!!」

と言われたら元も子もないので、

本当に意地になって、ブログを書きました。

命削ってブログを書く
そういう言葉を、同業の方がおっしゃっていました。

本当にそのとおりで、

どんなに遅くなろうと、
ブログを書いていました。

そんなときイメージするのは、
私の言葉がわぁーっと広がって、
みなさまの中に入っていくところ。

いろいろなところに種が落ちていって、
やがて、いろいろなところに開花 !

考えただけでも楽しい!

そんな思いが私を支えていました。

2007年もまだ一ヶ月ある

本日、学んだことは、

「今年もまだ一ヶ月ある。
 一ヶ月あれば、状況を変えられる。」

今年、出会いがありました、

有限会社 フォーオール のナタリアさんの言葉です。

夕張への手紙 ナタリアの「転んでもただで起きない!」日本改造プラン夕張への手紙 ナタリアの「転んでもただで起きない!」日本改造プラン
(2007/12/06)
ナタリア・ロシナ

商品詳細を見る



今年ももう終わりなどと言っていないで、
せっせと、夢にむかって進んでいくことが大事ですね。

できることから着実に、
前に進んでいくしか、道は開けない。

お客様中心主義とは何か、
使いやすく、役に立てるホームページとは何か、
それをよく知っていて、

かつ、

それを確実に表現できる。

そういうWeb制作会社として発展できるように、
ひとつひとつ大切にしていきたいと思います。
Category: 営業日誌

文句ばかりで悪いけれど...

最近、ご一緒させていただいた社長さんから
伺ったのは、言わなければならないことは、
文句ととられようと、言わなければならない。

だから、
「小姑のようで申し訳ないけれど、」
と前置きした上で、毎朝お話をされていると
言ってました。

その代わり、短時間で話は終わらせるそうです。

こういうこと、大切だなと思いました。




ビジネスブログを導入しても、
誰も書かずに放置されてしまう...

これは、誰も責任を持ちたくないからですね。

結局、よさそうに見えても、
誰もやりたくないから。
究極に言えば、とくに困っていないからだと思います。

誰だって、四苦八苦して記事を書いても、
何もしなくても、
同じお給料をもらえるのであれば、
書かないほうがラクでいいですよね。

でも、

何か営業方法で打開策をみつけたい、
または、新規事業を軌道にのせたい

など、

何かしたらの目的があるから、
ビジネスブログはどうかなと思っているのですよね。

ですから、
ブログを書く意味を、しっかりと話していく必要があるし、
その前に、導入しようとしている人が、
ブログを書き続けて、成果を出す必要があります。

成果が出ているのだから、
これを続けるべきだ!!

自信をもって話をすれば、
周囲は少しずつ変わってきます。

わたしは、記事の更新がされていない日は、
「ブログはどうしました?」と、
聞いていました。

文句ととらえられようと、
怒っていると言われようと、
あまり怖くなかったですね。

なぜなら、

私はブログを使って、人脈を広げて、売上をあげているから。

営業担当で、毎日お客さまを訪問できる
職種ではないのです。

でも、誰かが、何かで仕事をPRしなければ、
存在すら知っていただけないのです。

ブログは書けない。
苦痛だ。

「では、あなたは何で仕事をとってきますか?」

この攻防が、しばらく続きました。

いいがげん、文句ばっかり言っている自分にも
いやになった頃、あることに気がつきました。

つづく

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。