スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンバーの動機付けに四苦八苦

会社の大ピンチのときに、
半ば強引にビジネスブログを立ち上げた私。

しばらくは、蝦名と交代で記事を書いておりました。

そして、1年が過ぎたころ...

ブログがきっかけで、仕事を獲得したのです!!
初めての成功体験~~♪♪

この頃、私ははがき営業のセミナーにも出席していて、
とにかく、続けることの大切さを何度も・何度も聞いていたのでした。

こうして、自分に刷り込みを行い、
成果も出てきたので、
ブログを書くのが楽しくなってきました。

生来、文章が書くのが大好きなことと、
子どもの頃は文通も大好きだったということも
プラスに働きました。

こうして、ある程度ブログを結果が出始めると、
人にも勧めたくなります。

また、仕事が忙しくなったので、
部署のメンバーで交代で書いてもらいたいと
思うようになりました。

会社や自宅にいて、人間関係が構築できるブログと言うツール。
こんなにいいものはないと、私は思っていたのですね。

ところが、

この思いが通じない

二人で書いても人脈が広がり、
契約をいただけたのだから、
みんなでやれば、もっと広がるという考えを話しても、

ブログに“穴”があいてしまうのです。

書こうと思ったけれど、書けない。
苦痛だ。

orz。

新たな壁です。

それでも、営業をしなければ、会社が続かないのです。

しかも、ブログを書けない人ほど、
外にも出ないという図式も見えてきて....

確かに、絶対にブログを書かなきゃいけないものでもない。
書きたくないなら、書かなくてもいい。

私の提案が受け入れられないなら、
逆に、営業する方法を提案してほしい。

そんなことを話つつ、
ブログ当番が記事を書いていないと、
どうして書かないのか、ずっと言い続けていました。

そして、
絶対に私は穴をあけない。
半分、意地になって記事を更新していたことがあります。

本日配信された、ランチェスター経営 竹田先生のメルマガに、
小さな会社で新しいことを遂行しようとしたら、
社長が中心になって行うのは当然という内容の文章がありました。

本当にそのとおりだと私は思うのです。

誰かが必死にやらないと、
誰もやらない。

ブログがここまで続いているのは、
やっぱり、ブログがいいと思って、
自分だけは書き続けようと決めていたことだと思うのです。

だから、誰も書かないと嘆いている場合ではないのです。

自分がよいと思って始めたことは、
たったひとりでも、やり続けると決めない限り、
誰もやらないのです。
スポンサーサイト

終らない仕事はない~♪

弊社のスタッフが、おススメ(?)のCMです。
彼女は大きな案件を抱えていたとき、
よく言っていました。

私はあまりテレビを見ないので、
いまひとつ、理解できていなかったのですが、

チョコレートのギャバのCMだったのです。

涙目で「終らない仕事はない~」と歌うお兄さんの気持ち、
わかるような...

http://www.ezaki-glico.net/gaba/tvcm/cm4w.html

ちなみに、
「がんばればがんばるほど仕事が増えるのなぜ」
というバージョンもあり...

http://www.ezaki-glico.net/gaba/tvcm/cm7w.html

こちらのほうが私の気持ちに近いかも(^_^;)

本日、mixiの自分のページにギャバの広告が掲載されていて、
クリックすると、ギャバのCMが流れてくるようになっていました。

私のようにテレビを見ない人でも、
インターネットに同じ広告を流せば、
見るかもしれない。

複数のメディアを使って、
ユーザーの興味を引いているのですね。

それにしても、
mixiの広告収入、知りたいなぁ...

