スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャッジしない

「ジャッジ」をしない。そうすると本質が見える。
なんとなくわかったようで、わかっていなかったことが、
ストンと落ちました。

私は、2006年から北海道中小企業家同友会の
「経営指針委員会」に関わっています。

「あなたには、いま経営指針の勉強が必要よ。」と、
当時の私の状況をみた先輩の女性経営者の方が、
熱心に薦めてくださいました。

会社を何とかしなければと思っていた私は、
同友会はどのような会なのか、
さっぱりわからないまま研究会に参加したのでした。

※ 「経営指針委員会」が、同友会の会員が経営指針を勉強する「経営指針研究会」を運営しています。


当時の私、
決算書もまともに読めず、
経営用語もわからず、
社長とは何をする人なのかもあまりよくわかっておらず、
という状況でしたが、

「何かしないと会社がつぶれちゃう」
この想いだけで、
社長ではないけれど社長さんの中に混じって勉強させていただきました。

それからはや8年。

石の上にも3年というか、8年間ひたすら座っていると、
決算書が読めるようになり、
社長さんたちが言っていることもわかるようになり、
なぜ経営指針が重要なのかもわかるようになりました。
もちろん、まだまだ修行の身ですが。

経営指針研究会ではカリキュラムが決まっていて、
第1講では『人を活かす経営 中小企業における労使関係の見解』という本の読み合わせをします。

労使見解

私は何をするにも、どんな心構えでするかそのマインドが重要と痛感しているので、
経営者のマインドを学ぶ非常に大切な本だと思います。

ところが、

この本が最初に書かれたのは1989年であり、
その前の時代の経験を経て書かれているので、
2014年に読むととっつきづらいところがあるのですね。

そうすると、
「労使」という言葉が古いとか、
労働組合の運動はないとか、そういう感想が出てくるのです。

感想は個人の感覚だから、どんなことでもよいと思います。

この本は役に立たないとジャッジしてしまうか、
なぜ、この本が2014年の経営指針研究会でも使われているのかと考えてみるかで、
見えてくるものや、気づくものがちがうのだなと思います。

何を伝えたいのだろう。

古臭くて読む気がしないと判断したら、「労使見解」からの学びはあまりはありません。
思考がそこでストップするからです。

読みづらいけれど、何を伝えたいんだろうと考えたら、
そこから自分の経営に対するヒントが得られるのではと思います。

と、偉そうに書いている私ですが、
8年いてやっと自分の言葉になった程度。

質問家のマツダミヒロさんは、
自分の感情や価値判断で状況を決めてしまう「ジャッジ」をしないと言っています。
私、このジャッジをしないというのが苦痛で苦痛でたまらなかったことがあります。
誰があっていて、誰が間違っているとか決めたいんですね(^^ゞ

「労使見解」に関する討論があまり進まないのは、
参加者それぞれが
自分の経営経験などから「古い」とジャッジしているからなのだろうなと
今は思います。
表面的な言葉にとらわれていて、そのマインドを知ろうとしないことなのです。

経営者は「決める」力がないと会社をひっぱっていけません。
だからジャッジは必要なこと。

でも、世の中学校のテストのように、
正解・不正解がはっきりしているようなことはあまりありません。
経営者に求められる「決める」力は、
ジャッジをしてしまうのではなく、
たくさんの中から自分は何を選ぶか主体的な選択能力なんだなと
私は思います。

表面的なことに振り回されることなく、本質を見極める、
相手が本当は何を訴えたいのか考える。

難しいけれと、実践者でありたいと思います。
スポンサーサイト
Category: 会社経営

意識をする

11月は暖かかったものの、今日は雪が舞った札幌です

新年の準備を始めるこの季節、2014年の初めに作った
目標を振り返りつつ、2015年の目標を決めています。

■ まずは自分のしたいことを意識してみる

目標を決めるということで、私は自分の中にひとつの抵抗があったことに気づきました。
それは、「達成できなかったらどうしよう」という心の中で思っているのですね。
そういう理由で、未来日記を書くとか、未来をビジュアルで表現するとか、
やってみたいなと思っていたことが、なかなかできなかったのです。

