スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原稿書きに専念

大雪の札幌でした。 

年末年始のお休みは、何をしなければならないこともなく、
のんびりと過ごしています。

食生活を充実させようと決めていたので、料理に時間をかけています。

新しいレシピが増えました!!

そうしながらも、お休みはもうすぐ終わり。

今日はお休みに入る直前に取材させていただいた、
「お客様事例」の原稿をずっと書いていました。

音声データ

私が取材するときは、許可をいただいて録音しています。

取材メモを見直して、ざっと原稿の案を考えたあとに、
音声を聞いて、再度取材のシーンを思い浮かべながら、
大切なだと思った部分は、文字に書き起こします。

そのデータをもとに実際の原稿を書くというのが、
私の方法です。

音源を聞きながら書き起こしをすると、
取材した時間以上の時間が必要になるので、
効率が悪いのかなと思うときもあります。

取材を中心に活動されている方は、録音しないで原稿を書いているのかなと。

でも、比較しても仕方がないですね。

取材から短時間で仕上げる必要がある原稿を書いていないので、
一件、一件のお客様の声を聞きながら、じっくりと原稿を書こうと
思っています。

========
パソコンの横にいる「いか?」は、
私の後輩が「白藤さんに似ている」と渡してくれたものです。

私が写っているある写真をみたら、
本当に、こんな顔をしていました。
スポンサーサイト

北海道ネタ 大募集中!!

札幌もやっと初雪が降りました!

雪虫が飛び始めた頃から、いつ雪が降るのかな~と、

「Dopubマガジン」というメルマガに書いてから、1か月くらい後に降りました。

データによると、
「昨年より19日遅く、1916年、1922年と並ぶ観測史上3番目に遅い初雪」
だそうです。

http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011111401000988.html

初雪の札幌

自宅の近くの公園の写真。よく見ないとわかりませんが、地面の白いものが雪ですよー。


■ 北海道発のコンテンツを届けたい! 

北海道発! 電子書籍の本屋さん 「Dopub」
http://dopub.jp/

がオープンして以来、2週間に一度メルマガを執筆しています。

Dopubが取り扱う電子書籍や商品の紹介をしたり、
北海道情報をコラムとしてまとめて発信しています。

この仕事を始めて気づいたことは、
意外に私は、北海道のことも、札幌のことも知らないんだということです。

以来、北海道の歴史、札幌の歴史を扱う本を少しずつ読んだりしています。

不思議なことに、「北海道情報コラムを書かなきゃ」と思って生活していると、

ふとしたときに、テレビや新聞、インターネットでの
北海道のニュースが目につくようになりました。

今までも、当然北海道のニュースは発信されていたかと思いますが、
私の頭には残っていなかったのですね。

よく、なりたい自分をイメージして、
具体的にビジュアル化すると、それに近づいていくと言われています。

北海道の情報に出会いたいと思っているから、
きっと、ニュースに反応するようになったのですね。

北海道の自然、食べ物、経済、文化、

いろいろ情報を募集しています。


とっておきのネタがあったら、ぜひ教えてくださいね~。

ちなみに、Dopubマガジンはこちらのアドレスから登録できます。

https://dopub.jp/mailmagazine/ap/


よろしけれは、登録をお願いします!!