将来にむけての投資

時間管理の本を数冊読んでいます。

その中で、手帳は決まっているアポイントを書くものではなく、
未来に実現するための計画を書くものだという文章がありました。

男性と女性、お二方ともそのような記述をされているので、
この出会いは、私にとって必然かなという気がしています。

ホームページ制作者として、
お客様のホームページを企画し、納品までの過程が
決まっているアポイントとすると、

技術の動向・マーケティング手法などの勉強、
ライティング技術の向上
などが実現するための計画ですね。

私の場合は、セミナー講師として、
自分のパフォーマンスを上げるというのもテーマです。

もうひとつ、
今回から挑戦してみようかなと思うことは、
アメリカのマーケティング手法、Web業界の動向を探ること。

なぜかというと、
私には大きな・大きな目標があるからです \(^o^)/

いい意味でも、悪い意味でも、
資本主義経済の中心はアメリカ。
数年遅れで、アメリカの考え方、手法が日本に入ってきている
これは間違いないことも理由です。

で、手帳に書くことは

・定期購読している、「日経ネットマーケティング」は毎回必ず読む
・Web関連の専門書 (とくに集客関連)を読む
・仕事に耐えうるだけの英語力を身につける
 手っ取り早い目標は、TOEIC900点超ですかね。

ところで、私が読んだのは、この二冊

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

いつも忙しい人、なぜか余裕のある人 最後に笑う人の時間管理術いつも忙しい人、なぜか余裕のある人 最後に笑う人の時間管理術
(2007/02/24)
箱田 忠昭

商品詳細を見る


無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法
(2007/10/12)
勝間 和代

商品詳細を見る


Category: 営業日誌

見える ! だから、作りたい!!

理論的というよりは、直感で生きている私。

ものを作るときは、
頭の中でこんな感じという映像が見える
そんな感覚になります。

お客様のご要望、
制作条件をじーっと見つめつつ、
さらに参考資料などを読みつつ、
考えること数時間。

何もでてこない

ということもざらにあります。

ですが、席を立ったとたん、
ぱっと映像が出てくるのです。

これだ!!

こんな感じのがいい!

そうなると、明るく・楽しくラフ案を描いて
デザイナーに渡します。

昨日は、WEBサクセスの担当者レベルの会議が
ありました。

ホームページ改定や、
製品案内パンフレットの改定の話をしている最中に、

そうだ、会社案内パンフレットも必要だと
思いつきました。

そのとき、、、

会社パンフレットがイメージが、
頭に浮かびました。

しかも、色つきで。

はやく、作りたいモードに突入。

「わたし、会社案内作ります!」

会議室を今にも飛び出しそうな私に、

「計画してから作りましょう!」

司会進行をしていた専務が冷静に言いました。

止められなかったら、
絶対にラフ案を作っていたでしょう。 (^^ゞ

だって、青い表紙にWEBサクセスのロゴがあってと、
会社案内が見えたんだもん。


仕事をする心

先週一週間は、刺激的な一週間。

そして、新しい仕事の形を模索した一週間でも
ありました。

そんな中で、出会った本は
「お菓子を仕事にできる幸福」(株式会社東ハト)

お菓子を仕事にできる幸福 お菓子を仕事にできる幸福
木曽 健一、中田 英寿 他 (2004/05/07)
日経BP社

この商品の詳細を見る


もともとは、東ハトの社員に向けた
「経営理念」ともいうべき絵本です。

この本の中で、

「組織になるよりチームになろう」

「お菓子のレシピで一番大切なもの。
 それは想像力。
 自分をドキドキさせて、お客さまをワクワクさせて、
 ライバルをヒヤヒヤさせてしまおう。」

という文章が出てきます。

この文章、今の私の感情にぴったり。

ホームページを作るということは、
お客様、企画担当・デザイナーがチームになって
ひとつの形を作り上げること。

そして、ホームページのプロデューサーとして
大切なのは、やっぱり想像力。

ホームページの案件をいただくたびに、
こんなホームページにしようと、

自分でまず、ホームページを作る喜びを感じて
いたいのです。

そのために、技術を吸収することにワクワクして、
吸収したことを、今度はまたお客様に伝えていく。

それは、決してひとりよがりではなく、
お客様と、お客様のお客様にも役立って
喜んでいただけるようなホームへージ。
そして、セミナーを作っていくこと。

それが理想です。

原点に戻る

11月10日(土)、そして11月13日(火)と、

私がなぜ、ブログを書いているのか、
そして、どのような効果があったのか

「企業の情報発信戦略」というテーマでお話させて
いただきました。

11月10日は、これから起業される皆様向け。

 ・お金がない
 ・人がいない
 ・時間がない

このような状況で、いかに自分の仕事をPRするか。
そのことに絞ってお話させていただきました。

話した内容は、このブログの内容そのもの。

なぜなら、
セミナーを企画された方は、
このブログの4月~5月の記事を読んで、
「講師をしませんか?」と言ってくださったのです。

==============================================
このブログさん、
ちゃんと契約をとってくる営業社員です (^_^)v
==============================================