ですが、ここ数年の経験と学びで、
「達成できなかったらどうしよう」という未来を心配しても何にもならないと気づきました。

それよりも、こうなったらいいなとか、こうしていこうとか、
してみたいことを一度頭の中から全部出してみることの方が重要と思ったんです。
達成するかしないかは、未来のことだからわかりません。

未来のことだからわからなくても、
自分でやりたいことを意識をしてみないことには、行動に結びつかないんですね。
行動しないということは、達成することなどありえない。

まずは、自分がしてみたいことに向かって、
自分が歩いてみようと考えが変わっていきました。

そうして、未来にしたいことを全部書いてみようと、
2013年の終わりにせっせと自分の想いを書き出し、
手帳に目標を書いたのです。

■ とにかく書いてみた結果

そして、約1年たったいま、その手帳を見返すと、
「あらっ、書いたことはすっかり忘れていたのに、かなっている!」
ことがありました。

それは、、、

「コラムを書く」です。

札幌商工会議所様から発行されている「さっぽろ経済」の2014年2月号~4月号まで、
Web集客についての記事を3回書きました

さっぽろ経済に記事を書いています
http://websuccess.blog98.fc2.com/blog-entry-951.html

仕事の目標の欄に「コラムを書く」とあります。

2014年の目標

ところで、
セミナーとブログの目標は達成していません。

初めの頃に「達成できなかったらどうしよう」心配していた状態になりましたが、
どうにもなっていませんね (^^ゞ

達成できない理由がわかっているので、
こんなことも書いたなぁ。来年はどうしようかなと思っているだけです。
取り越し苦労でした。

■ 心配するよりもやってみる

2014年の大きな学びは、とにかく目標を書くことで、
自分がしたいことに近づいていけるということです。
書いたとおりにすべてがならなくても、近いことはできていると思うのです。

たとえば、私のセミナーの目標ですが、
Webセミナーとして講師をしたのは結局1回です。
体調を崩したため、自社開催のWeb活用塾も、
今期は講師をできる状態ではありませんでした。

ですが、会社に復帰したあとに、
職場体験でWebの現場のことを高校生に話をしたり、
企業様を訪問させていただいて、Web関連の講義をしています。
まずはよかったなと満足して、次に進むステップを考えていきましょう。

■ 自分の本当の気持ちに気づきやすくする

目標を決めるとき、ひとつコツがあると思います。
それは、自分の気持ちに正直になること。

誰かと競争していたり、よく思われたかったりして決めるより、
よくよく自分の気持ちを振り返って、目標を決めた方がよりよい人生を送れると思うのです。

深刻な状態にならなかったとはいえ、
人間の命には終わりがくるとはっきり意識した私は、
病気と折り合い、自分のしたいことをするにはどうしたらよいのか考えてみました。

そうしていきあたったひとつのキーワードは、
「マインドフルネス」です。

自分の身体や気持ち(気分)の状態に気づく力を育む「こころのエクササイズ」だそうです。


グーグルやインテルでは、マインドフルネス瞑想法を実践していることを知りました。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20141009/272354/?rt=nocnt

グーグルでは「サーチ」という名前で
社内でマインドフルネス瞑想法のプログラムが開発されているようです。
サーチを学んだことで、
業務日数を減らしたけれども業績を伸ばすことができたり、
顧客の信頼が高まったり、
人生の危機を乗り越えられたりしたという
事例が掲載されていました。