メルマガ書きます



このイラストは、Dopubスタッフブログを書いたときに、
デザイナーに頼み込んで描いてもらいました。

・Dopubスタッフブログ
https://dopub.jp/info/staffblog/

プロの話は興味深い

WEBサクセスの強みのひとつは、

調査や、直接取材をさせていただいて、原稿を執筆できること。

原稿をいただかなくても、ホームページを作ります。

パンフレットを作ります。


これが、営業トークです。

今週は、ある業界の技術者の方を取材させていただき、

事例の紹介記事と、技術者ご本人のインタビュー記事を書いています。

その業界でも、高度な技術を持った方々で、

製品の故障診断と、修理の手順について、お話を伺いました。

プロの方が、どのような推測をして、

どう考えて修理をしていくのか、その過程はとても興味深いです。

この仕事をしていると、本当にいろいろな分野のプロの方と出会い、

お仕事の内容を聞かせていただけるので、物知りになっていきます。

もっとおもしろいのは、プロの方々の人間性にフォーカスしたインタビューをすること。

どうして、その職業についたのか、

どういった経験をされたのか、

何が難しく、何が楽しいのか聞いていくと、

その方の人生を、少しだけ共有できるような気がします。

そして、仕事とは違った、素の表情が見えるのもいいなと思うのです。

「神様じゃないから、納期がなくて難しいケースだと

 めちゃあせります」

と本音を聞かせていただいたり、

書かない前提で、業界裏話などを話していただくこともあります。

私は、プロとしての技術論を聞くのも好きですが、

人間味が感じられる、その方の想いを聞くのも好きです。


=====================

製品マニュアル制作に携わっているせいか、

製品のしくみを勉強することが好きです。

今回は、物理の世界を体験しています。

Ωと言われて、すぐに記号が浮かばない私。。。

物書きモード

ライターモード全開の白藤です

私がほかのライターさんに聞いてみたいことのひとつは、

インタビュー時に録音した音源を、あとですべて聞き直しているかどうか。

私は音源を聞きながら、おもな内容をワードに入力しています。

英語のディクテーションのような感じです。

その原稿を読み直して、ポイントとなる話をピックアップしていき、記事を書いています。

聞き取りには時間がかかるので、効率のよい方法ではないかもしれませんね。

でも、今のところ私には、この方法があっていると思うのです。

ここで悩みがひとつ。

話し言葉に引きずられて、文章が全体的に口語になりがち (~_~;)

文章が軽くなってしまうのです。

文章を書き終わったときは、「書けた~」と

ほっとしているので、口語文章を見逃してしまいがち。。。

そのあと、一息ついてから冷静な頭で考えて、

書き言葉に直しています。

たとえば、

ちょくちょく

  ↓

折にふれ

とか。

切羽詰まっているときは、社内校正にも同時に出すので、

原稿が真っ赤になって戻ってきたりもします orz

メインの仕事がマニュアル書きの時代から、

赤が入ることで、どんどん原稿の品質がよくなると思っていますが、

自分に嫌気が差すこともあります。

でも、この仕事が終わった頃には、新しいノウハウが身に付くんだよと

自分にしっかり言い聞かせ、せっせと原稿を直します。

未来を想像してわくわくしながら、

仕事をするほうが、数倍楽しいですから。

今日は一回目の締め切りをぎりぎりクリアできました。

金曜日の締め切りに向けて、ダッシュ~~

入稿準備中

今日は朝から、入稿準備です。

昨年11月からのお仕事も、今月いっぱいで終了です。

入稿とは、本文の原稿と写真データを印刷所に渡す作業。

お客様からの校正が反映されているかもう一度確認。
画像データの配置や、注意して欲しいことなど、
組版(誌面のレイアウト)の指示を書き込みます。

紙媒体から転写するときは、仮データをあたりで入れておき、
実物もあわせて渡します。

QuarkXpressなど、レイアウトソフトを使用するようになってから、
マニュアルでは完全デジタル入稿ですので、
転写物の指示など赤で書き込むのは久しぶりです。

データを入稿し、レイアウトされた原稿で最終確認が終わったら、
この仕事は私の手を離れます。

あともう少しです、、、

====
プロジェクトでご一緒させていただいている方が、

りんごを送ってくださいました。

プロジェクト実行委員会の方々のメーリングリストに

「赤い丸いものを送りました」と書かれていました。

私は、このプロジェクトから依頼されたライターですので、

本来は、メンバーではないのです。

でも、同報欄に私の名前がありまして 

かんきつ類に加え、りんごも大好きな私は、

りんごが届くのを心待ちにしながら、原稿を書いていたのでした。

青森産ふじりんご

「こんな季節に? と思うかもしれませんが、おいしいですよ。」

というメッセージでした。

ひとつは朝食のあとに食べました!!

さくさくっとしておいしかったのですよ。

もう一個で、りんごパンケーキを作ろうかなぁと考え中です。


誘惑に負けたら、
夜中に丸ごとかじってしまうかも、、、

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。