ブログを始めた頃は、
仕事がほしくてたまらなかった。
どうすれば、仕事が回っていくのかたくさん考えた。
ブログを書くには、目的があった。

自分の仕事をみんなに知っていただいて、
記憶に残ってほしい。
そして、ふっとこの仕事、誰かができないかなと
思ったときに、私たちのことを思い出してほしい...

そんな泥臭い願いがあって、
毎日・毎日ブログを書いていた。

もう二度と味わいたくない感情ですが、
あの必死さと、書くぞと決めていた頃の
心は忘れないで、日々の仕事を丁寧にしようと
思ったのでした。


R&Rの法則

WEBサクセスでは、
集客できるホームページ作りには、

I&Dの法則

が大事ですとお話しています。

I&Dの法則とは、
スタッフミーティングで
アイディアを出しながら作った、
WEBサクセスのオリジナル!!

I→ Information 情報 : 読む方にとって必要な情報
       と
D ... Drama ドラマ : 心に響くストーリー

このふたつをどうページに盛り込むか、
それが必要だと思うのです。

さて、、、

本日は、
専務と一緒にお客様とホームページの打ち合わせ。
その後に、3人で食事をしました。

再取材させていただくことと、
もう少し社長さんの考えをお聞きしたくて、
会食の時間をいただいたのですが...

商談以外の話でも盛り上がり、
刺激的で楽しい時間を過ごすことができました。
ありがとうございます。

そこで教えていただいたのが、

営業は、

R&Rの法則

R...rhythm リズム

R...real  リアル営業

つまり、お客様によって求められることは違う。
90分間、説明を聞きたい人もいれば、
30秒でいい人もいる。

同じお客様でも、
そのときに用事があったり、体調が悪いときもある。
そんなときは、さっと切り上げ、
また訪問する理由を作ればいい。

こういうリズムが大切で、それもリアル営業を
何件もこなしているからできてくること。

相手の都合や状況を読んで、
どのように話すのかを決めるのです。

ホームページとブログを使っても、
会社の経営、売り上げ倍増化計画には
R&Rの法則は重要。

人間は、最後は人間に頼るので、
自然の法則だと思いました。

ちなみに、
このR&Rの法則という名前は、
その場のノリで決めました(笑)。

ポジティブが服を着て歩いているような3人。
かなり会話は弾みました~♪♪



Category: 営業日誌

あれから一年

それは、、、

昨年の今頃のことでした。

Webプロデューサとテクニカルライターという
2足のわらじをはいている私。

昨年の今頃は、せっせとInDesignでフルカラーの
テキストを制作しておりました。
※InDesignは、本などを作成するために使用する
 ソフトウェア。

私のもともとの職業は、マニュアル書き(テクニカルライター)。
1色の印刷物を作るのは得意でも、
フルカラーの印刷物を作る経験はあまりなく、
しかも、バインダー綴じという仕様に戸惑っておりました。

フルカラーやバインダー綴じのことも丁寧に教えてくれる
印刷屋さんはいないかなぁ...

そのような内容の相談を数社さんにしたら、
とある印刷屋さんは、
専務さんがわざわざ会社まで来くれました。

バインダーも探してくれて、
章ごとにはさむ仕切りも10山のものがあると
教えてくれました。

小心者の私は、印刷・製本まで請け負う仕事のときは
非常に緊張しています。
なぜなら、印刷でトラブルが発生したら、
私と私の会社だけでは対処できないからです。

いろいろと相談できるので、
私は少しほっとしていました。

そういうやりとりをしていたら、、、

その専務さんは
「会社に遊びに来てくださいね。」
と言うようになりました。

どうして、遊びに行かなきゃならないのだろう...