意識するって重要なのだなと思いました。

ももともとは、健康回復のために呼吸法を勉強したくて、
いろいろ探していて行き当ったのが瞑想です。

身体によくて、かつ会社の業績改善にもつながると聞くと、
これはやってみるしかない(笑)と思って買った本がこちら。



自分に成果があったら、会社で興味のある人たちに伝えてみようと思います。

手帳を活用して、瞑想してと続けたら、
2015年の12月にはすごいことになっていそうですね。

楽しみだな~~~




Category: 会社経営

絶対に会社は存続させる

北海道中小企業家同友会の

第11期経営指針研究会が始まりました。

昨年の9月に第9期の経営指針研究会を卒業しています。

この委員会では、

私は多くの先輩方から学び、励ましやお叱りを受けながら、

経営者として何とかやってこれたました。


さて、本日はオリエンテーションのあと、

「何のために経営を行うのか」という講義があり、

その後グループディスカッションでした。


何のために、経営を行うのか



私はごく最近まで、よくわかっていなかったと思います。


そもそも私が会社役員になった理由は単純です。

子どもが生まれても、仕事を続けたかったからです。

それまで勤めていた会社では、

子育てしながら働けるような感じがしていませんでした。


ですから、

当時の上司と同僚が会社を作るからと声をかけてもらったとき、

新しい環境でなら、子育てしながら働けるかもしれない。

そう思ったのです。

そんな100%プライベートな理由で、会社設立に参加した私です。


会社とは何か

取締役が何をする人なのか

資本金とは何か

経営のことはまったくわからずに、

ただただ仕事をしていた毎日でした。


その当時の会社には経営理念はなく、

当然、経営計画もないので

行き当たりばったりの経営でした。

当時の社員の方には、本当に申し訳ないと思っています。



会社はいろんな事情で、変化します。

でも、社員もろともその変化に流されてはいけない。

今までの経験で痛切に感じています。

そのためには、

会社の進むべき方向をしつかり示した経営指針が必要です。


今日の閉会のあいさつでは、

「経営指針研究会では、新しい経営手法を学ぶことはない。

 当たり前のことを当たり前のようにすることが大事」

という話がありました。


絶対に会社を存続させる。

強い意志をもって、日々仕事をしていきたいと思います。

会社は社員の生活の基盤であり、雇用を生み出すものです。

私たちは、その会社の経営を、販促物を通して支援する仕事をしています。

このように思えるようになったのは、

少しは進歩したでしょうか?


経営する理由が、

子育ての環境を作りたいというまったくの私的なものから、

地域やお客様の未来のためという公的な理由に

少しずつ変化してきたように思います。


経営指針作成の手引き
※ 同友会経営指針研究会で使う資料です。


まだまだ、課題多き状態ですが、

絶対に続ける、事業を守るという意気込みは、

誰にも負けないつもりです。
Theme: 企業経営 | Genre: ビジネス
Category: 会社経営

畑を耕すように

7月5日に、3カ月間のコミュニケーション講座の研修が終わりました。

新しい会社体制になって半年過ぎたころ、

・言葉が伝わらない
・伝わらないから、スタッフにいらいらする


そんな自分がいることに気づきました。

みんなそれぞれ、一生懸命に仕事をしているけれど、
それは、それぞれ基準の一生懸命。

だから、がんばっているのに、かみ合わず空回り。

かみ合っていないことを伝えたいのに、
どう伝えたらよいのかわからない。

みんな理解し合いたいのに、
その一歩がなかなか出ないといった状況でしょうか。

それもそのはず、
社会人になって、これがよいと思ってやってきたことが
うまくいかなくなったからと言って、そう簡単に変えることはできません。

でも、変えなければ、変わらなければ、
これから先、会社は続いていくのだろうか。

あせりが、常にありました。

そんなとき、
ハッピーマインドの菅野ゆかりさんが主宰している、
「ハッピーカフェ」で、菅野さんが企業向け研修を始めることを聞きました。


・ハッピーマインド

http://www.happymind21.com/

私は講師としてブラッシュアップしたり、
自分の目標達成のために、菅野さんのセミナーに参加していて、
ハッピートークはなんだかいいぞーと思っていました。

「話し方を変えると、人生が変わる」

菅野さんのこの言葉が印象的で、

これを社内全体で実践したら、何かが動くのではないかな、そんな気持ちでした。

「コミュニケーションがうまくいかないからと、
 何かを導入するのは、システム屋の考えること」

と、他社の社長さんからちょっと厳しい評価もいただきましたが、
コミュニケーションを第三者から、全員で習った方が、
お互いに話しやすくなるのではないか。私はそう思いました。

その結果、

丁寧にひとりひとりに接してくださった菅野さんの力と、
みんなの変わりたいという想いがよい相乗効果を生み、
少しずつですが、状況が変わりました。

それまでも、たくさんの方からご支援を受けて、
会社を変えていこうとしていた地盤があって、
そこからハッピートークで芽を出した! そんな感じでしょうか。

「自分が一番に聞く、自分の言葉をプラスに変える」と、
ぶれずに話してくださる菅野さんの言葉がけに、
参加した幹部は、話し方、言葉の選び方を随分意識するようになったと思います。

そして、社員全員で言われてうれしい言葉をカードに書いて、
飾ることを思いつきました。

ハッピーボード

出社した時、外出先から戻った時、
いつもこのボードが目に入り、プラスの言葉、うれしい言葉を読めて
ほっとします。

ここで得たこと、学んだことは、まだ知識の段階。

これから、実践して意識しないでも言葉選びができるようになったとき、
学びが本物になったということでしょうか。

「習慣にするのも才能」という菅野さんの言葉を胸に、
風通しのよい会社を作っていこうと思います。


最終回

ハッピートークは単にプラスの言葉を使うだけではなく、
マインドのことにもふれます。

とくに、個人セッションでは、
どこかふらついていた私にはきついこともありました。

・伝わらないのは自分の伝え方の問題
・覚悟を決めて、全部引き受ける
・期待を捨てて、信じきる

でも、本当にハッピートークを実践していこうと思った今は、
この3つがとても大切なマインドだと思っています。
Category: 会社経営

売り上げを伸ばす理由、説明できますか?

大荒れ、強風の3月2日。
悪天候にもめげず、正文舎、WEBサクセス、メディアリュウムのグループ会社では
経営幹部、経理が集まって経営計画の勉強会を行いました。

売り上げ計画、行動計画を立てることはみんな立てるけれど、

そもそも、何のために行わなければならないのか、
その本質をしっかり掴むための勉強会です。


講師はグループトップの岸。

「経営者、経営幹部に話をする。
 つまらないと感じたら、途中で帰っていい」

という声に、周囲の空気が張り詰めます。

日本経済の流れ、これからの動向、把握しておくべき指標の説明のあと、

マネジメントチームとは何か、何をすべきなのか図にして説明がありました。

その後は、直近の決算書をもとに、利益計画のシミュレーションです。

「売り上げを伸ばそう。おー!!」

という掛け声だけで終わらせないために、

そして、本当にこの売り上げが達成できる体制なのか考えるために、

シミュレーションをしていきます。

貸借対照表と損益計算書のしくみを理解するため、
今回はエクセルなど使用せず、すべて手計算で行います。

3月2日せみなー

計算の苦手な私は、少しでも明るい材料を持ち込もうと、
オレンジの計算機を持ち込みました。

この計算をしてみると、なぜ売り上げを伸ばさないとならないのか、
理論的にわかるようになります。

理論的にわかるということは、社員にも説明しやすくなります。

「売り上げ伸ばすためにがんばりましょう」
「これ以上、無理です」

というような、感覚的で不毛なやりとりはなくなります。

よい会社づくりには、数字に基づく科学的な計画も必要です。

「計算が目的ではなく、
 結果に基づいて、何をすべきか考えるのが目的だから」

岸の締めの言葉を忘れず、次の行動を決めようと思います。

教科書

※ 勉強会が終わった後、渡された資料です。
  よいと言われたことはすぐ実行が今年のテーマなので、
  こちらも勉強します。
Theme: 企業経営 | Genre: ビジネス
Category: 会社経営
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。