当時の私は、それが仕事のきっかけになると
あまり思っていなかったのです。(のんき)

その頃、ホームページ関係の仕事で、
指名していただけるようになり、
やっぱり
「遊びに来てくださいね。」
と言われるのです。

へぇ~~、そうなんだ。
遊びにきてねということは、
何か仕事になることを持ってきてねということなんだ。

ビジネスは奥が深い。
(きみが単純なんだよ。)

漠然と理解した私は、企画書を持って、
印刷屋さんに出かけて行きました。
※さすがに、本当に遊びに行こうとは思ってませんでした。

そうして、ホームページのビジネスを提携して
やらないかという提案をいただきました。

目がまん丸。

そう。その印刷屋さんの専務(当時)が、
今のWEBサクセスの専務です。

その話をいただいたときは、
営業ルートがひとつ増えるからいいな、
くらいに思っていました。

自社のみで新しいサービスを作りたくても、
お客様の仕事を優先すると、なかなか手がつけられません。

営業用Webサイトを作りたくても、
そこまで余裕がない。
つまり、営業ルートの開拓に悩んでいたのです。

他社さんとご一緒するとなれば、
自社のみで取り組むよりも、締め切りを守れるかな。

そんな思いがぐるぐる回り、
その場でOKして、次回は企画書を詰めるという約束をして
帰ったのを覚えています。

そうして始ったWEBサクセス。

1月からホームページの構想が始り、
3月の1ヶ月をかけて、ホームページ制作。
4月から営業を開始、
5月に株式会社となりました。

こう考えると、すごいスピードで進んでいるような
気がします。

1年後には、
誰よりも仕事のスケジュールを
把握している関係になるとは、
夢にも思っていませんでした。



こだわる

WEBサクセスの専務と、今後の展開の打ち合わせ。

私は、自分が納得ができるまで考えをつきつめないと
前に進めないタイプ。

そう言えば、新人時代、
私を採用した人事担当の方が、
「扱いにくいタイプだよね。
 結果をだせるまで、3年はかかるタイプ」
と言っておりました。 (^^ゞ

結論が出ないときは、
頭の中がしばしそのことでいっぱいになっている。

「案外、こだわって周囲が見えなくなるよね。」
といわれて、自分でもそうだなぁと思います。


ですが...

私って視野が狭いかなぁと、
ちょこっと落ち込んでみたりしたけれど...

だから、「ものを作れるんだな」と思い直しました。

制作モードに突入すると...

文章が書きあがるまでは、
トイレにも立ちたくないと思ってしまうし、

企画をしている間は、
「これだ!」と思いつくまで
ひとりでいるときは、
いろいろとシミュレーションしています。

最近は、
「ハート」のイメージをホームページに掲載するのに、
デザイナーに何度やり直してもらったことか...

「バレンタインのかわいいハートじゃないの。
 もっと、大人の、熱いハートなの。」

「違うの。
  もっと、ハート自体は細いけれども、情熱があるの。」

こんな言葉に、デザイナーは泣いていたでしょう。

先日、会食した社長さんが
「理想は、
 明るく社交性のある職人さんを育てることだよね。」
とおっしゃっていました。

私の目指すところは、

 明るく社交性があり、
 経営センスのある
 職人さん


です。

ちなみに、

私がスーツを着て歩いているときは、
営業モード・責任者モードに切り替わっております。

ジーンズにトレーナーで、
何か考えごとをしているときは、
完全に制作モードに入っているとき。

外見があまりにも違います。へへっ

WEBサクセスを立ち上げたばかりのとき、
いつもスーツでメイクをしている
私にしか会ったことがない
WEBサクセスの営業担当が
急用で会社に来たとき、

会ったとたんに

今日はどうしたんですか???

と言いました。

じつは、これが普通だったりする (^^ゞ




好き同士になって

ホームページを作るとき、
いつも感じることは、

私にあなたの思いをたくさん教えてください。
私はその思いを、ホームページの形にしたいのです。

私の理想の仕事は、

このホームページは絶対に私が企画したい。
オープンさせたいと、
わくわくするような、

そんな感覚。

そして、クライアント様も、
私の何かをいいと思ってくれていて、
協力してお仕事ができること。

ビジネスの言葉ではないかもしれないけれど、

好き同士になって仕事をするのが、
一番いい形で、ひとつのホームページが生み出せて
いけるのではないかなぁと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。